So-net無料ブログ作成

■用語 翼状陰茎 [用語(や行)]



[喫茶店]陰茎の腹側の皮膚と陰嚢の前面の皮膚が融合し、翼状を示す奇形
 翼状陰茎とは、男性の陰茎の下側と陰嚢(いんのう)の上側の皮膚がくっついている状態。
 先天的な形質状の奇形で、胎児期の皮膚の発生において、陰茎の下側の皮膚の欠損が生じ、陰嚢の上側の皮膚と融合することによって発症すると考えられています。
 陰茎を持ち上げると、接着した部分が翼状あるいは水かき状の外観を示します。その結果、陰茎が小さく見えたり、陰茎が陰嚢に埋もれて見えたり、陰嚢が陰茎にぶら下がって見えたりすることがあります。
 陰茎からの排尿など機能上の問題は少ないものの、尿道下裂、尿路奇形、尿路感染症、精巣上体炎などを伴うことがあります。
 尿道下裂は、尿道の出口が陰茎の先端になくて、陰茎の途中や陰嚢などにある状態で、陰茎の上側の包皮が過剰なため、陰茎が下に向くことが多い先天的な尿道の奇形です。精巣上体炎は、陰嚢内に左右各1個あって卵形をしている精巣の上面、および後面に付着している精巣上体に、炎症が起こる疾患です。
 翼状陰茎の問題の主体は、美容上です。多感な幼少期に、周囲の子供と陰茎の形状が異なることは、本人にとって十分な心的外傷(トラウマ)になり得ます。そのためにも、翼状陰茎の発症者に対しては、周囲の十分な配慮が必須です。
 また、生殖年齢になっても翼状陰茎が自然に消失していない場合、病状によってはパートナーの女性との性行為の際に陰茎を膣(ちつ)に挿入することが困難となり、 性交困難症を二次的に引き起こす可能性もあります。
 翼状陰茎の多くは、両親などが異常に気付いて、小児泌尿器科、泌尿器科を受診します。大多数は成長に伴う改善が期待できますが、高度な場合は医師による手術を要します。
[喫茶店]翼状陰茎の検査と診断と治療
 小児泌尿器科、泌尿器科の医師による診断では、生下時からのエピソードの問診、陰茎の外観の観察による視診、ならびに触診を行います。画像診断などを行わなくても、ほとんどは容易に判断されます。
 診断に際しては、矮小(わいしょう)陰茎(ミクロペニス)、埋没陰茎などとの鑑別を行います。
 小児泌尿器科、泌尿器科の医師による治療では、翼状陰茎は成長に伴い、正常化することが多いとされているものの、生下時より異型性が非常に強い場合や、成長に伴う改善が十分にみられなかった場合、生殖年齢になって性交困難症を示すような二次的な実害がある場合においては、形成手術を施行します。
 形成手術では、陰茎に付着している部分で陰嚢の皮膚を横に切開して、陰茎、陰嚢の両方とも皮膚を縦に縫合することで形成します。基本的には局所麻酔でも実行可能な、体への負担の少ない手術です。
 尿道下裂を伴っている場合は、包皮を用いて尿道の出口を新しく作り、曲がった陰茎をできるだけ真っすぐにし、必要なら亀頭の形成も行います。
 成長に伴う翼状陰茎の改善を待つ場合、多感な幼少期に形質の違う性器を持っているというで、深い心的外傷(トラウマ)を形成する可能性もあります。性器に関連した深い心的外傷(トラウマ)は、三次的な実害として、心因性(機能性)勃起障害(ED )を引き起こしかねないので、十分な注意が必要です。
 医師による心因性勃起障害の場合の治療は、カウンセリング、性的教育などが主体となりますが、薬物療法を用いることもしばしばあります。




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■過体重、中年の脳の老化を加速 ケンブリッジ大学が発表 [健康ダイジェスト]




  
 過体重や肥満の中年の人々の脳では、老化が加速している兆候が示されているとの研究結果が4日、海外で発表されました。
 医学的に過体重とされる人の脳では、大脳白質という脳の異なる部位間の情報伝達を可能にする結合組織の各測定値が、やせた人に比べて著しく低いことを研究チームは発見しました。
 アメリカの専門誌「加齢神経生物学」に掲載された論文によれば、研究結果から判断すると、40歳の過体重の人の脳は、老化が10年進んでいると考えられるといいます。また、この10年の格差は、過体重や肥満の人々が年を取り、長い時間を経ても残り続けます。
 論文の筆頭執筆者で、イギリスのケンブリッジ大学精神医学部の科学者のリサ・ローナン氏は、「脳の大きさは、老化が進むにつれて自然に小さくなる」と説明。その上で、標準体重の人々に比べて「過体重や肥満の人々は、大脳白質の減少量が大きい」と説明しました。
 だが、現段階では、過体重が原因でこのような脳の変化が起きているのか、それとも大脳白質量の低下が体重増加を引き起こしているのかについては、「科学的にはまだ推測の域を出ていない」と指摘しています。
 論文の共同執筆者で同じくケンブリッジ大学のポール・フレッチャー氏は声明で、「これら2つの因子の相互作用については、健康に重大な結果がもたらされる可能性があるため、その仕組みを解明することは重要となる」と述べています。
 ローナン氏と研究チームは、20歳から87歳までのボランティア500人近くから収集したデータを調べました。その結果、過体重のグループでは、年齢が中年を超えないと大脳白質密度の格差が現れなかったことから、脳の脆弱(ぜいじゃく)性が中年期以降に高まることが示唆されました。
 研究チームによれば、過体重の人とやせた人との認知能力やIQ(知能指数)の測定可能な差については、大脳白質の縮小との対応関係は存在しなかったといいます。
 論文の別の共同執筆者で同じくケンブリッジ大学のサダフ・ファローキ氏は、「脳構造におけるこれら変化の影響に関しては、現時点ではまだ不明」と話し、「明らかなのは、今回の研究を出発点として、体重、食事、運動などが脳や記憶に及ぼす影響をさらに詳細に調査する必要があることだ」と付け加えました。

 2016年8月7日(日)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■新薬オプジーボ、腎臓がんの一部でも保険適用へ 厚労省部会が了承 [健康ダイジェスト]




  
 免疫の働きを利用した新しい仕組みのがん治療薬「オプジーボ」(一般名・ニボルマブ)について、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会は5日、腎臓がんの一部である腎細胞がんについても使用を認めることを了承しました。厚労省が約1カ月後、正式に承認し、保険適用が認められる見通し。
 オプジーボは、優れた効果が期待されるものの、極めて高額な新薬。現在、皮膚がんの一種の悪性黒色腫(メラノーマ)と、肺がんの一部である非小細胞肺がんが、保険適用となっています。
 新たに使用が認められたのは、切除できなかったり進行性だったりする腎細胞がんで、年間4500人程度が対象となると推計されます。適応拡大により使用患者が増えても薬価を見直す制度はなく、体重60キロの患者が1年間使うと薬剤費は年3500万円。
 医療費の自己負担分が一定額を超えた場合に軽減される「高額療養費制度」があるために、患者の負担は月9万円程度ですが、残る金額は患者が加入する医療保険と国や自治体の公費で賄われ、保険財政への影響が懸念されています。
 厚労省は、使用する医師や患者を絞り込むことで医療費抑制につなげようと、オプジーボのような新たな作用の仕組みを持つ新薬の適正使用を進める指針を策定中ですが、今回の部会には間に合いませんでした。
 部会では、「指針を見ながら審査したい」との声が出たといいます。
 販売元の小野薬品工業(大阪市中央区)は、悪性リンパ腫の一部であるホジキンリンパ腫と、頭頸(とうけい)部がんについても、厚労省にオプジーボの適応拡大を申請しています。

 2016年8月7日(日)
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康