So-net無料ブログ作成

■ダニ媒介脳炎で北海道の40歳代男性が死亡 国内では初 [健康ダイジェスト]




   
 7月中旬、北海道でマダニにかまれた男性が「ダニ媒介脳炎」という感染症にかかり、8月13日に死亡したことがわかりました。
 ダニ媒介脳炎の国内での感染は、1993年10月に現在の北海道北斗市で酪農家の主婦の感染が確認されて以来2例目で、感染した人が死亡したのは初めてです。
 厚生労働省によると、ダニ媒介脳炎はフラビウイルスが原因で、このウイルスを持ったマダニがいない地域では感染は起きません。北海道の一部地域でウイルスが見付かっています。人から人に直接感染することはないとされます。
 潜伏期間は7~14日で、発熱や筋肉痛などのインフルエンザに似た症状の後、髄膜炎や脳炎を起こします。海外では多数の死亡例が報告されています。 
 北海道などによりますと、7月中旬、道内の40歳代の男性が草やぶでマダニにかまれ、医療機関で診察を受けたところ、フラビウイルスを持ったマダニにかまれることで起きるダニ媒介脳炎に感染していることがわかりました。
 男性は発熱や意識障害、けいれん、髄膜炎、脳炎などの症状が出て、札幌市内の病院に入院していましたが、8月13日に死亡しました。
 北海道保健福祉部は、「草が茂った場所に入る際は、マダニにかまれないよう長袖、長ズボンを着用し、肌の露出を避けることが重要」と注意を呼び掛けています。

 2016年8月16日(火)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■熱中症による救急搬送、14日までの1週間で5554人 秋田県で高齢の2人が死亡 [健康ダイジェスト]




   
 8月8日から14日までの1週間に全国で熱中症で病院に救急搬送された人の数は、速報値で5554人に上ることが総務省消防庁のまとめでわかりました。
 1週間に救急搬送された人の数は、前の週の6719人から1165人少なくなりましたが、これで8月に入って救急搬送された人の数は合わせて1万2273人に達しました。
 秋田県では、2人の死亡が確認されました。2人は80歳代の女性と75歳の男性で、秋田県内で猛暑日を観測した8日に自宅寝室で意識を失っているのが見付かり、搬送先の病院で死亡。2人とも体温は39度を超えていたといいます。
 そのほか、3週間以上の入院が必要な重症者は136人、短期の入院が必要な中等症は1932人でした。
 年齢別でみますと、65歳以上が3084人と全体の55・5パーセントを占めているほか、18歳以上65歳未満が1860人、新生児と乳幼児を含む18歳未満は610人となっています。
 都道府県別では、東京都が372人と最も多く、次いで愛知県が301人、大阪府が298人、福岡県が266人などとなっています。
 総務省消防庁は、「今後も全国的にしばらくは気温が高い日が多くなると予想されているので、お年寄りを中心に引き続き熱中症に十分注意してほしい」、「水分と塩分を補給し、適度に冷房を使って温度調節をしてほしい」と呼び掛けています。

 2016年8月16日(火)
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康