So-net無料ブログ作成

■インフルエンザ、全国的に警報レベル 推計患者200万人を超す [健康ダイジェスト]




     
 1月29日までの1週間に全国の医療機関を受診したインフルエンザの患者は推計201万人に上り、昨年9月以降の今シーズンで初めて200万人を超えたことが、国立感染症研究所の調査で明らかになりました。
 専門家は流行のピークに差し掛かり、しばらく患者の多い状態が続くとして、手洗いなどの対策の徹底を呼び掛けています。
 国立感染症研究所によりますと、1月23日~29日までの直近の1週間に全国およそ5000の医療機関を受診したインフルエンザの患者は、1医療機関当たり39・41人で、これを基に推計した患者数は201万人と前の週に比べて40万人増え、今シーズン初めて200万人を超えました。
 各地の流行状況を表す1医療機関当たりの患者数を都道府県別にみますと、宮崎県が59・08人と最も多く、次いで福岡県が55・10人、愛知県が54・68人、埼玉県が51・68人、千葉県と山口県が51・40人、大分県が51・12人、神奈川県が49・49人などとなっており、2週連続ですべての都道府県で前の週より患者数の報告が増えました。東京都38・73人、大阪府39・80人など計33都府県で、大流行の発生を示す警報レベルの「30人」に達しています。
 冬休みから学校が再開した年明け以降は、子供を中心に感染が拡大。学級閉鎖や病院などでの集団感染も相次いでいます。また、流行のほとんどは高齢者が重症化しやすいとされるA香港型と呼ばれるウイルスのタイプで、入院患者の報告では60歳代以上が全体の7割近くを占めています。
 国立感染症研究所の砂川富正室長は、「全国的に急激に患者が増えていて、流行のピークに差し掛かっていると考えられる。しばらく患者の多い状態が続くので、手洗いやうがいなどの対策を徹底するとともに、発症したら自宅で安静にするなどして感染拡大を防ぐ対策をとってほしい。また、水分がとりづらかったり、息が苦しくなったりするなど重症化のサインがみられたら、速やかに医療機関を受診してほしい」と話しています。
 感染の予防には、ワクチン接種が推奨されています。しかし、ワクチンを接種したのにインフルエンザにかかる人もいます。インフルエンザワクチンの最大の目的は肺炎や脳症といった重症化を防ぐことで、熱やせきなどの症状が出るのを必ずしも防げるものではないため、専門家は「接種後も油断せず、手洗いやうがいなどの対策を徹底してほしい」と注意を呼び掛けています。
 インフルエンザウイルスは口や鼻から体内に侵入し、主にのどや鼻の奥の細胞で増殖します。これが感染と呼ばれる段階で、ウイルスがさらに増殖し、細胞にダメージを与え始めると体の免疫反応などに伴って高熱やせきなどの症状が出て発症します。
 専門家によりますと、ワクチン接種を受けると体内でウイルスを攻撃する抗体と呼ばれる物質が作られ血液を通じて全身に行き渡りますが、インフルエンザウイルスが感染するのどや鼻の奥の粘膜などでは十分な量の抗体ができません。このため、ワクチン接種では、ウイルスの感染を完全に防ぐことはできず、高熱やせきなどが出る発症を抑える効果も一定程度だということです。
 一方、インフルエンザワクチンの効果が大きいとされるのは、ウイルスがさらに体内で増殖を続け、肺炎や脳症といった重い症状を引き起こすのを防ぐ効果で、特にさまざまな病気を抱える高齢者ではワクチン接種が重要となります。実際、高齢者を対象とした研究で、ワクチンの接種を受けるとインフルエンザで死亡するのを80%防げたとする報告もあります。
 このため、法律に基づく定期接種の対象も、65歳以上の高齢者と、60歳から65歳未満の人で心臓や腎臓などに慢性の病気を抱える人となっています。
 感染症の問題に詳しい川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は、「これから流行のピークを迎えるに当たって、ワクチンを打った人でも発症する可能性があることを自覚してほしい。せっけんを使った手洗いやうがいなどの対策を徹底するとともに、発症してしまったらマスクを着用したり家で安静にするなどして、周りに広げない配慮をしてほしい」と話しています。

 2017年2月3日(金)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■乾いた豆やナッツ類、3歳ころまで食べさせないで 消費者庁が注意喚起 [健康ダイジェスト]




     
 乳幼児が豆を食べて窒息するケースがあることから、消費者庁は3日の節分に合わせ、「3歳ごろまでは乾いた豆やナッツ類は食べさせないでほしい」と注意を促しています。
 小さな子供が豆まきが終わった後、床などに落ちた豆を食べるなどして窒息するケースが毎年相次いでいるためです。
 消費者庁が昨年末時点で30の医療機関から得た情報によると、0~3歳が豆やナッツ類を食べたことで起きた事故は、2010年12月からの6年間で29件発生。半数以上のケースで、入院治療が必要となるなど、症状が重くなるのが特徴です。
 そのうち1歳児のケースでは、節分の豆を食べた後に息がゼイゼイし始めました。病院で診察したところ、気道に豆の破片が入っており、全身麻酔をして摘出し5日間入院したといいます。別の1歳児は家族と一緒にピーナツを食べていたところ、のどに詰まって顔色が悪くなったため、親が慌てて背中をたたいたり、指を口に入れたりしてピーナツ1個を吐き出させましたが、せき込んで息がゼイゼイするため救急要請したといいます。
 消費者庁によると、豆やナッツ類は形や大きさ、硬さからほかの食品よりも気管に入りやすく窒息の危険があるだけでなく、気道に入った小さな破片をそのまま放置していると、気管支炎や肺炎を起こすこともあります。
 消費者庁の担当者は、「特に乳幼児ののどは未発達で気管に入りやすい。節分の豆まきでは、親の目の届かないところで子供が豆に近付かないように注意し、誤って口に入れないように後片付けも徹底してほしい。また、節分に限らずふだんから、歯が生えそろう3歳ごろまでは乾いた豆・ナッツ類を食べさせないようにしてほしい」としています。
 小林製菓(東京都江戸川区)は2010年から、豆による事故を防ぐため小分け包装し、袋のまま豆まきができる節分用商品の販売を始め、今年の売り上げは当初の約5倍に伸びたといいます。小林義明社長は、「袋のまままけば掃除も楽」と話しています。

 2017年2月3日(金)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■他人のiPS細胞を使い網膜細胞移植、今年前半にも実施 厚労省部会が世界初の臨床研究を了承 [健康ダイジェスト]




     
 目の難病の患者に他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した目の網膜細胞を移植する、理化学研究所などによる世界初の臨床研究計画を1日、厚生労働省厚生科学審議会の再生医療等評価部会が了承しました。
 本人のiPS細胞を使う場合に比べ、コストと時間を大幅に削減でき、iPS細胞の本格的な医療応用への一歩となります。今月中に厚労相が正式に承認し、今年前半にも実施されます。
 iPS細胞は、がん化のリスクの低減が大きな課題となっています。厚労省によると、同部会は臨床研究に使う細胞の615種類のがん関連遺伝子に異常がないとする理研などのデータを確認し、計画を了承しました。
 臨床研究は、理研のほか、京都大学iPS細胞研究所、神戸市立医療センター中央市民病院、大阪大学医学部付属病院の計4機関が、進行すると失明の恐れもある目の難病「加齢黄斑変性」の患者5人を対象に計画しています。
 京都大学iPS細胞研究所があらかじめ健康な人から作製して備蓄したiPS細胞を、理研が目の網膜細胞に変え、両病院で患者の目に注射して移植します。
 理研などは2014年9月、女性患者本人のiPS細胞で作った網膜細胞のシートを移植する臨床研究1例を実施。経過は良好ですが、手術の同意から移植までに約1年かかり、コストも約1億円に上りました。他人のiPS細胞を使えば移植までの時間は1カ月程度、費用は1人当たり2000万~数百万円にできるといいます。
 他人の細胞を移植に使うため、京都大学では拒絶反応が起きにくい特殊な免疫の型を持つ人の血液からiPS細胞を作製しています。
 理研などは昨年10月、今回の計画を厚労省に提出していました。
 審査終了後、部会長の福井次矢・聖路加国際大学長は、「動物実験などのデータから、移植による利益を上回るリスクはないだろうと判断した」と説明しました。
 日本再生医療学会の理事長で、自身も他人のiPS細胞から作った心臓の筋肉の細胞を患者に移植する研究を進めている大阪大学の澤芳樹教授は、「他人のiPS細胞を使った臨床研究のスタートは今後、再生医療が発展していくための大きな一歩だ」とした上で、「今後、研究者らが議論を続け、安全性についての情報を共有し、患者にとって最もよい有効性と安全性のバランスを考えていく必要がある。より迅速に患者の元に新しい再生医療を届けられるよう、我々も続いていきたい」と話しています。
 加齢黄斑変性は、網膜の中心にある黄斑という部分が傷付いて、働きが低下し、視野がゆがみ、視力が低下する目の病気で、症状が進行すると視力が失われます。日本では失明原因の第4位で、50歳以上の人の約1%にみられて、国内の患者はおよそ70万人と推計され、多くが進行の早いタイプだとされています。
 患者に対しては従来、薬剤を注射するなどの治療が行われてきました。しかし、症状が進むのを抑えることはできても、傷付いた黄斑を修復する効果はあまり期待できず、根本的な治療法にはなっていません。

 2017年2月3日(金)
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康