So-net無料ブログ作成
検索選択

■がんや難病の患者の遺伝子を解析し、最適な治療方法を選択 東大がゲノム医療の臨床研究へ [健康ダイジェスト]




   
 がん患者や難病の患者一人一人の遺伝子を治療前に詳しく解析し、最も適した治療方法を選べるようにするゲノム医療の臨床研究を東京大学の研究チームが始めることになりました。これは9日に東京大学の研究チームが会見し、明らかにしたものです。
 患者ごとに最適な治療法を選ぶオーダーメード医療を巡っては、乳がんなどの一部の病気で薬を選ぶ際に検査キットが使われていますが、対象となる遺伝子が限られるため、病気の治療法にかかわる遺伝子に変異があっても、詳しく調べられないまま治療が行われていることも少なくありません。
 研究チームでは、肺がん、肉腫などの特定のがんの患者と、希少性疾患を含む難病の患者をそれぞれ年間数百人ずつ選び、次世代シークエンサーという装置を使うクリニカルシーケンス検査で、患者一人一人のゲノム情報(DNAに含まれる遺伝情報)を解析することで、複数の遺伝子の変異や融合・増幅を詳しく調べます。
 そして、そのデータを元に最適な抗がん剤や治療法を選んだり、従来の検査では難しかった難病の診断に役立てたりするということです。
 東京大学大学院医学系研究科の間野博行教授は、「網羅的に遺伝子解析すれば、例えば、肺がんでは70%近い患者で、原因となるがん遺伝子がわかり、最適な薬を選べるようになる。この取り組みが広まれば、診療現場を大きく変える可能性がある」と話しています。

 2017年2月9日(木)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■iPS培養、ナノファイバーを使った布で10倍に増産 京大とグンゼが新素材開発 [健康ダイジェスト]




   
 特殊な繊維で開発した布を使って、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を大量に培養することに成功したと、京都大学と肌着メーカー「グンゼ」(大阪市北区)の研究チームが発表しました。
 従来の培養法と比べ、細胞の数を約10倍増やせたといい、再生医療のコスト削減につながるといいます。研究論文が8日、国際科学誌「バイオマテリアルズ」(電子版)に掲載されました。
 人のiPS細胞を心臓や肝臓などの臓器の再生医療に利用する場合、大量の細胞が必要になります。現在は、容器に入った培養液に細胞を浮かせて増やす方法がありますが、少量しか作れず、容器に多くの培養液を入れてかき回すと一部の細胞が傷付くなどして増えにくいといった課題がありました。
 研究チームは、細胞を接着させる働きを持つゼラチンから、髪の毛の約3000分の1の細さの「ナノファイバー」(ナノは10億分の1)と呼ばれる繊維素材を作り、これより少し太い合成繊維素材を組み合わせて厚さ1ミリ以下の布を開発。iPS細胞を接着させた布(約2センチ四方)60枚で培養した結果、1週間で従来の培養法より約10倍増えたといいます。
 京都大学の亀井謙一郎・特定准教授(幹細胞工学)は、「布は安価に製造できる。培養期間を5~10分の1に短縮でき、培養コストも5分の1以下にできる可能性がある。今後、素材の面積を大きくするなどして、実用化につなげたい」と話しています。

 2017年2月9日(木)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■がん免疫治療薬「キイトルーダ」、薬価は年1427万円に 2月15日から保険適用 [健康ダイジェスト]




   
 厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)は8日、アメリカの製薬大手メルクが開発したがん免疫治療薬「キイトルーダ」(一般名・ペムブロリズマブ)の保険適用を承認しました。
 皮膚がんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)と肺がんに対し、15日から保険が使えます。薬価は100ミリグラム1瓶約41万円、1日当たりでは3万9099円。仮に1年間使い続けたとすると、年1427万円に上る計算です。
 免疫の働きを利用するがん免疫治療薬の保険適用は、国内で2例目。類似作用のある先行薬である小野薬品工業の「オプジーボ」(一般名・ニボルマブ)の100ミリグラム1瓶約36万5000円を参照し、1日当たり薬価が同水準になるように決められました。
 キイトルーダは昨年9月に製造販売承認を得ていましたが、オプジーボの薬価が2月から従来の約73万円の半額に引き下げられるのを待って、ようやく薬価が付けられました。
 キイトルーダの薬価は、体重50キログラムの患者にオプジーボを使用した場合と同額となります。ただ、患者の体重によって投与量が異なるオプジーボに対し、キイトルーダは体重にかかわらず投与量は同じですみます。このため、例えば体重60キログラムの肺がん患者がオプジーボを使うと年約1700万円かかりますが、キイトルーダは約1400万円ですみます。
 逆に、オプジーボは体重40キログラムの肺がん患者なら1100万円と、キイトルーダより安くなります。日本人の平均体重は50キログラムを超えるため、キイトルーダのほうが安くすむケースが多くなりそうです。
 メルクの日本法人日本法人であるMSDは、キイトルーダがオプジーボよりも有用性が高いとして厚労省に薬価の加算を求めていましたが、これは却下されました。
 MSDは、ピーク時の売上高を年544億円、使用患者数を年7300人と予測しています。仮に使用実績が上振れした場合は現行ルール上、薬価を大幅に引き下げることが、中央社会保険医療協議会で確認されました。

 2017年2月9日(木)
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康