So-net無料ブログ作成

■結核の新規患者数が1万8280人に減少 人口10万人当たり14・4人に [健康ダイジェスト]




  
 厚生労働省は12日、2015年の結核の患者数調査の結果を発表しました。人口10万人当たりの新規患者数(罹患〔りかん〕率)は14・4人で、2015年までに15人以下とする政府目標に到達したとしています。
 2015年の1年間に結核と新たに診断された患者は前年比1335人減の1万8280人、死亡したのは1955人でした。新規患者の4割近くが80歳以上でした。
 罹患率が高いのは大阪府が23・5人、兵庫県、東京都、大分県がいずれも17・1人。全国では2005年22・2人、2010年18・2人などと16年連続で減少しています。
 厚労省は、日本が先進国の中では結核の罹患率が高いことが問題となっているため、1年間に新たに結核と診断される患者数を東京オリンピックが開かれる2020年までに、人口10万人当たり10人以下とする次の目標を定め、対策を強化していくことを決めました。
 10人以下は、世界保健機関(WHO)が定める結核の「低蔓延(まんえん)国」の条件です。厚労省は今秋にも予防指針を改定し、新目標を盛り込みます。
 結核では、長引くせき、体重減少、発熱が起きます。厚労省は、新たな目標に向け、早期受診や診断後の服薬継続を呼び掛け、感染拡大を抑えたいとしています。
 12日に厚労省で会見したNPO法人「ストップ結核パートナーシップ日本」の石川信克理事は、「患者の6割以上を占める高齢者の対策が重要」と指摘し、「医師が結核を疑って早めに診断し、感染が広がらないようにすることが大切だ」と話しました。

 2016年8月13日(土)

■ダニ媒介脳炎、23年ぶり患者確認 北海道の40歳代男性 [健康ダイジェスト]




  
 厚生労働省は12日、ウイルスを持ったマダニにかまれて起きる「ダニ媒介脳炎」が北海道で確認されたと明らかにしました。患者は40歳代の男性で、国内での感染確認は1993年に北海道で見付かって以来2例目。
 厚労省は、ダニ対策の強化を都道府県などを通じて求めています。
 厚労省と北海道保健福祉部によると、男性は7月中旬に北海道内でマダニにかまれ、発熱や意識障害、けいれん、髄膜炎、脳炎などの症状が出ました。重症で現在も入院しています。海外への渡航歴はないといいます。
 男性が受診した札幌市内の医療機関から今月、札幌市に報告がありました。北海道は10日付で、道内14総合振興局・振興局や札幌市などに対し、住民への注意喚起を要請しました。
 厚労省によると、マダニは民家など人の管理の行き届いた場所には、ほとんどおらず、森林や沢に沿った斜面、牧草地などに生息。1993年の感染確認例は、酪農家の主婦が発症したといいます。
 ダニ媒介脳炎は、蚊が媒介する日本脳炎と同じ分類のフラビウイルスによる感染症。海外では死亡や後遺症が残ったケースも報告されています。
 このフラビウイルスは、ネズミとマダニとの間を行き来しています。北海道の一部地域ではウイルスが見付かっており、西日本でもウイルスの抗体を持ったネズミが確認されています。
 北海道保健福祉部の担当者は、「やぶや野山に入る際は長袖と長ズボンを着用し、肌の露出を避けることが重要」としています。厚労省は、「マダニにかまれたら、早期に医療機関を受診し、適切な治療を受けることが重要」としています。

 2016年8月13日(土)