So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

■大気汚染が妊婦の胎盤早期剥離に関連 九州大学などが解明 [健康ダイジェスト]




   
 大気汚染物質の一つ、二酸化窒素(NO2)濃度が大幅に上昇すると、出産前に妊婦の胎盤が子宮からはがれてしまう「常位胎盤早期剥離(はくり)」のリスクが高まるとの疫学調査結果を、九州大学と国立環境研究所(茨城県つくば市)の研究チームが9日、発表しました。国際環境疫学会誌の電子板に掲載されました。
 早期剥離は、妊婦の0・6%程度に起こるとされます。母子ともに深刻な影響が懸念され、命の危険もあります。
 研究チームは、日本産科婦人科学会が匿名で収集している約5万人の妊婦や胎児のデータを利用。2005~2010年に九州・沖縄地方の28病院で出産した妊婦のうち、早期剥離と診断された821人を対象に、病院に最も近い一般環境大気測定局での大気汚染物質濃度との関連を調べました。
 大気汚染物質と心筋梗塞(こうそく)との関連を調べた海外の研究などを踏まえ、汚染物質によって胎盤に影響が出るまでの時間を約1日、発症から出産まで約1日と仮定。出産2日前の日の平均濃度との関係を分析したところ、早期剥離のリスクは、NO2が10ppb(ppbは10億分の1)上昇するごとに1・4倍になるとの結果になりました。
 10ppbの上昇は、住宅地などに設置された全国の一般環境大気測定局の年平均値がほぼ2倍に上昇する状況に相当します。ほかの大気汚染物質である浮遊粒子状物質(SPM)、光化学オキシダント(Ox)、二酸化硫黄(SO2)では、早期剥離と明確な関連はみられませんでした。
 実際に妊婦がいた場所と一般環境大気測定局の濃度に差があるなど、分析の精度には限界もあるといいます。
 国立環境研究所の道川武紘主任研究員は、「微小粒子状物質PM2・5との関係なども含めて分析を進め、早期剥離の発症メカニズムや予防策を明らかにしたい」としています。

 2016年12月10日(土)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■指針守らず新型出生前診断を実施した3医師を懲戒処分 日本産科婦人科学会 [健康ダイジェスト]




   
 妊婦から採取した血液でダウン症、エドワーズ症候群、パトー症候群の3種類の染色体異常を調べる新型出生前診断を、学会の指針に反して認可外の施設で実施したとして、日本産科婦人科学会(日産婦)は10日、会員医師計3人を懲戒処分としました。
 東京都の2人と大阪府の1人で、氏名や施設名は公表しませんでした。
 日本産科婦人科学会によると、今後は指針に従うとの始末書を提出した2人を最も軽い厳重注意とし、始末書を出さず指針に従う意思が確認できなかった1人を一段階重い譴責(けんせき)にしました。譴責にした医師には年末までに指針に従うという誓約書の提出を求め、提出がない場合はさらに処分を検討するといいます。
 新型出生前診断はダウン症などの有無を事前に知ることで中絶が広がれば、命の選別につながりかねないとの指摘もあり、2013年4月、適切な遺伝カウンセリング体制を整備するなどの目的で臨床研究として始まりました。対象となるのは、ほかの検査で染色体異常が疑われるケースや出産時の年齢が35歳以上の妊婦です。
 当初は日本産科婦人科学会の指針に基づき、日本医学会が認定した昭和大、阪大など15施設で実施され、現在は75施設が登録されています。
 処分を受けた3人が所属する3施設は、いずれも認定を受けていませんでした。

 2016年12月11日(日)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■卵アレルギー、生後6カ月から粉末を食べて予防 発症を80%抑制 [健康ダイジェスト]




   
 アトピー性皮膚炎の乳児は卵アレルギーになるリスクが高いことが知られていますが、生後6カ月の段階からゆで卵をごく少量ずつ食べさせると、1歳になった時には卵アレルギーの発症を80%抑えられたとする研究成果を、国立成育医療研究センターなどの研究チームが発表しました。
 この研究を行ったのは、国立成育医療研究センターの大矢幸弘医長らの研究チームです。
 研究チームでは、生後4カ月までにアトピー性皮膚炎になった乳児121人を2つのグループに分け、離乳食を始めるころの生後6カ月の段階で一方のグループの乳児には硬くゆでた卵の粉末50ミリグラムを、もう一方のグループの乳児にはカボチャの粉末を毎日食べてもらいました。
 さらに、生後9カ月からは卵の粉末の量を250ミリグラムに増やし、1歳になった時点でゆで卵半分に相当する7000ミリグラムの卵の粉末を食べてもらいました。
 その結果、卵の粉末をずっと食べていた乳児60人のうち、卵アレルギーを発症したのは5人だけでしたが、カボチャの粉末を食べた61人では23人が発症したということです。
 研究チームでは、ごく少量の卵を食べることでアレルギーの発症を80%抑えることができたとしており、アレルギーの原因となり得る食品でも、早期からの摂取で発症予防につながる可能性を示したとしています。
 研究チームによりますと、国内ではアレルギーを懸念して幼いうちに卵を食べさせない傾向が強く、3歳児全体の6%近くが医師の指示で摂取を制限しているということです。
 大矢医長は、「生後6カ月ごろから少量ずつ食べ始めたほうがよい結果になることが証明できた。今後はできる限り早期から治療することで、子供のアレルギーを減らしていけるようにしたい」と話した上で、「卵の加熱が不十分だと危ないため、家庭で実施するのは危険。必ず専門医に相談してほしい」と指摘しています。
 研究成果は9日、イギリスの医学誌ランセットに掲載されました。

 2016年12月10日(土)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者、早めに急増 1週間で約4万人 [健康ダイジェスト]




   
 ノロウイルスなどを原因とする感染性胃腸炎の患者が、例年より早めに11月中旬から急増しています。近年では、最も流行した2012年とほぼ同じペースといいます。
 抵抗力の弱い子供や高齢者は重症化して死に至る恐れもあり、厚生労働省が警戒を呼び掛けています。
 国立感染症研究所によると、ノロウイルスは感染力が強く、1~2日間の潜伏期間を経て嘔吐(おうと)や下痢、発熱などの症状が出ます。手洗いや嘔吐物の適切な処理などを徹底する必要があります。
 全国約3000の小児科から報告された患者数は、集計を終えた11月21~27日の1週間で約4万人、医療機関1カ所当たり12・85人で、2006年以降の同時期と比べると、2006年(19・82人)、2012年(13・02 人)に次いで多くなっています。関西では、奈良県、兵庫県、大阪府が全国平均を上回りました。
 10月に流行入りして以降、大阪府豊中市では、こども園など2カ所でそれぞれ100人以上が感染。市によると、市保健所ができた2012年度以降では最大規模の集団感染といいます。
 市保健所は今月2日、市内の保育園や幼稚園の担当者を集めて研修会を開き、嘔吐物を処理する場合は、 飛沫(ひまつ)になって飛び散っている可能性があるため、半径2メートルの範囲を次亜塩素酸ナトリウムを含む漂白剤で消毒するよう呼び掛けました。また、ぞうきんなどはなるべく使い捨てにすることや、園児や職員らに手洗いを徹底させることも求めました。
 大阪府藤井寺市の「藤井寺特別養護老人ホーム」では、職員がドアノブや自動販売機のボタン、手すりなどを2時間おきに消毒。トイレ使用後は必ず、手袋をした職員が便座をふき取りする徹底ぶり。奥田益弘理事長は「年中続けて習慣化させることが大事。今年も感染ゼロで乗り切りたい」と気を引き締めています。
 園田学園女子大の山本恭子教授(感染免疫学)は、「予防策として有効なのは手洗いの徹底。タオルを共用せず、ペーパータオルを使うことも効果的だ。感染した場合は、嘔吐や下痢で脱水症状を起こす危険もあり、速やかに医療機関で受診してほしい」と話しています。
 消費者庁が昨年、流行に備えて行ったインターネット調査によると、「食事の前に手を洗う」と答えた人は約53%にとどまり、「トイレの後に手を洗わないことがある」も約15%いました。「嘔吐物を処理した後に洗う」は42%、「おむつ替えやトイレ介助の後で洗う」も33%で低調でした。
 見た目で汚れていなくても、手に付着したウイルスが口から体内に入り、病気に感染する可能性があります。消費者庁は、必ずせっけんでよく手を洗うよう注意を促しています。

 2016年12月9日(金)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の4件 | -