So-net無料ブログ作成
検索選択

■無資格アートメーク、全国各地で横行 容疑のエステサロン経営者を逮捕 [健康ダイジェスト]




   
 医師免許を持たずに、札幌市中央区で経営するエステサロンで、「アートメイク」と呼ばれる眉(まゆ)の部分の皮膚に針のついた器具で色を入れる医療行為をしたとして、58歳の女性経営者が医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕されました。
 1月30日に逮捕されたのは、札幌市中央区のエステサロン「アクアミスティ」を経営する白鳥雪代容疑者です。
 警察によりますと、白鳥容疑者は医師免許を持っていないのに昨年1月から12月にかけて、経営するエステサロンで札幌市と岩見沢市の30歳代から60歳代の女性3人に、眉やまぶたの皮膚に針がついた器具で色を付けるアートメイクと呼ばれる医療行為を行ったとして、医師法違反の疑いがもたれています。施術料金は初回1万500円、2回目以降が5250円だったといいます。
 「化粧の手間が省ける」「水にぬれても落ちない」などと若い女性や中高年女性に人気のアートメークを巡っては、医療行為にもかかわらず全国各地でエステサロンによる無資格施術が横行し、健康被害の相談も相次いでいますが、警察によりますと、白鳥容疑者は14年前から無資格で行い、客の一部からは施術後に眉がはれたという被害も報告されているということです。
 調べに対し、白鳥容疑者は容疑を認め、「生活費を稼ぐためだった」と供述しているということです。
 警察は、白鳥容疑者が施術した客はおよそ1000人に上り、年に数百万円の利益を得ていたとみて詳しい営業の実態を調べています。
 国民生活センターや、皮膚科や形成外科の医師らが立ち上げた専門の学会は、アートメイクで無資格業者を利用しないよう注意を促す一方、 顧客側に対しても「医師免許が必要と知らずに利用する傾向がある」と認識不足を指摘しています。
 国民生活センターによると、2006年~2011年に「まぶたがはれた」などアートメークの被害相談は121件に上り、 大半は医療機関ではないエステサロンで発生していたといいます。
 医療機関でのアートメーク普及を提唱する日本メディカルアートメイク協会(東京都中央区)は 、「施術には一般に流通していない塗る麻酔薬を使用するが、 医療を提供していないエステサロンがどこで入手しているのか不明だ」と危うさを指摘。「針を使うアートメークはエイズウイルス(HIV)やB型肝炎など感染症の恐れもあり、 メークやエステ感覚の安易な利用は慎重にしたほうがいい」としています。

 2017年2月5日(日)
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■慈恵医大病院、疑い例も直接連絡する改善策を公表 肺がん疑い報告書を1年放置 [健康ダイジェスト]




   
 東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)が、肺がんの疑いがあると指摘された男性患者(72歳)の画像診断報告書を約1年間放置していた問題で、病院は4日、院内で検討した原因分析と改善策をホームページで公表しました。
 患者は肝臓の病気のため、慈恵医大病院の消化器肝臓内科で長年治療を続けており、肺がんの疑いが最初に指摘された画像検査は激しい消化管出血で救急外来を受診した際に撮影されました。慈恵医大病院は検査結果が1年にわたって患者の主治医や外来の担当医に伝えられなかった理由について、主治医らが肝臓や消化管出血の治療に気を取られたことや、医師間の連絡体制が十分でなかったことを挙げました。  
 件数や詳細は不明ながら、慈恵医大病院は過去にも同様の見落とし事例があったと説明。2013~2015年に画像診断部の医師が「早急な対応が必要」と判断した場合、主治医らに直接口頭で結果を伝える仕組みを導入し、画像診断を依頼した医師が報告書を確認したかどうかチェックする電子システムも取り入れていました。
 新たな改善策としては、医師の間で確実に情報を共有するため、画像診断部の医師から患者の主治医や外来の担当医に直接口頭で連絡する基準を引き下げて、「がんの疑い」などの例も確実に伝えることや、画像診断報告を印刷して複数で共有する体制を構築することを明らかにしました。

 2017年2月5日(日)
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康