So-net無料ブログ作成

■タイでジカ熱による小頭症の新生児を確認 東南アジアで初 [健康ダイジェスト]





 タイの保健当局は、ジカ熱(ジカウイルス感染症)が原因で頭部が先天的に小さい小頭症の新生児が産まれたとみられるケースが、タイ国内で2件確認されたと発表しました。
 世界保健機関(WHO)によると、東南アジアでジカ熱との関連が疑われる小頭症が確認されたのは、初めてです。
 タイの保健当局は30日、タイ国内で今月産まれた小頭症の新生児のうち、ジカ熱が原因で発症したとみられるケースが2件確認されたと発表しました。2人の新生児の母親は、血液検査などの結果、妊娠中にジカウイルスに感染していたとみられることがわかったということです。
 ジカ熱は主に蚊が媒介するウイルス感染症で、妊娠中の女性が感染すると小頭症の新生児が産まれることがあると指摘されていますが、東南アジアでジカ熱との関連が疑われる小頭症の新生児が確認されたのは、今回が初めてです。
 タイでは2012年に初めてジカ熱感染が確認され、今年は首都バンコクなどで300人以上の感染が報告されており、タイ政府はウイルスを媒介する蚊の駆除などの対策を強化することにしています。
 タイには約6万7000人の在留邦人がおり、在タイ日本大使館は、蚊に刺されないよう注意を呼び掛けています。
 日本の外務省も、妊娠中または妊娠を予定している女性は、タイやシンガポールなどジカ熱の感染が拡大している国への渡航をできるだけ控えるよう呼び掛けています。

 2016年9月30日(金)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 拡張期高血圧 [用語(か行)]





[メール]60歳以下にみられ、下の拡張期血圧が90mmHg以上と高い状態
 拡張期高血圧とは、上と下に分かれている血圧のうち、下の拡張期血圧が90mmHg(ミリエイチジー、ミリ水銀柱)以上と高い状態。
 血管壁に及ぼす血液の圧力であるところの血圧は上と下に分かれており、上は収縮期血圧(最大血圧、最高血圧)といい、下は拡張期血圧(最小血圧、最低血圧)といいます。正常血圧は、収縮期血圧が130mmHg未満、かつ拡張期血圧が85mmHg未満とされています。収縮期血圧が130〜139mmHg、かつ拡張期血圧が85〜89mmHgは、正常高値血圧とされています。
 高血圧は、収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上とされており、収縮期血圧と拡張期血圧の両方、あるいはどちらかの血圧が一定以上高い状態を指します。
 下の拡張期血圧は90mmHg未満と正常なのに、上の収縮期血圧が140mmHg以上と高い状態は、収縮期高血圧といい、60歳以上の高齢者に多くみられます。一方、上の収縮期血圧は140mmHg未満と正常なのに、下の拡張期血圧が90mmHg以上と高い状態が、拡張期高血圧に相当し、60歳以下の若年層にみられます。
 そもそも拡張期血圧は、心臓が体全体に血液を送り出していない状態、つまり心臓に負荷がかからずに膨らんで、拡張している状態で、血液を動脈に送る準備をしている段階です。血液は心臓に集まっていることから、血管壁に最も血液の圧力が加わっていない時です。
 この時に血圧が高いというのは、常に血管の内壁が強い圧力を受けていることを意味し、異常な状態だといえます。
 この拡張期高血圧は、血管の中でも終わりのほうの細い血管である末梢(まっしょう)の血管が硬くなってきていて血管抵抗が増加しているものの、太い血管の弾力性がまだ保たれている状態で起こることが多く認められます。
 まだ太い血管は軟らかくても末梢の細い血管が硬くなる原因は、肥満、運動不足、大量の飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足などの生活習慣だと見なされていて、拡張期高血圧は、60歳までの比較的若い世代に多くみられます。
 拡張期高血圧を生じた場合、時間のとともに上の収縮期血圧も上昇していく傾向があります。このことから、拡張期高血圧は、動脈硬化の前触れともいえます。
 動脈硬化が進むと、血管の柔軟性が低下するため、上の収縮期血圧は上昇し、下の拡張期血圧は低下します。そのため、収縮期血圧と拡張期血圧の差である脈圧が、拡大してきます。この脈圧は、加齢に伴って大きくなる傾向にあり、脈圧が大きいと心臓病や脳卒中の可能性が高まるとされます。
 拡張期高血圧を予防ためには、症状がないからといってそのままにしておかず、血圧を時々でもよいので測るということが大切です。最近は、簡便な自動血圧測定器が市販されていますから、家庭でも血圧測定が可能になっています。
 自分で血圧測定する場合は、測定精度の面から上腕にカフを巻いて測定できる血圧計が勧められます。自分で測定した血圧は、診察室で測定した血圧より低めになる傾向があります。収縮期血圧が135mmHg以上、拡張期血圧が85mmHg以上は、高血圧と考えるべきです。
 健康診断などで高血圧の指摘を受けたり、自分で測定した血圧が高血圧の範囲に入るなら、内科や循環器科の医師の診察を受け、アドバイスを受けることです。
 なお、何らかの原因で高血圧になっている二次性高血圧症でも、拡張期高血圧が目立つ場合もありますので、この際には原因となっている疾患を調べてもらう必要があります。
[メール]拡張期高血圧の検査と診断と治療
 内科、循環器科の医師による診断では、正確な血圧測定のためには、水銀血圧計を用いて聴診法で測定します。最低5分間、座位安静にして足を床に置き、腕を心臓の高さに保って測定します。
 拡張期高血圧と診断されれば、生活習慣のチェック、高脂血症や糖尿病などのほかの心血管危険因子の合併確認、二次性高血圧の精密検査、高血圧の影響を強く受ける心臓、脳、腎臓(じんぞう)、目などの臓器の障害の程度を評価するための検査が行います。
 内科や循環器科の医師による治療では、生活習慣改善と薬物療法の2本立てとなります。まず薬に頼らない生活習慣の改善が重要で、これだけで治療効果の上がらない場合に初めて降圧薬を使います。
 二次性高血圧の場合は、高血圧の原因となる疾患を治すことが主体になります。
 生活習慣改善では、(1)食塩摂取の制限や肥満の解消など食事療法、(2)ストレスの軽減や適度の運動など日常生活の改善、(3)禁煙や深酒の禁止など、嗜好(しこう)品の摂取の改善などを行います。
 以上の療法を1カ月以上行ってもなお血圧値が高い場合に、降圧薬が処方されます。高い血圧を下げるための降圧薬の進歩は目覚ましく、今日ではいろいろの種類のものが用いられ、血圧のコントロールは多くの場合、可能となっています。拡張期血圧、収縮期血圧のどちらかだけを下げる降圧薬そのものはないため、拡張期血圧をコントロールするということは、収縮期血圧のコントロールをするということになります。
 しかし、降圧薬を内服しているからといって、生活習慣改善を軽んじることはできません。高血圧症治療はあくまでも食事療法と日常生活の改善などが中心であり、その効果を高めるために行われるのが薬物療法です。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■関西空港のはしか集団感染、大阪府が終息宣言を発表 従業員全員が回復 [健康ダイジェスト]





 関西国際空港の従業員を中心に8月から9月上旬にかけ、はしか(麻疹)の感染が広がった問題で、大阪府は29日、9月6日に感染が判明した女性従業員を最後に新たな患者は確認されず、集団感染は終息したと発表しました。感染した従業員計33人は、全員回復しています。
 関西国際空港を運営する関西エアポートによると、女性従業員は2日に発熱があり、同日から回復するまで出勤しませんでした。最後に出勤した1日から4週間、発症者がおらず、大阪府は国立感染症研究所感染症疫学センター(東京都)のガイドラインに基づき終息と判断しました。
 一方、関西国際空港の従業員の患者を搬送、診察した救急隊員と医師の2人は集団感染との関連性が認められましたが、空港を利用したり従業員と接触したりするなどして発症した患者計7人のうち、2人はウイルスの遺伝子型が異なり、残る5人は明確な関連性が判明しなかったといいます。
 関西国際空港の利用者については、15日にも新たな患者が出たほか、大阪府や兵庫県などで空港との関連がわからない、はしかの患者もいたことなどから、大阪府では引き続き、予防のためのワクチンを接種するなど注意を呼び掛けています。
 市民14人のはしか感染が確認された兵庫県尼崎市では12日以降、新たな感染者は出ていません。尼崎市保健所は、「おおむね状況が落ち着いてきたのではないか」とみています。

 2016年9月30日(金)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■がん検診、北海道など7道県で不備 必要な事後評価を未実施 [健康ダイジェスト]




   
 総務省は30日、がん検診の精度を保つため都道府県が実施する事後評価について、17都道府県を抽出して2012~2014年度の状況を調査したところ、約4割に当たる7道県で不備が見付かったと発表しました。
 北海道は事後評価自体をしておらず、がん検診の精度の低下を防げなかった疑いがあるといいます。青森県、埼玉県、愛媛県、福岡県、長崎県は、主な4つの評価項目の一部が未実施でした。香川県は、望ましいとされる毎年度の評価をしていませんでした。
 抽出調査の対象外だった30府県でも不備がある可能性があり、総務省は「がん検診の質が十分に確保されていない状況がみられる」として、所管する厚生労働省に改善を勧告しました。
 北海道のある医療機関では、2012、2013年度に胃がん検診を受けた後、精密検査が必要とされた人の割合がいずれも30%を超え、適切とされる値である11・0%以下の約3倍に上りました。総務省は「多くの異常のない人が、がんと疑われたと考えられる」と指摘。逆に、がんがあるのに見逃したと疑われる例は、見付からなかったといいます。
 事後評価は、がんによる死亡者数、病院・医師による診療の質に違いがあることを受けて2006年に成立し、2007年に施行されたがん対策基本法で推進が定められました。都道府県には、(1)受診率やがん発見率など国が設定した指標のモニタリング、(2)外部の有識者協議会による評価、(3)評価結果の公表、(4)検診の実施主体となる市町村への指導などにより、がん検診結果を検証するよう求められています。
 総務省によると、北海道は4つの評価項目とも未実施でした。埼玉県は有識者協議会の評価を受けておらず、評価結果も未公表。青森県、愛媛県は評価結果を公表しておらず、福岡県、長崎県は市町村への指導をしていませんでした。がん検診は胃がん、肺がんなど5種類ありますが、香川県は毎年度一部の評価しかしておらず、対応にばらつきがありました。
 北海道の担当者は、「道の役割や評価方法がわからなかった。今後は適切に対応していく」と釈明しています。

 2016年9月30日(金)
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康