So-net無料ブログ作成

■用語 矮小陰茎 [用語(わ行)]



[喫茶店]陰茎が基準よりも小さい状態にある性機能疾患
 矮小(わいしょう)陰茎とは、男性の陰茎が基準よりも大幅に小さい状態にあり、生殖や性行為に支障を来す性機能疾患。マイクロペニス、ミクロペニスとも呼ばれます。
 短小陰茎という呼び方もありますが、こちらは俗語であって医学的に定義されたものではなく、個人差の範囲にすぎないものを指している場合が多く認められます。これに対して、矮小陰茎は医学的に定義されたもので、性機能疾患として認められている疾患の一つです。
 陰茎の形態は正常であるものの、陰茎の大きさが平常時はもちろん、勃起(ぼっき)時でも一定の基準よりも小さく、成人男性で勃起時の長さが5センチ以下のものが、矮小陰茎と定義されています。勃起時でも長さ太さともに5ミリに達せず、陰嚢(いんのう)に埋没して、外見上は生まれ付き陰茎を所有しない陰茎欠損症に見える極端な例もあります。
 性腺(せいせん)からのホルモンの分泌不足によって起こる性腺機能低下症が、原因と考えられています。また、全身的な症候群の一症状として、矮小陰茎がみられることもあります。
 陰茎の発達はまず、胎生期における生殖茎の分化、成長が基軸にあります。排泄腔(はいせつくう)ひだが左右ともに癒合し合って、生殖結節が形成され、その生殖結節が伸びた状態が生殖茎であり、その生殖茎が男性の陰茎、女性の陰核のベースになります。
 生殖茎は、おおよそ胎生12週までは男女ともに同様の分化、成長を続けます。その後、男性では胎児精巣(睾丸〔こうがん〕)から分泌される男性ホルモンの一種であるテストステロンの影響で、生殖茎が伸びていき、陰茎の形状をなしていきます。生殖茎は伸長に並行して、尿道ひだを引き込んで尿道を形成し、それに応じて尿道口が亀頭の先端に形成されます。
 この生殖茎の伸長と尿道ひだの引き込みが、テストステロンの分泌量が足りない場合に不十分に進行して、矮小陰茎と、尿道の出口が亀頭の先端になくて陰茎の途中や陰嚢などにある尿道下裂の原因になります。
 また、第二次性徴期におけるテストステロンの分泌障害もまた、陰茎の成長発達を阻害し、結果として矮小陰茎を示すことがあります。
 胎生期ならびに出生後に発生するテストステロンの分泌障害は、精巣自体に問題がある原発性性腺機能低下症と、テストステロンの上位ホルモンで、脳下垂体から出される性腺刺激ホルモンであるゴナドトロピンの分泌障害などが原因の続発性性腺機能低下症があります。
 こうしたテストステロンの分泌不足によって発生する矮小陰茎などの障害は、テストステロンの受容体の障害でも同様に発生します。
 原発性性腺機能低下症によって矮小陰茎を示す疾患には、類宦官(るいかんがん)症や、クラインフェルター症候群などの染色体異常を示す疾患があります。クラインフェルター症候群では、第二次性徴の障害は続発性性腺機能低下症などに比較して少ないことが多く、成人後の勃起障害(ED)や男性不妊症で、クラインフェルター症候群自体が発見されることも珍しくありません。
 矮小陰茎では、陰茎が小さすぎるために性交障害を生じる時があります。また、テストステロンの相対的な不足は勃起障害(ED)を引き起こし、これも矮小陰茎同様の性交障害の原因になります。
 通常は新生児期に、医師や看護師による性別の確認が行われる際に見付かり、専門医に紹介されて治療が行われます。
[喫茶店]矮小陰茎の検査と診断と治療
 小児泌尿器科、小児外科、泌尿器科、内分泌代謝科の医師による診断では、染色体分析検査、性ホルモンの測定、アンドロゲン(男性ホルモン)受容体の検査、超音波検査、X線造影検査、CTやMRI検査による内性器の存在確認を行います。
 また、埋没陰茎、翼状陰茎などと鑑別します。これらの疾患は、いずれも陰茎が一定の基準より小さい、もしくは小さく見えるという疾患になります。
 小児泌尿器科、小児外科、泌尿器科、内分泌代謝科の医師による治療では、矮小陰茎は男性ホルモンであるテストステロンの分泌不全、もしくは機能不全が問題であることがほとんどなので、幼少期のテストステロン製剤による刺激療法を行います。テストステロン製剤には塗布薬と注射薬があり、病態に合わせて局所塗布か全身投与かを決めます。
 注射薬を用いて全身投与を行う場合、骨の成長を進行させる副作用があり、骨の発達が早期に完了してしまうリスクがあります。身長が伸びる思春期以前に、このホルモン療法を行うと、背が十分伸びないことがあります。
 また、子供をつくる生殖能力を獲得するために、性腺刺激ホルモンであるゴナドトロピンの注射など、上位ホルモンから性腺に刺激を与える治療を行うこともあります。
 矮小陰茎の成人以降の処置としては、自家移植手術の陰茎海綿体延長術が行われることもあります。大腿(だいたい)部や腹部から採取した真皮を使用して、陰茎の勃起機構の主体をなす陰茎海綿体に移植して、陰茎の伸長を図ります。



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■お好み焼きとご飯など主食の重ね食べは肥満のもと 大阪府が調査結果を発表 [健康ダイジェスト]




 
 大阪府民の食への意識と行動について、大阪府が初めて調査したところ、肥満の人は、お好み焼きとご飯、うどんとかやく御飯、ラーメンとチャーハン、パスタとパンなど、2種類以上の主食を同時に食べる「重ね食べ」の回数が多いという結果がまとまりました。
 大阪府は、食べる量や回数に気を付けるよう注意を呼び掛けています。
 昨年、2015年11月から12月にかけて、大阪府は18歳以上の府民を対象に、初めてとなる食への意識と行動についての調査を行い、回答が得られた1858人の結果を分析しました。
 調査では、「米・パンと麺類や粉もん(お好み焼き、たこ焼きなど)を一緒にどのくらい食べているか」と質問。「1日1食」以上は男性は27パーセント、女性26パーセント、「週1食」以上は男性の61パーセント、女性の47パーセントを占めました。
 肥満度別では、男性では「やせ」の53パーセント、「普通」の59パーセント、「肥満」の71パーセントが、重ね食べを「週1食」以上していました。女性では「やせ」の42パーセント、「普通」の46パーセント、「肥満」の56パーセントが、「週1食」以上重ね食べしていました。
 また、男性の39パーセント、女性の58パーセントが、重ね食べは「太りそうだと思う」と回答しました。
 この結果について、大阪府は、肥満の人は主食の重ね食べをしている回数が多いことがわかったとしており、外食業界に対して今後、定食メニューのご飯をサラダや煮物に置き換えるよう働き掛ける考えです。
 上家和子・大阪府健康医療部長は、「肥満傾向の人は、生活習慣病のリスクが高まる。重ね食べは大阪の食文化だが、食べる量や回数に気を付けてほしい」「ご飯を食べるより、お好み焼きの野菜のかさを増やすなど、ちょっとした工夫でバランスのよい食事を目指してほしい」と話しています。

 2016年8月3日(水)
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■2015年の地球は観測史上最も暑い1年 温室効果ガス濃度も最高 [健康ダイジェスト]




 
 昨年、2015年の地球は、温室効果ガスの濃度が最も高くなり、観測史上最も暑い1年になったとアメリカの政府機関が発表し、温暖化の傾向が続く中で世界各地で異常気象が引き起こされていると分析しています。
 アメリカの海洋大気局(NOAA)は、62カ国の450人を超える研究者の協力を得て、昨年、世界各地で観測された気候の指標となるさまざまなデータを分析してまとめた報告書を2日、発表しました。
 それによりますと、昨年の地球表面の平均気温は、これまでで最も高かった一昨年、2014年よりもおよそ0・1度上がり、産業革命前の平均と比べて初めて1度以上上回って、観測史上最も暑い1年になったということです。
 温室効果をもたらす二酸化炭素の濃度が平均で399・4ppmと、これまでで最も高くなったことに加え、南米沖太平洋の赤道付近の海面温度が高くなるエルニーニョ現象が続いたことで、気温の上昇が増幅したとしています。
 さらに、こうした影響で北極地域などの氷河が溶けるなどして、海水面は人工衛星による観測が始まった1993年と比べて平均で7センチ上昇し、過去最高を更新しました。
 一方、深刻な干ばつに見舞われた地域はほぼ倍増。2014年には地球の8パーセントでしたが、2015年には地球の14パーセントとなりました。台風などの熱帯低気圧は101個発生して、2010年までの30年間の平均をおよそ20個上回ったということです。
 NOAAの報告書では、「ほとんどの指標は温暖化の傾向が続いていることを示している」とした上で、「気候変動によって世界各地で異常気象が引き起こされている」と分析しています。

 2016年8月3日(水)
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康