So-net無料ブログ作成
検索選択

■iPS細胞、難病の8割をカバー 京大がパーキンソン病など231種類を作製 [健康ダイジェスト]




    
 京都大学iPS細胞研究所は、国が指定する306種類の難病の約8割に当たる231種類の難病について、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製したことを明らかにしました。
 それぞれの難病の遺伝情報を持つ患者の血液などを用いて、2012年度から約5年かけて作製しました。研究機関に提供し、難病の原因解明や薬の開発に役立ててもらいます。
 作製したのは、パーキンソン病やALS(筋委縮性側索硬化症)、腸に潰瘍(かいよう)や炎症が起きるクローン病などのiPS細胞。
 患者が少ない難病は、薬の利益が見込めず、製薬企業が新薬開発を行いにくいのが実情です。難病患者のiPS細胞を使えば、試験管内で病気を再現でき、薬の候補物質を試す研究が進むと期待されます。
 難病のiPS細胞は、理化学研究所バイオリソースセンター(茨城県つくば市)の細胞バンクに保存し、大学や製薬企業に順次提供します。欧米でも同様の取り組みはありますが、保存する難病の細胞の種類としては最多といいます。
 京大iPS細胞研究所の大沢光次郎・特定助教(幹細胞生物学)は、「多くの難病のiPS細胞を作製できたが、活用されなければ意味がない。原因解明などの研究に積極的に使ってほしい」と話しています。
 仙台市で開催された日本再生医療学会で8日、発表しました。

 2017年3月12日(日)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。