So-net無料ブログ作成
検索選択

■偽のC型肝炎治療薬、成分はビタミン剤や漢方薬など 厚労省が分析 [健康ダイジェスト]




     
 奈良県や東京都内で見付かった高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品について、厚生労働省は1日、ドラッグストアなどで市販されているビタミンのサプリメントや風邪の時に服用する漢方薬などだったとの成分分析結果を公表しました。
 厚労省は、国内で何者かが正規品のボトルに詰め替え、東京都内の卸売り販売業者2社に売ったとみています。偽造品は、卸売り販売業者の在庫からさらに1本発見され、計15本になりました。
 国立医薬品食品衛生研究所などが成分を分析したのは、ボトル6本分。錠剤は4種類あり、サプリメントと漢方薬は、国内で簡単に入手できることから国内で詰めたとみられます。それ以外の2種類は、ギリアド・サイエンシズ(東京千代田区)が製造販売する正規品のハーボニー(1錠約5万5000円)と、同じ成分を含むC型肝炎治療薬「ソバルディ」(1錠約4万2000円)でした。ボトルの中身を詰め替えて、わざわざ高額な薬を混ぜたりした意図は不明といいます。
 新たに見付かった1本の中身もサプリメントとみられ、一部は割れていました。
 また、偽造品は15本とも、東京都千代田区神田の卸売り販売業者2社が昨年11月以降に購入し、うち5本が翌日までにさらに複数の卸売り販売業者を経由して、薬局チェーンの「関西メディコ」(奈良県平群町)に納入されたことが確認されたといいます。
 卸売り販売業者は「現金問屋」と呼ばれ、面識のない複数の個人から28錠入りボトル1本を90万~100万円(薬価は約153万4000円)で買ったと説明しています。奈良県の調査では、最初に偽造に気付いた患者1人を除き、偽造品を渡された患者はいませんでした。
 現金問屋が記録を残していないため、偽造品を持ち込んだ人物の特定はできていません。東京都などは医薬品管理がずさんだったとして、医薬品医療機器法(薬機法)に基づく行政処分を検討しています。

 2017年2月2日(木)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■ファストフード包装紙、人体に有害の恐れも 半分で発がん性疑いの物質を使用 [健康ダイジェスト]




     
 ハンバーガーやフライドポテトなどファストフードを提供する際に使用される油をはじく包装紙や紙容器には、食べ物に染み込む恐れのある化学物質が使われていることが多いとした調査結果を、アメリカの研究者らが1日、学術誌に発表しました。
 この化学物質が人体にどのような影響を及ぼすかには触れていませんが、過去の研究ではがんや甲状腺疾患の発症との関連性が疑われると警鐘を鳴らしています。
 アメリカの学術誌「エンバイロメンタル・サイエンス・アンド・テクノロジー・アンド・レター」に掲載された論文によると、アメリカ全土の27のファストフードチェーンから集めた400余りのサンプルを検査した結果、包装紙のほぼ半分と、フライドポテトやピザなどを入れる紙容器の20%から、フッ素化合物の一種、パーフルオロアルキル化合物(PFAS)が検出されました。
 フッ素加工は、染みが付きにくいカーペット、汚れがこびりつかない調理器具、アウトドア用に防水性を高めたウエアなどにも活用されています。論文では、「テキサス風メキシコ料理や、デザート、パンの包みではフッ素が使われている可能性が最も高い」と指摘しています。
 ただし、この論文では、人体が包装紙や紙容器に含まれるPFASにさらされると具体的にどのような影響を受けるのかについては言及していません。その一方で、一部のPFASについては、生体蓄積性があり、がんや甲状腺疾患、免疫機能や出生率、生殖能力の低下と関連があることが過去の研究で指摘されている、と警告しています。
 論文の筆頭執筆者であるNPO「サイレント・スプリング・インスティチュート」の環境化学者、ローレル・シャイダー氏は、「これらの化学物質(PFAS)はさまざまな健康障害と関連があるので、人々が食品を通じてそれにさらされている可能性があるというのは心配だ」と述べています。

 2017年2月2日(木)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■コカ・コーラ、トクホ製品を3月発売へ 食物繊維を含み脂肪吸収を抑える効果 [健康ダイジェスト]




     
 日本コカ・コーラ(東京都渋谷区)は1日、主力炭酸飲料「コカ・コーラ」で特定保健用食品(トクホ)の許可を受けた製品を開発し、3月27日に発売すると発表しました。
 日本は世界でも特に健康への意識が高いことから、アメリカのコカ・コーラ本社の研究開発部門が、日本市場専用に開発しました。高付加価値製品を投入し、激化する清涼飲料の安売り競争から抜け出す考えです。
 新製品「コカ・コーラ プラス」は470ミリリットル入りで、希望小売価格は税抜き158円。全国の自動販売機やスーパーで販売。パッケージは白を基調としたバックに赤字でコカ・コーラの字が描かれており、従来とは大きくイメージが異なります。スーパーの店頭で見掛けた時、一目で見分けがつくようにデザインされています。
 カロリーゼロで、食物繊維の難消化性デキストリンを1本当たり約5グラム含み、食事後の脂肪の吸収を抑え、血中中性脂肪の上昇を穏やかにする効果があり、健康意識が高まる40歳代以上の消費者をターゲットとします。
 コーラ系のトクホ飲料では、2012年にキリンビバレッジが「メッツコーラ」、サントリー食品インターナショナルが「ペプシ スペシャル」を相次いで発売しています。
 日本コカ・コーラのティム・ブレット社長は、「130年間続くコカ・コーラの味やブランドを変えずに、日本ならではの消費者のニーズにこたえる製品を作るのに時間がかかった」と説明。アメリカ本社が味や原料を吟味し、約6年かけて発売にこぎ着けたといいます。
 ただし、世界共通のブランド戦略を進めるコカ・コーラが、日本向けの製品開発に初めて踏み切った背景にはもう一つ訳があり、「20年間飲料の価格が下がり続けているという日本ならではの状況がある。抜け出すためには革新的な製品が必要」とブレット社長は語っています。
 価格にとらわれない付加価値を備えた製品の投入は急務で、安売りで激化する競争の中で、日本向けのカスタマイズが必要になりました。

 2017年2月2日(木)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康