So-net無料ブログ作成

■子供の心臓の幹細胞で再生医療 岡山大が治験を始める [健康ダイジェスト]



 重い心臓病の子供を対象に、心筋になる能力を持つ「幹細胞」を心臓から取り出し、培養後に本人に戻して機能を回復させる再生医療の治験が岡山大学病院で24日始まり、兵庫県西宮市の生後10カ月の女児に手術が実施されました。
 2年後の健康保険の適用を目指しており、同病院は、心臓病の子供を対象にした再生医療が実用化されれば世界初としています。
 治験は安全性や効果を確かめるのが目的で、今回の対象は、全身に血液を送り出す心臓の機能が弱い「機能的単心室症」。この病気の患者には、これまで血液の流れを改善する手術が行われていますが、完全に治すのは難しく、また日本では子供が心臓移植を受けられる機会が少ないため、新たな治療法として期待されています。
 手術を実施したのは、王英正教授などの医療チーム。24日、生後10カ月の女児の心臓から、わずかな組織を取り出す手術が行われ、今後、1カ月ほどをかけて、中に含まれる幹細胞を培養するということです。岡山大学病院によりますと、手術はおよそ3時間半で終わり、女児の容体は安定しているということです。
 手術を受けたのは、兵庫県西宮市に住む大庭あかりちゃん。機能的単心室症の一種で、全身に血液を送り出す左心室が非常に小さい、「左心低形成症候群」と診断されました。生まれて間もなく、肺に血液を送る右心室の力を借りて全身に血液を送り出すようにする手術を受けましたが、このまま成長すれば十分な機能を果たせなくなるおそれがあったということです。
 医療チームはこれまでに、0歳から5歳までの延べ41人の子供を対象に臨床研究を行い、幹細胞を体に戻した後1年が過ぎると、血液を送り出す心臓の機能が平均で7パーセント改善し、目立った副作用はみられなかったということです。
 今後、治験は岡山大学病院のほか、神奈川県と静岡県の病院の3カ所で合わせて39人の6歳以下の患者を対象に行われ、安全性や効果が確認されれば、通常1年ほどかかる審査期間が半年程度に短縮される厚生労働省の「先駆け審査指定制度」に基づいて審査が行われる見込みです。
 手術を前に母親の大庭まどかさんは、「心臓の機能が1パーセントでも改善するならと、わらにもすがる思いで治験に参加しました。今の医療では助からない病気もあるので、同じような難病の子供たちが助かる道ができればいいと思います」と話していました。
 執刀した王教授は、「健康保険が適用されれば、より多くの施設で、より多くの患者に対して、この治療を行うことができる。世界で初めてのこの技術を確立し、難病で苦しむ子供に新たな治療法を提供したい」と話しています。

 2016年8月24日(水)

■千葉市のコンサートに、西宮市の麻疹患者が来場 2次感染者が増える可能性 [健康ダイジェスト]




   
 千葉市の幕張メッセで8月14日に開かれた人気外国人アーティスト、ジャスティン・ビーバーのコンサートに、麻疹(はしか)に感染していた男性が来場していたことが判明しました。潜伏期間の10日が経過し、接触者に症状が現れる可能性があることから、国立国際医療研究センター病院・国際感染症センターが24日、関係各都県の医療機関などに注意を呼び掛けました。
 患者は兵庫県西宮市在住の10歳代の男性で、同市の発表によると発症の10日以内にインドネシアのバリ島を訪れていました。9日に39度を超える発熱があり13日以降、全身に発疹が現れました。その状態で13〜15日に神奈川県と東京都内を訪問、14日には千葉市の幕張メッセであったコンサートを観賞していたといいます。主催者によると、同日のコンサートの来場者は約2万5000人だったといいます。
 男性は19日に、西宮市内の医療機関で麻疹と診断されました。また、患者の男性の同居家族3人も発症が確認されています。
 国立感染症研究所によると、麻疹は空気感染、飛沫(ひまつ)感染、接触感染などさまざまな経路で感染。免疫を持たない人がウイルスに触れると、90パーセント以上が感染します。10〜14日の潜伏期間を経て38度前後の発熱が2〜4日続いた後、39・5度以上の高熱とともに全身に発疹が現れるのが特徴です。
 肺炎や中耳炎、心筋炎などの合併症を発症することがあり、まれには中枢神経系合併症を起こすことがあり、うち20〜40パーセントに後遺症が残るといいます。また、幼児期に感染後、学童期になってから「亜急性硬化性全脳炎(SSPE)」という、進行性で致死的な中枢神経疾患を起こすこともあります。
 治療は、対症療法以外ありません。ワクチンを2回接種すれば、95パーセントは免疫ができます。しかし、国内での1歳児のワクチン接種率は約50パーセントしかなく、感染の可能性がある人は全国に約300万人いると考えられています。
 初期症状が風邪に似ていることから、風邪として医療機関を受診した場合には、2次感染の恐れもあります。このため、国際感染症センターは旅行経路にある医療機関に対し、24日以降に発熱などで受診する患者には注意するよう呼び掛けています。
 国立感染症研究所の大石和徳センター長は、「1歳未満の赤ちゃんやワクチンを接種していない人は重症化するおそれが高い。発熱や発疹などの症状が出た場合は人の集まる場所には行かず、早めに医療機関を受診してほしい。特に妊婦は早産や流産することもあるので注意してほしい」と話しています。

 2016年8月24日(水)