So-net無料ブログ作成
検索選択

■子供の花粉症、3割を超える高水準 口腔アレルギー症候群の併発も [健康ダイジェスト]




    
 ロート製薬(大阪市)は、2935人の子供について花粉症の有無を親に聞いたところ、「花粉症だと思う」との回答が31・5%に上ったという調査結果をまとめました。
 特定の果物や野菜を食べた時に出ることがある口腔アレルギー症候群も併発しやすいとして、対策を呼び掛けています。
 調査は2016年11月にインターネットで実施し、0~16歳の子供2935人の実態について親1872人から回答を得ました。前回調査に続いて、3割を超える高水準でした。
 また、花粉症の症状が出る季節について聞いたところ、春が85・8%、秋が39・0%、冬が12・9%、夏が10・7%との回答が得られました。
 花粉症との関連性が指摘されている口腔アレルギー症候群の症状である「果物を食べて口や唇、喉にかゆみやピリピリ感・イガイガ感を感じたことがある」と答えたのは、子供全体でみると13・5%でしたが、花粉症の実感があるという子供に限ると20・6%に達しました。
 花粉症の実感があるという子供が口腔アレルギー症候群の症状が出た時に食べていたのは、「リンゴ・桃・キウイ」が50・0%、「メロン・スイカ」が38・9%、「その他の果物」が35・8%という結果となりました。
 花粉症に口腔アレルギー症候群を併発しやすいのは、リンゴ・桃・キウイの中に、ハンノキやシラカバなどによる花粉症の原因物質(アレルゲン)と似た物質が含まれ、メロン・スイカの中に、カモガヤやブタクサなどによる花粉症の原因物質と似た物質が含まれているためだといいます。
 ロート製薬は、「子供の症状は気付きにくいので見逃さないことが大事だ」と説明し、「屋外ではマスクを着用させるなど、親による対策が重要だ」としています。

 2017年3月18日(土)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0