So-net無料ブログ作成

■「茶のしずく石鹸」発症者2100人、4割超で呼吸困難 日本アレルギー学会が最終報告 [健康ダイジェスト]




 せっけん製造販売会社「悠香」(福岡県大野城市)が2004~2010年に販売した「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品を使って小麦アレルギー症状が相次いだ問題で、日本アレルギー学会は17日、症状が確認されたのは約2100人で、4割超で呼吸困難が起きるなど重い症状が多かったとする最終調査結果を発表しました。
 日本アレルギー学会の特別委員会(委員長、松永佳世子・藤田保健衛生大教授)は、2012~2014年に各地の医療機関を通じて調査。患者のうち約900人について詳しく分析したところ、43%は呼吸困難があり、25%でアナフィラキシーショックが起きていました。
 患者の多くは完治しましたが、治療を続けている患者は3割程度いるとみています。
 日本アレルギー学会は、茶のしずく石鹸の旧製品に含まれていた小麦由来の成分「グルパール19S」がアレルギーの原因としています。
 発症者はもともと小麦アレルギーの体質ではありませんでしたが、グルパール19Sが皮膚を通して体内に入り、小麦由来成分に反応する抗体ができました。旧製品を使っただけでは発症しにくいものの、パンやパスタなど小麦を原料とする食品を食べることなどで反応が促され、発症したと考えられるといいます。
 グルパール19Sは小麦のタンパク質を薬剤などで分解した成分で、保湿作用があり、毛髪のトリートメントなどに使われました。厚生労働省によると、茶のしずく石鹸など同成分を含む35製品が自主回収されており、現在は製造されていません。
 松永・藤田保健衛生大教授は、「症状が続いている人もおり、治療法の開発が必要だ」と話しています。

 2017年6月17日(土)
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0