So-net無料ブログ作成
検索選択

■2万円程度で乳がんを起こす遺伝子異常の検査可能に 遺伝学研究所が新手法開発 [健康ダイジェスト]




   
 乳がんや卵巣がんを発症する可能性が高まるとされる遺伝子の異常を低コストで調べることができる新たな検査法を、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の井ノ上逸朗教授(人類遺伝学)らが開発し、国内の特許を出願したことが11日、明らかになりました。
 新たな手法は、一度に多人数を調べるため1人当たりのコストを下げることができ、現在1人当たり約20万~30万円の検査費用を2万円程度にまで抑えられます。
 井ノ上教授は、「費用が安ければ多くの人が検査を受けられる」と話しており、2年をめどに実用化し、保険適用も目指します。
 ただし、遺伝子に異常が見付かっても、発症のリスクは人によって異なるため、専門家による丁寧な検査結果の説明が必要となります。
 検査で調べるのは、BRCA1、BRCA2という遺伝子。本来はがんを抑制する働きをしますが、異常があると十分に機能せず、遺伝性乳がん・卵巣がん(HBOC)を発症するリスクが高まるとされます。
 2つの遺伝子の異常を調べる検査は現在、アメリカの検査会社が医療機関を通じて提供していますが、1人当たり約20万~30万円と費用が高額で、検査を受ける女性は限られていました。
 新たな手法は、検査を受ける人の血液からDNAを採取し、特殊な処理で一人一人のDNAに目印を付けます。96人分を1つの容器にまとめ、遺伝子の塩基配列を高速で調べることができる次世代シークエンサーという装置を使うクリニカルシーケンス検査で、同時に解析。目印をもとに、一人一人の異常を調べる仕組み。

 2017年2月11日(土)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0