So-net無料ブログ作成

■用語 手掌多汗症 [用語(さ行)]





[手(パー)]手のひらに汗が異常に分泌する症状
 手掌(しゅしょう)多汗症とは、手のひらに日常生活をする上でいろいろな障害をもたらすほど発汗する症状。多汗症の一種で、手汗とも呼ばれます。
 多汗症は、体温の調節に必要な範囲を超えて、汗が異常に分泌する症状。全身性の多汗症と、手のひら、足の裏、腋(わき)の下、頭、鼻の頭などにみられる局所性の多汗症があります。
 人間は意外と多くの場面で汗をかいており、発汗は体温調節の役割を担う大切な生理機能の一つでもあります。そのため、どのくらいの汗の量で多汗症と呼べるのか分類は難しいのですが、多汗症の場合は気温の変化や運動などとは関係なしに汗をかくことが多いので、心当たりがある人は少し振り返ってみるといいでしょう。特に疾患と考える必要はないにしろ、汗をかくということは日常の生活と密接に関係していることですので、さまざまな悩みや問題を抱えている人が多いのも事実です。
 局所性の多汗症は、汗をかきやすいという体質に、生活環境や精神的な影響が加わったものが大部分です。肥満、過度なダイエット、生活リズムの乱れ、性格的に神経質だったり、緊張しがちなタイプだったりと、ストレスをためやすい状況下に身を置いていることが原因となっています。
 これらの原因の背後には、交感神経の働きが大きく関係しています。交感神経とは、副交感神経とうまくバランスを取り合いながら、人間が日々健康で過ごせるように作用しているものです。この交感神経がストレスなどさまざまな原因により過敏になってしまうと、体温上昇とは無関係に汗を大量にかくようになり、汗をかくことでさらなるストレスを作り出す悪循環に陥ってしまいます。
 全身性の多汗症も、多くは体質的なものです。比較的急激に生じた場合には、代謝機能や自律神経などが障害される、いろいろな疾患が潜んでいる可能性があります。
 局所性の多汗症の一種である手掌多汗症が起こる原因は、汗をかきやすいという体質に、生活環境や精神的な影響が加わり、発汗を促す交感神経が通常よりも過敏になって起こるものが大部分です。
 本人には意識できない幼少期から発症することが多いものの、10歳代から30歳代になって治療を受け始める人が多く認められます。多くの場合、足の裏に異常なほど大量の汗をかく足蹠(そくせき)多汗症(足底多汗症)も伴います。発症に男女差は認められていません。
 同じ手掌多汗症でも、人によって汗の出る量が異なります。同じ人でも、汗の出る量は時間帯やその日の気温、緊張の度合いによっても違いますが、汗の出る量(発汗量)によってレベルが3段階に分けられています。
 レベル1は、手が湿っている程度。見た目にはわかりにくいものの、触ると汗ばんでいることがわかります。光を反射して汗がキラキラと光ります。
 レベルは2は、手に水滴ができてぬれており、見た目でも汗をかいていることがわかります。
 レベル3は、盛んに水滴ができ、汗が滴り落ちます。
 手のひらから汗が滴り落ちるように出る場合は、「手を動かすと汗が飛び散る」「教科書やノート、書類がぬれてしまう」「握手ができない」「手が滑って物を落としやすい」など、さまざまな支障が生じます。
 本人にとっては非常につらい状態なので親や周囲の人に相談するのですが、汗っかきの体質ということで片付けられてしまい、治療を受けることなく悩みながら成長していくケースが多いようです。
 そのため、性格が消極的になる、集中力が低下するなどの精神的な負担も背負い込むことになります。その結果、学業成績の低下やいじめの原因となり、不登校や引きこもりに至るケースも認められます。
 手掌多汗症でによる支障が改善しない場合は、皮膚科、ないし皮膚泌尿器科を受診し、自分に合った治療を受けることをお勧めします。
[手(パー)]手掌多汗症の検査と診断と治療
 皮膚科、皮膚泌尿器科の医師による治療では、皮膚に塗ると汗腺をふさいで一時的に汗を抑える効果がある局所制汗剤として、20パーセントの塩化アルミニウム液や、5パーセントのホルマリン・アルコール液を手のひらの汗が多い部分に塗布します。1日1〜2回塗り、乾いてからパウダーを振り掛けておきます。
 精神的な緊張が強くて汗をかくような場合には、精神安定剤を内服することも有効です。
 イオン浸透療法(イオントフォレーシス療法)を行うこともあります。水道水に浸した手のひらの部位に、弱い電流を20分ほど流して発汗を抑制するもので、個人差がありますが効果が出るまで数週間の集中的な治療が必要です。治療をやめると再発の可能性が高く、副作用として湿疹(しっしん)、かゆみ、皮むけ、水疱(すいほう)などが生じることがあります。
 このイオン浸透療法は皮膚科、皮膚泌尿器科で行う治療法ですが、同様の療法が行えるドライオニックと呼ばれる家庭用機器もあります。
 局所制汗剤の外用、イオン浸透療法で十分な効果が得られなかった場合は、必要に応じてボトックス注射を行うこともあります。発汗は交感神経の末端から放出されるアセチルコリンという神経伝達物質により、汗腺が刺激されることで促されるため、汗が出やすい部分にボツリヌス注射を打つと、このアセチルコリンの放出が阻害されるため、汗を減らすことができます。
 1回の注射による効果は、約半年間持続するとされています。ただし、副作用などのリスクもあります。
 交感神経ブロック手術を行って、胸の辺りにある汗の分泌を調節する交感神経を切除することもあります。手術は基本的に、まず片方の交感神経を切除し、その後の体調の経過をみてから、もう一方の交感神経も切除するかどうかを決定します。 
 手術のメリットは成功率が高く効果に永続性があるということ、デメリットは交感神経を一度切除してしまうと元には戻らないということと、副作用として代償性発汗になる場合がほとんどであることです。代償性発汗とは、手のひらから汗が出なくなった代わりに、背中や下半身などこれまでと違った部位から大量の発汗が起こるものです。
 近年では、内視鏡手術(ETS手術)を行うこともあります。腋の下の皮膚を2~4ミリほど切って、小さなカメラを胸腔(きょうくう)に入れ、モニター画面で胸の中を見ながら、胸の辺りにある汗の分泌を調節する交感神経を見付けて切断します。左右両方の交感神経切断が必要です。




■歯が少ない高齢者、引きこもりリスクが2倍に 東北大などが調査 [健康ダイジェスト]





 歯の数が少なく入れ歯を使わないい高齢者は、歯の数が20本以上ある高齢者に比べ、週1回も外出しない閉じこもりになるリスクが2倍程度高いとの調査結果を、東北大の相田潤・准教授(歯科公衆衛生学)らが発表しました。
 歯の健康状態が悪いと、人との会話や食事をためらいがちになり、外出機会が減ってしまう可能性があるといいます。
 2006年に65歳以上の愛知県の高齢者に、歯の本数と外出回数などをアンケート調査。2006年時点で閉じこもりではない4390人を4年間追跡し、歯が19本以下で入れ歯を使う人と、19本以下で入れ歯を使わない人、20本以上ある人の3つのグループで、閉じこもりになった人の割合を算出しました。
 その結果、20本以上ある人で4年後に閉じこもりになったのは4・4パーセントだったのに対し、19本以下で入れ歯を使う人は8・8パーセント、19本以下で入れ歯を使わない人は9・7パーセントと、閉じこもりの割合がより高くなりました。
 所得などを考慮し調整すると、入れ歯を使わない65~74歳の高齢者が閉じこもりになるリスクは、20本以上の人の1・8倍でした。
 相田准教授は、「高齢者にとっては歯が少なく、入れ歯を使わないことが引きこもり状態へのリスクを高める。歯が少ない人は、入れ歯をつけて外出する生活を心掛けてほしい」と話しています。

 2016年6月30日(木)

■がん患者最多、年間86万人 高齢化進み1万4000人増 [健康ダイジェスト]





 国立がん研究センターは29日、2012年に新たにがんと診断された患者数などの推計値を発表しました。47都道府県すべてのデータがそろい、地域別の比較が可能になりました。
 がんと診断された人の割合(発症率)は、日本海側で高い傾向が示されました。がんの種類によって患者の割合に地域差があり、胃がんは東北地方や日本海側で高い傾向にあることもわかりました。
 がん拠点病院などでがんと診断された患者のデータを都道府県から集め、がん研究センターが全国や各都道府県ごとに患者数や発症率などを推計。
 2012年は埼玉県、東京都、福岡県など大都市から初めてデータが提出され、推計の精度が高まりました。この年に新たにがんと診断された患者数は86万5238人で、2011年と比べて1万4000人増え、2003年に算出を始めて以来、過去最多になりました。高齢化の進行が原因とみられます。
 男女別では、男性が50万3970人、女性は36万1268人でした。
 都道府県別のデータは患者の住所ではなく、診察した病院の所在地でまとめました。大都市には周辺から患者が集まるなど実態とずれる面もあります。
 地域住民の年齢構成の差を調整した上で、都道府県ごとの発症率を全国平均と比較すると、男性では秋田県、和歌山県、石川県の順で高く、女性では東京都、福岡県、石川県の順で高くなりました。東京都は男女とも高く、特に女性の乳がんが目立っていました。
 がん研究センターによると、発症率は塩分の摂取や飲酒、喫煙といった生活習慣のほか、肝がんにつながる肝炎ウイルスの感染者の多さなどが反映されているといいます。東京都で女性の乳がんが高い理由については、リスクが高いとされる出産経験がない女性が多いことや、初産年齢が高くなっていることが影響している可能性があるといいます。
 2012年に診断された患者数を部位別でみると、男性が胃がん、大腸がん、肺がんの順で多く、女性は乳がん、大腸がん、胃がんの順でした。男性では、前立腺がんの増加が頭打ちになり、大腸がんが増加しています。
 門田守人・大阪大名誉教授は、「がんにかかる傾向で地域の特徴がはっきり出たことで、地域で日常生活の何に気を付ければいいかがわかる。食事の塩分を減らしたり、ウイルス感染対策をしたりするなど、行政や医療関係者らもかかわって積極的にがん予防に役立ててほしい」と話しています。

 2016年6月30日(木)

■ジカ熱ワクチン、マウスで作製に成功 ハーバード大など [健康ダイジェスト]





 ブラジルなど中南米を中心に流行するジカ熱のウイルスがマウスに感染するのを防ぐワクチンの作製に成功したと、アメリカのハーバード大やブラジルのサンパウロ大学などの研究チームが28日付のイギリスの科学誌ネイチャー電子版に発表しました。
 研究チームは、「安全で効果的な人のジカウイルスワクチン開発の期待が高まった。人を対象にした臨床研究も急ぐべきだ」としています。
 研究チームは、ブラジルで分離されたウイルスの遺伝子の一部を組み込んだDNAワクチンと、病原性をなくした不活化ワクチンの2種類を開発。
 ジカ熱ウイルスを感染させる実験では、ワクチンを投与しなかったマウスでは血液中でウイルスが増加しましたが、いずれかのワクチンを1回接種したマウスではウイルスが増殖せず、感染防御効果が確認できました。
 ジカ熱の問題に詳しい神奈川県衛生研究所の高崎智彦所長は、「マウスのモデルでワクチンの効果を確かめられたのは初めてで、実用化に向けた第一歩だ。世界中の研究機関がこうした成果を共有し、ワクチンの開発を急ぐ必要がある」と話しています。
 ジカ熱は蚊が媒介する感染症で、妊婦が感染すると子供に小頭症などの症状が出ることがあります。昨年以降、中南米を中心に流行が拡大し、世界保健機関(WHO)は2月「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言。ワクチン開発が求められています。

 2016年6月29日(水)