So-net無料ブログ作成
検索選択

■たばこ1日30本以上の男性、急性骨髄性白血病リスク2・2倍 大規模調査で判明 [健康ダイジェスト]




    
 たばこを1日30本以上吸う男性は、吸わない男性に比べ急性骨髄性白血病になるリスクが2・2倍になるとの研究結果を愛知県がんセンター研究所と国立がん研究センターの研究チームがまとめ、専門誌に発表しました。
 急性骨髄性白血病は年間、10万人に約2人が発症し、高齢者になるにつれて増えるとされます。愛知県がんセンター研究所の松尾恵太郎・遺伝子医療研究部長によると、海外では喫煙が急性骨髄性白血病のリスクを上昇させるとの報告が国際がん研究機関(IARC)よりありましたが、国内では関連がはっきりしていませんでした。
 研究チームは、岩手県や秋田県、新潟県、長野県、茨城県、大阪府、高知県、長崎県、沖縄県の9府県に住む40~69歳の男女約9万7000人の生活習慣や健康状態を、1990年代から2012年まで平均約18年間にわたって追跡調査。
 90人(男性55人、女性35人)が急性骨髄性白血病、19人が急性リンパ性白血病、28人が慢性骨髄性白血病を発症していました。
 年齢や性別などによる偏りが出ないよう調整して喫煙との関連を調べると、1日30本以上たばこを吸う男性が急性骨髄性白血病になるリスクが、吸わない人に比べ2・2倍高くなっていました。1日30本未満の男性では、明らかな差はみられませんでした。
 急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病や女性は、喫煙者や患者が少ないなどのため、喫煙の影響ははっきりしなかったといいます。
 急性骨髄性白血病は、ほかのがんに比べると頻度は低いものの、発症すると治療が難しい病気の一つです。たばこに含まれるベンゼンや放射性物質による発がんを背景に、喫煙が急性骨髄性白血病のリスクを上昇させることが国際がん研究機関の研究で示されていましたが、今回の研究結果から、これまでの国際的評価は日本人においても当てはまることが明らかになりました。
 松尾さんは、「多くのがん、循環器や呼吸器の病気と同様に、急性骨髄性白血病の発症を防ぐためにも禁煙を広めることが重要だとわかった」と話しています。

 2017年4月16日(日)
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0