So-net無料ブログ作成
検索選択

■日中韓、感染症対策などで連携強化へ 京都で保健大臣会合 [健康ダイジェスト]





 日本・中国・韓国の3カ国の保健大臣会合が京都市で開かれ、中東呼吸器症候群(MERS)やエボラ出血熱などの感染症に関する情報共有をさらに強化することや、ウイルスなどに薬剤が効かなくなる「薬剤耐性」への対応を話し合うアジア太平洋地域の閣僚レベルの会合を、来年開くことを確認しました。
 会合は2007年に始まり、今回で8回目。日本での開催は2回目となります。京都市の京都迎賓館で開かれた日中韓3カ国の保健大臣会合には、塩崎厚生労働大臣と、中国の李斌国家衛生計画出産委員会主任、韓国のチョン・ジンヨプ保健福祉省長官が出席し、共同声明を採択しました。
 それによりますと、韓国で今年「MERSコロナウイルス」の感染が広がったことについて、「3カ国が協力して流行の拡大に対処し、患者に関する情報が円滑に伝達された」とした上で、今後の感染症対策では「コミュニケーションと情報共有をさらに強化し、より緊密な協力が必要なことを再確認した」としています。
 また会合では、ウイルスなどに薬剤が効かなくなる「薬剤耐性」が国際的な脅威になってきているとして、来年4月にアジア太平洋地域の閣僚レベルの会合を開き、対応を協議することを確認しました。
 この後、塩崎大臣は記者団に対し、「薬剤耐性の問題は今後さらに深刻化するとみられ、政府を挙げて取り組まなければならない。日中韓ともに、重要性を深く認識している」と述べました。

 2015年11月30日(月)
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 家族性アミロイド・ポリニュ-ロパチー [用語(か)]





[蟹座]成人期になってから、感覚障害や自律神経障害、筋力低下が現れる先天性神経変性疾患
 家族性アミロイド・ポリニュ-ロパチーとは、手足のしびれや、その他の感覚障害、筋力低下など、多くの神経症状がある疾患。遺伝性ニューロパチーの一種です。
 世界的に注目されている神経難病の一つで、日本でも難病として治療費は公費負担になっています。病型は4つに分類されていますが、日本では1型が圧倒的に多く、この型はポルトガル人、日本人、スウェーデン人に多くみられるタイプです。
 主に、肝臓で作られるアミロイドが神経や臓器に沈着するために、引き起こされるとされています。アミロイドは特殊な線維たんぱくからなるガラス様物質であり、このアミロイドが作られるのは、同じく肝臓で合成されるトランスサイレチン(プレアルブミン)という物質の遺伝子に点変異(DNAの1塩基の欠失、置換、挿入のこと)があるのが主因とされています。
 発症様式や、アミロイドが神経や臓器に沈着する仕組みは、まだ不明です。両親のどちらかが素因を持つ常染色体優性遺伝形式をとります。
 主に30歳代で発症しますが、年齢には個人差があり、発症するまでは健康な人と何ら変わりません。遺伝子を持っていても、生涯に渡って発症しない人もいます。
 家族性アミロイド・ポリニュ-ロパチーの1型を発症すると、下肢末端にアリが刺すようなチクリとした痛みを感じるようになり、次第に温痛覚が強く侵されます。深部感覚の振動覚、位置覚は侵されません。
 時には、先行して胃腸症状が現れて便秘と下痢が交互に出現したり、男性は勃起不全(インポテンツ)が起こり、次第に激しい自律神経障害が現れて、起立性低血圧、大小便失禁などが出現してきます。
 特に筋肉の委縮が広範に現れて筋力が低下し、運動障害のために歩行困難と四肢末端の皮膚栄養障害、難治性潰瘍(かいよう)を伴い、約10年前後で重症感染症、心不全、尿毒症などで死亡するのが一般的です。
 近年の疫学調査では、高齢者が発症する家族性アミロイド・ポリニュ-ロパチーの存在が注目され、心不全、運動障害が前面に出て、自律神経障害が軽度であることが指摘されています。
[蟹座]家族性アミロイド・ポリニュ-ロパチ-の検査と診断と治療
 内科、神経内科の医師による診断では、感覚障害、自律神経障害、筋力低下などの症状や、家族歴から疾患が示唆されますが、質量分析装置を用いた血清診断を行い、微量の血清から短時間でトランスサイレチン(プレアルブミン)の異常を検出することで、確定できます。
 また、遺伝子診断でトランスサイレチンの遺伝子における点変異の存在を検出することでも、確定できます。症状を自覚した状態での確定診断のため遺伝子診断もありますが、全く症状がない状態での発症前遺伝子診断もあり、将来、発症する可能性があるかどうかわかります。
 家族性アミロイドポリニュ-ロパチ-を治したり、症状の悪化を防ぐような根本的な治療法はありませんが、早期であれば、平成5年より、肝臓で生成される異型のトランスサイレチンを止めるために肝臓移植が行われ、効果を上げ始めています。肝臓移植には、脳死した人から肝臓の提供を受ける脳死肝臓移殖と、家族などから肝臓の一部を受ける部分生体肝臓移植があります。
 家族性アミロイドポリニュ-ロパチ-の症状にある低血圧や下痢、不整脈などには、薬で症状を軽減させることができます。心臓ペースメーカーを埋め込んで、不整脈を抑えることもあります。緑内障など目にも異常が起こることがありますので、定期的に眼科で検査することが必要になります。





nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■子宮頸がんワクチン接種と症状の因果関係を調査へ 厚生労働省 [健康ダイジェスト]





 子宮頸がんワクチンを接種した後、原因不明の体の痛みなどを訴える患者が相次いだ問題で、厚生労働省は全国の医療機関を通じて同様の症状が出ている患者の調査を行い、ワクチンの接種と症状の因果関係を調べることになりました。
 子宮頸がんワクチンを巡っては、女子中学生や高校生を中心に接種の後に原因不明の体の痛みなどを訴える患者が相次いだため、厚生労働省は一昨年6月、積極的な接種の呼び掛けを中止しています。
 27日に開かれた厚労省の専門家会議では、接種と症状の因果関係を調べるため、小児科や神経内科などがあるベッド数200以上の全国の医療機関などを対象に、大規模な調査を行うことを決めました。
 この調査は、今年7月以降の半年間に体の痛みや歩行が難しいなどの運動障害、それに記憶力の低下といった症状が3カ月以上続いている12歳から18歳までの患者を対象に行われ、ワクチンを接種した場合と接種していない場合で、症状の発生率に違いが出るのか確認するとしています。
 以前から、ワクチンを接種した後に報告されている症状は、ワクチンとは無関係な思春期特有のものではないかとの指摘があり、ワクチンの接種をしていなくても体の痛みなどの症状がある患者がどのくらいいるかも把握します。
 厚労省は、調査の結果を踏まえて、子宮頸がんワクチンの接種について積極的な呼び掛けを再開するかどうか判断することにしています。

 2015年11月29日(日)
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 膿精液症 [用語(の)]





[満月]精液の中に多数の白血球が混ざっている状態で、精液が黄色く変色
 膿(のう)精液症とは、精液1mlの中に、血液の細胞成分である白血球が10万個以上混ざっている状態。膿精子症、精子膿症とも呼ばれます。
 男性の精液は、約9割を占める液体成分の精漿(せいしょう)と、細胞成分である精子によって構成されています。通常、赤血球や白血球などの血液の細胞成分は、精液の中に混入しないように作られています。
 何らかの原因によって精液の中に白血球が混ざると、黄色い膿(うみ)が発生し、精液が黄色く変色します。また、精子の運動率が著しく低下し、日常生活におけるパートナーの妊娠率が低下します。
 精子無力症を合併しているケースでは、男性不妊症につながることもあります。さらに、白血球から分泌される炎症物質によって、精子頭部に含有されているDNAがダメージを受け、妊娠しても流産の原因になることもあります。
 精子膿症になる原因は、クラミジアという微生物や、大腸菌、結核菌などの細菌への感染による精嚢腺(せいのうせん)、前立腺(ぜんりつせん)、尿道、精路などの炎症が一般的で、体内に進入した異物を取り込んで、消化分解し、体を防衛している白血球が増加するために、精液の中に混ざることになります。
 性交渉でクラミジアに感染した場合は、膿精液症を起こすとともに、初期の段階で排尿痛、残尿感、違和感を感じることがあり、さらに進行すると、精巣(睾丸〔こうがん〕)がはれたり、熱が出たりします。
 細菌への感染による炎症は自然治癒することもありますが、精路全体が炎症を起こしている場合などは完治までに非常に長い時間がかかります。
 精液が黄色く変色したまま放置していると、精子の運動能力が悪化していき、精子無力症を合併することもありますので、泌尿器科を受診することが勧められます。クラミジアに感染した場合は、パートナーも感染している可能性もあるため、一緒に受診することが勧められます。
[満月]膿精液症の検査と診断と治療
 泌尿器科の医師による診断では、精液検査を行い、射出精液内に混入している白血球の程度を調べます。
 泌尿器科の医師による治療では、抗生物質を1~2週間処方して、膿精液症の原因となる感染症による炎症を抑え、精液検査で精液の所見が改善したかどうかを確認します。尿道、精路などに洗浄液を通して洗浄することもあります。
 ほかに不妊原因がない場合は、精液に混ざっている白血球の数値が正常値に戻れば、パートナーの自然妊娠も可能となります。
 精液を検査して白血球の混入が著しい場合、精液を洗浄して人工授精や体外受精をする方法も行われますが、精子の運動能力が著しく悪化していて、胚盤胞(はいばんほう)と呼ばれる着床前の状態への到達率も低いので、受精率は非常に低くなります。




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康