So-net無料ブログ作成
検索選択

■微量血液を調べて膵臓がんを早期に診断 アメリカなどのチームが検査法を開発 [健康ダイジェスト]




    
 1滴足らずの微量血液で、発見が困難な膵臓(すいぞう)がんの徴候を検出する画期的な検査法を開発したとの研究論文が6日、発表されました。膵臓がんは、死亡率が最も高いがんの一つです。
 イギリスの科学誌「ネイチャー・バイオメディカル・エンジニアリング」(電子版)に掲載された論文によると、この検査法は結果が出るのが早く、安価かつ超高感度で、血液で徴候を検出できるその他の病気の検査にも適用できるといいます。
 ヒューストンメソジスト研究所などアメリカと中国の研究チームは、膵臓の腫瘍に存在する「EphA2」と呼ばれるタンパク質を特定。次に、血液の液体成分である血漿(けっしょう)わずか0・001ミリリットル中のEphA2を検出する方法を開発しました。
 膵臓がんは特に悪性度が高く、一般的には症状が現れるのは末期の段階で、診断が下された時点でがんがすでに他の臓器に広がっていることが多いのが特徴です。有効な治療法はなく、患者の約80%が診断から1年以内に死亡します。国立がん研究センターによると、日本国内の年間死亡者数は約3万人で、診断手法の開発が課題となっています。
 今回の研究論文の共同執筆者で、アメリカ・アリゾナ州立大学のトニー・フー氏は、「膵臓がんは、腫瘍の存在を示す早期の血液バイオマーカー(生体指標)が切実に必要とされているがんの一種だ」と述べました。
 研究チームによれば、血液中のがんマーカーを検出するための既存の検査法では、多量のサンプルが必要な上、時間と費用がかかるといいます。
 今回の検査法を用いた予備実験では、膵臓がん患者と健常者、および非がん性炎症の膵炎の患者を85%以上の精度で識別できました。これは既存の血漿検査法より高精度だと、研究チームは論文に記しています。
 研究結果については研究の規模を拡大して検証する必要がありますが、今回の発見は「膵臓がんや他のがんおよび感染症の早期発見、治療、経過観察を向上させる可能性を秘めている」と、ネイチャー誌に掲載された報道向けの要約記事は主張しています。
 フー氏によると、この検査法の認可を得るには2~3年かかる可能性があるといいます。

 2017年2月7日(火)

■キユーピー、ごまドレッシング21万本を自主回収へ 金属混入の恐れ [健康ダイジェスト]




    
 食品メーカーのキユーピーは7日、東海、北陸、近畿、山口県を除く中国、四国の21府県で販売したドレッシングに、製造工程で微細な金属繊維などが混入した恐れがあるとして、およそ21万本を自主回収すると発表しました。
 自主回収するのは、キユーピーが西日本を中心とする21府県で販売したドレッシングの主力商品「深煎りごまドレッシング」の380ミリリットルのうち、賞味期限が2017年8月22日、8月23日、8月24日、それに8月27日と記載されたおよそ21万本です。
 キユーピーによりますと、昨年12月から稼働を始めた神戸工場(神戸市東灘区)の6日の定期点検で、原料のごまを投入するホース内側の金属や合成樹脂が破損しているのが見付かり、工場にあった未出荷の商品1本に0・15ミリ×約3ミリの金属繊維が混入していたということです。
 このため、点検で製造設備に問題のなかった1月24日の翌日以降に製造された商品を自主回収することを決めました。
 これまでのところ、健康被害の情報は入っておらず、異物が小さいことから「誤って食べても排出されるため、健康被害の可能性は低いと考えている」ということです。
 また、商品を着払いで送付してもらうと、代金分に相当する商品券を返すとしています。
 問い合わせは通話無料のお客様相談室、電話0120・811・399。来週金曜日までは、毎日午前9時から午後5時半まで受け付けています。それ以降は平日だけ受け付けます。
 キユーピーでは、「お客様には多大なるご心配とご迷惑をおかけしますことを深くおわび申し上げます。今後は品質管理体制をより一層強化し、再発防止に努めていきます」と話しています。

 2017年2月7日(火)

■用語 産瘤 [用語(さ行)]





[位置情報]新生児の産道通過に際して、先頭で進む部分にできるこぶ
 産瘤(さんりゅう)とは、新生児が母体の狭い産道を通過する際に、周囲からの圧迫によって先頭で進む部分の皮下の軟部組織にむくみが起こり、こぶ状に隆起した状態。
 むくみは、皮下組織内の静脈やリンパ管など体液の流れが妨げられて、うっ血することで起こるものです。こぶの中身は、血液やリンパ液などの体液です。
 多くの新生児は頭を先にして生まれてきますので、頭部に生じることがほとんどですが、まれに顔面に生じることもあります。逆子の場合は足を先にして生まれてきますので、こぶが臀部(でんぶ)や足にできることもあります。
 新生児は、産道を通る際、頭の形を変形させながら通過していきます。その際、先頭となる頭、あるいは臀部や足が、子宮口や、ふだんは指2本ほどしか入らないのに新生児の頭の大きさに合わせて10センチまで開く膣襞(ちつへき)を押し広げる時に、周囲から強く圧迫されます。すると、その部分の静脈やリンパ液などの体液の流れが滞って、うっ血が起こり、その体液がたまってむくみとなり、こぶ状に隆起します。  
 産道の圧迫が強く、新生児のいる時間が長いほど起こりやすく、また、こぶ状の隆起の程度も大きくなります。そのため、初産の時や難産の時に、長時間産道にいた新生児に起こることがあります。
 出生直後からみられ、それほど大きなものではなく、大きいものでも手のひらで包み込める程度の大きさです。産道を通過する際の摩擦により、表面や周囲の皮膚に擦り傷ができることもあります。普通は紫色で、しばしば点状出血を伴い、時には暗赤色のように見えます。
 こぶは、触ると粘土にも似た触感がし、指で押すと軟らかく、押した跡にくぼみが残ります。正常な部分の頭皮や皮膚との境目が、あまりはっきりしてはいません。
 生まれた直後は頭などの大きなこぶに驚いてしまいますが、産瘤は大抵の場合、生後24時間程度、長くても2、3日ほどで、自然に吸収されて消えます。
 何の異常もない正常な出産によってもできるものなので、出産の経過で起こる自然現象の一つともいえます。さらに、産瘤ができたことで新生児に何らかの異常が起こることもありません。特に病的なものではなく、治療の必要はありません。
 入浴や授乳なども通常通りに行うことができます。注意点としては、こぶ状の隆起をあまり強く押さえないように気を付けることです。