So-net無料ブログ作成
検索選択

■受動喫煙で年間1万5000人死亡 厚労省研究班が推計 [健康ダイジェスト]





 自分の意思とは関係なく、たばこの煙を吸い込んでしまう受動喫煙が原因で死亡する人が、国内では年間約1万5000人に上るという推計結果を厚生労働省の研究班がまとめ、世界禁煙デーの31日に発表しました。
 受動喫煙と病気の因果関係がわかっている4つの病気で、非喫煙者と比べたリスクや、職場や家庭での受動喫煙割合の調査などから年間死亡数を推計しました。
 2010年の推計では年間約6800人で、その後に脳卒中との因果関係が明らかになったことから、脳卒中による死亡の8014人が上積みされ、2倍以上になりました。
 病気別では、脳卒中8014人のほか、心筋梗塞(こうそく)などの虚血性心疾患4459人、肺がん2484人、乳幼児突然死症候群73人。
 乳幼児を除く男女別では、男性が4523人、女性が1万434人。女性が2倍以上となる理由について、担当した国立がん研究センターの片野田耕太・がん登録統計室長は、「家庭内での受動喫煙率が女性が圧倒的に高いため」と説明しています。
 世界保健機関(WHO)によると、2014年時点でイギリス、カナダ、ブラジル、ロシアなど49カ国が法律で、公共の場所を屋内全面禁煙にしています。
 片野田さんは、「受動喫煙を減らすために国レベルで法規制するのが国際的な流れ。死亡数を下げるために、日本も最低限、職場や公共施設の屋内を禁煙にするべきだ」と話しています。

 2016年5月31日(火)
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■ジカ熱、感染疑いが12万人に達する ブラジル、今年1月から4月で [健康ダイジェスト]





 ブラジル保健省によると、今年1~4月下旬までにジカ熱(ジカウイルス感染症)に感染した疑いがある人が約12万人に達しました。人口10万人当たりでは、58・8人の計算。
 妊婦が感染すると「小頭症」の新生児が生まれる恐れがあることに加え、目の病気との関連を指摘する研究結果を、ブラジルなどの研究チームがアメリカの眼科専門誌電子版で発表しました。
 ブラジルやアメリカのスタンフォード大の眼科医らは、ブラジル北部で昨年11~12月に生まれた小頭症の男児3人を調べました。いずれも網膜に出血があったり、異常な血管ができたりしていることを確認したといいます。全員、母親が妊娠初期にジカ熱に感染したとみられています。
 研究チームは、目の異常をジカウイルス自体が引き起こすものか、小頭症に付随するものかは未解明としつつ、「ジカ熱の流行地で生まれた小頭症の赤ちゃんには、網膜の検査もするべきだ」と求めています。
 ブラジル国内で感染者が最も多いのは、北東部バイーア州で約3万4000人。8月に五輪があるリオデジャネイロ州は、2番目に多い約3万2000人となっています。
 ブラジル保健省によると、昨年10月以降に小頭症と確認されたのは1434人。加えて、3257人が小頭症の疑いがあるとして検査されています。
 一方、世界保健機関(WHO)は5月28日までに、今夏のリオデジャネイロ五輪の開催について「現時点での評価では、中止したり開催地を変更したりしても、ジカ熱の国際的な流行にはほとんど変化を与えない」との声明を発表。事実上、五輪開催を容認する姿勢を示しました。

 2016年5月31日(火)
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 晩発閉経 [用語(は行)]





[バー]一般的な停止年齢より遅れて、55歳以降になって閉経する状態
 晩発(ばんぱつ)閉経とは、女性が55歳以降になって閉経する状態。遅発(ちぱつ)閉経とも呼ばれます。
 閉経の年齢は個人によって異なりますが、一般的には45~56歳くらい、平均では2012年度で52・2歳、遅い人でも60歳前には閉経に至るといわれています。かつては平均閉経年齢は50歳といわれていましたが、平均寿命や健康寿命が延びているように、平均閉経年齢も延長しています。
 そもそも閉経とは、女性が性成熟期の終わりに達し、更年期になって卵巣の活動性が次第に消失し、卵巣における卵胞の消失によって月経が永久に停止することをいい、その時期を閉経期といいます。
 女性によっては、一度月経が停止したのに半年後に再開するケースもあるため、無月経になってから1年以上経過したことを目安に閉経と見なされます。
 晩発閉経で、55歳以降になって月経が続いているということは、ほかの女性よりも長く女性ホルモンを分泌できる恩恵を受けられるということで、骨粗鬆(こつそしょう)症などになる可能性は低く、一見QOL(生活の質)はよいように思われます。
 一方、生殖機能にかかわる女性ホルモンには、乳がんの増殖を促す作用があり、分泌期間が長いと発症しやすくなります。子宮体がんや卵巣がんを発症するリスクも、高まるといわれています。
 月経の経血量が多いタイプの女性が、閉経が遅い傾向にあります。特に、子宮の筋肉にできる良性腫瘍(しゅよう)である子宮筋腫(きんしゅ)が原因で経血量が多い女性は、卵巣から出る女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が多い傾向があり、閉経時期が50歳代半ば以降になることもあります。
 子宮筋腫があると、それまで月経トラブルがなかった女性でも、更年期に経血量が増えたり、突然大量出血することもあります。
 子宮筋腫などで貧血を伴う場合は、婦人科、産婦人科を受診することが勧められます。単なる晩発閉経の場合は、特に治療の必要はないものの、乳がん、子宮体がん、卵巣がんの危険因子として挙げられているので、少なくとも年1回程度の定期検診は欠かさず受けることが勧められます。
[バー]晩発閉経の検査と診断と治療
 婦人科、産婦人科の医師による診断では、子宮筋腫が疑われる場合、触診に続いて、超音波(エコー)検査、MRI(磁気共鳴画像撮影)検査を行って、子宮内部の様子を外から観察し、確定します。
 婦人科、産婦人科の医師による治療では、単なる晩発閉経の場合、経過を観察します。
 子宮筋腫によって貧血がある場合、薬物療法と摘出手術という2つの方法がありますが、根本的な治療は手術になります。
 薬物療法は、ホルモン剤によって、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を一時的に停止させる方法です。Gn-RH製剤と呼ばれる薬が使われ、月1回注射を打つ方法、1日に2~3回、鼻に噴霧する方法などがあります。これによって、子宮筋腫の重さを半分から3分の2くらいまで縮小させることができます。
 しかしながら、この方法では人工的に閉経したのと同じような状態を作るため、更年期障害が現れ、骨粗鬆症のリスクも高めることになります。Gn-RH製剤を使うのは、半年が限度とされています。その後、半年治療を中断すれば、骨も元に戻り、骨粗鬆症のリスクも低下しますが、子宮筋腫もまた元の大きさ近くに戻りますので、根本的な治療にはなりません。最近は、閉経が間近な女性などに対して、補助的な意味合いで使われることも多いようです。
 また、子宮に栄養を供給する子宮動脈を人工的に詰まらせ、子宮筋腫を栄養不足にすることで小さくする、子宮動脈塞栓(そくせん)術という治療法があります。X線でモニターしながら、大腿(だいたい)部の動脈から子宮動脈まで細い管を挿入し、詰め物で血管に栓をします。まだ一般的な治療ではなく、一部の施設で試みられている段階です。
 手術で子宮筋腫を摘出する場合は、子宮筋腫のみを摘出して子宮を残す方法と、子宮ごと子宮筋腫を摘出する方法とがあります。どの方法を選ぶかは、筋腫の状態、症状の程度などによって決定されます。
 手術の方法も、おなかにメスを入れる開腹手術だけではなく、腟(ちつ)から子宮を取る手術や、腹腔(ふくくう)鏡など内視鏡によって開腹せずに行う手術もあります。




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 遅発閉経 [用語(た行)]





[バー]一般的な停止年齢より遅れて、55歳以降になって閉経する状態
 遅発(ちぱつ)閉経とは、女性が55歳以降になって閉経する状態。晩発(ばんぱつ)閉経とも呼ばれます。
 閉経の年齢は個人によって異なりますが、一般的には45~56歳くらい、平均では2012年度で52・2歳、遅い人でも60歳前には閉経に至るといわれています。かつては平均閉経年齢は50歳といわれていましたが、平均寿命や健康寿命が延びているように、平均閉経年齢も延長しています。
 そもそも閉経とは、女性が性成熟期の終わりに達し、更年期になって卵巣の活動性が次第に消失し、卵巣における卵胞の消失によって月経が永久に停止することをいい、その時期を閉経期といいます。
 女性によっては、一度月経が停止したのに半年後に再開するケースもあるため、無月経になってから1年以上経過したことを目安に閉経と見なされます。
 遅発閉経で、55歳以降になって月経が続いているということは、ほかの女性よりも長く女性ホルモンを分泌できる恩恵を受けられるということで、骨粗鬆(こつそしょう)症などになる可能性は低く、一見QOL(生活の質)はよいように思われます。
 一方、生殖機能にかかわる女性ホルモンには、乳がんの増殖を促す作用があり、分泌期間が長いと発症しやすくなります。子宮体がんや卵巣がんを発症するリスクも、高まるといわれています。
 月経の経血量が多いタイプの女性が、閉経が遅い傾向にあります。特に、子宮の筋肉にできる良性腫瘍(しゅよう)である子宮筋腫(きんしゅ)が原因で経血量が多い女性は、卵巣から出る女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が多い傾向があり、閉経時期が50歳代半ば以降になることもあります。
 子宮筋腫があると、それまで月経トラブルがなかった女性でも、更年期に経血量が増えたり、突然大量出血することもあります。
 子宮筋腫などで貧血を伴う場合は、婦人科、産婦人科を受診することが勧められます。単なる遅発閉経の場合は、特に治療の必要はないものの、乳がん、子宮体がん、卵巣がんの危険因子として挙げられているので、少なくとも年1回程度の定期検診は欠かさず受けることが勧められます。
[バー]遅発閉経の検査と診断と治療
 婦人科、産婦人科の医師による診断では、子宮筋腫が疑われる場合、触診に続いて、超音波(エコー)検査、MRI(磁気共鳴画像撮影)検査を行って、子宮内部の様子を外から観察し、確定します。
 婦人科、産婦人科の医師による治療では、単なる遅発閉経の場合、経過を観察します。
 子宮筋腫によって貧血がある場合、薬物療法と摘出手術という2つの方法がありますが、根本的な治療は手術になります。
 薬物療法は、ホルモン剤によって、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を一時的に停止させる方法です。Gn-RH製剤と呼ばれる薬が使われ、月1回注射を打つ方法、1日に2~3回、鼻に噴霧する方法などがあります。これによって、子宮筋腫の重さを半分から3分の2くらいまで縮小させることができます。
 しかしながら、この方法では人工的に閉経したのと同じような状態を作るため、更年期障害が現れ、骨粗鬆症のリスクも高めることになります。Gn-RH製剤を使うのは、半年が限度とされています。
 その後、半年治療を中断すれば、骨も元に戻り、骨粗鬆症のリスクも低下しますが、子宮筋腫もまた元の大きさ近くに戻りますので、根本的な治療にはなりません。最近は、閉経が間近な女性などに対して、補助的な意味合いで使われることも多いようです。
 また、子宮に栄養を供給する子宮動脈を人工的に詰まらせ、子宮筋腫を栄養不足にすることで小さくする、子宮動脈塞栓(そくせん)術という治療法があります。X線でモニターしながら、大腿(だいたい)部の動脈から子宮動脈まで細い管を挿入し、詰め物で血管に栓をします。まだ一般的な治療ではなく、一部の施設で試みられている段階です。
 手術で子宮筋腫を摘出する場合は、子宮筋腫のみを摘出して子宮を残す方法と、子宮ごと子宮筋腫を摘出する方法とがあります。どの方法を選ぶかは、筋腫の状態、症状の程度などによって決定されます。
 手術の方法も、おなかにメスを入れる開腹手術だけではなく、腟(ちつ)から子宮を取る手術や、腹腔(ふくくう)鏡など内視鏡によって開腹せずに行う手術もあります。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康