So-net無料ブログ作成

■重症低血糖で救急搬送、年2万件に上る可能性 日本糖尿病学会が実態調査 [健康ダイジェスト]





 薬で治療中に血糖値が下がりすぎる糖尿病患者の「重症低血糖」で、年間の救急搬送数が約2万件に上る可能性があることが、日本糖尿病学会による初の実態調査で明らかになりました。
 日本糖尿病学会は、高齢などで低血糖を起こしやすい患者の重症化予防に力を入れるといいます。
 重症低血糖は、集中力の低下や、けいれん、意識消失などを引き起こします。認知症や心臓病、脳梗塞(こうそく)の発症リスクを高め、命にかかわる危険な状態。高齢者は、冷や汗や手指の震え、動悸(どうき)などの軽~中等度の低血糖症状が出にくく、本人も気付かないまま重症化することがあります。
 日本糖尿病学会は2015年7月、糖尿病の診療体制が充実した631施設にアンケートを送付。救急部がある149施設の回答を分析したところ、2014年4月から2015年3月までの1年間の救急搬送数は、1施設当たり4962件で、このうち重症低血糖は0・34%に当たる17件でした。これを全国の救急搬送件数に当てはめるなどして、国内全体で年間約2万件と推計しました。
 調査結果をまとめた兵庫医科大学病院の難波光義院長は、「重症低血糖の原因として、インスリンを注射で補充するタイミングや使用量の誤り、薬の飲み間違いなどが多い。高齢などで発症リスクが高い患者には、服薬指導に加え、生活面も含めた指導を行う必要がある」と話しています。

 2017年8月10日(木)
nice!(13)  コメント(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。