So-net無料ブログ作成

■がん患者、10 年後の相対生存率58パーセント 3万5000人を調査 [健康ダイジェスト]





 国立がん研究センターの研究班は、全国3万5000人の患者のデータを基に、がん患者全体の10年生存率は58・2パーセントだったとする調査結果を公表しました。
 国立がん研究センターの研究班は、2002までの4年間にがんと診断された全国の患者3万5000人(5〜94歳)のデータを基に、28種類のがんについて、診断から10年後の相対生存率をまとめました。
 その結果、がん患者全体の10年後の相対生存率は、58・2パーセントでした。5年後の相対生存率と比べ、5ポイント近く低下していました。
 また、部位別にみますと、胃がんでは69パーセント、大腸がんでは69・8パーセントで、それぞれ5年後の相対生存率と比べ、胃がんは1・9ポイント低下、大腸がんは2・3ポイント低下していました。
 一方、肝臓がんの10年後の相対生存率は15・3パーセント、乳がんは80・4パーセント、肺がんは33・2パーセントで、それぞれ5年後の相対生存率と比べ、肝臓がんは16・9ポイント低下、乳がんは8・3ポイント低下、肺がんは6・3ポイント低下していました。
 がんの相対生存率は、これまで診断から5年後のものが発表されていますが、国内で大規模な患者のデータを基に10年後の相対生存率が公表されたのは初めてだということです。
 集計を行った群馬県衛生環境研究所の猿木信裕所長は、「がんの種類によっては、治療後のフォローが5年でよいものと、ずっとみていかなければいけないものがあることが、データとしてみえるようになったのは大きいと思う」と話しています。
 データを見ることができる、全国がん(成人病)センター協議会のアドレスは、http://www.zengankyo.ncc.go.jp/

 2016年1月21日(木)
nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 16

コメント 1

economori

色んな病気に成ります
病気の事教えてください
by economori (2016-01-30 07:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0