So-net無料ブログ作成

■セックスレス夫婦、過去最高の47・2% 家族計画協会が調査 [健康ダイジェスト]




   
 配偶者がいても性交渉が1カ月以上ない、いわゆるセックスレス夫婦の増加傾向が続いていることが、一般社団法人・日本家族計画協会が10日に発表した「男女の生活と意識に関する調査」で明らかになりました。
 2016年は過去最多の半数近くに上り、専門家は「特に男性で、仕事の疲れが影響している」と分析しています。
 調査は2002年から1年おきで8回目。2016年10~11月、無作為抽出した16~49歳の男女3000人を対象に調査票を手渡す方法で実施し、1263人から回答を得ました。有効回答率は46・8%。
 その結果、セックスレスの夫婦は2004年の31・9%から増加が続き、2016年は前回調査の2014年を2・6ポイント上回る過去最高の47・2%でした。
 男女別では男性47・3%、女性47・1%と差はなく、年齢別では男女とも45~49歳が最も高くなりました。
 「セックスに積極的になれない理由」を尋ねると、男性では「仕事で疲れている」(35・2%)、「家族(肉親)のように思えるから」(12・8%)、「出産後何となく」(12%)の順で多くなりました。一方、女性では「面倒くさい」(22・3%)、「出産後何となく」(20・1%)、「仕事で疲れている」(17・4%)の順でした。
 男性のセックスレスの理由1位の「仕事で疲れている」は、前回調査の2014年の21・3%から急増し、13・9ポイント上昇しました。
 18~34歳の未婚男女では、男性の42%、女性の46%が、性交渉経験がないと回答しました。
 医師の北村邦夫・日本家族計画協会理事長は、「共働き世帯の増加などの要因が背景にあるのかもしれないが、男性の『仕事で疲れている』が3割を超えたのは初めて。労働時間の見直しだけでなく、仕事の在り方を含めた見直しも必要だろう」と話しています。

 2017年2月10日(金)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■C型肝炎の治療後に肝臓がんになるリスク高める遺伝子特定 名古屋市立大学など [健康ダイジェスト]




   
 「TLL1」という遺伝子に変異があると、C型肝炎の治療後に肝臓がんになるリスクが2・37倍になることを、名古屋市立大学や東京大学などの研究チームが8日までに突き止め、アメリカの学会誌「ガストロエンテロロジー」(電子版)に発表しました。
 リスクの高い患者を絞り込んで、がんの早期発見や治療につながると期待されます。
 C型肝炎はC型肝炎ウイルスの感染によって発症し、悪化すると肝硬変や肝臓がんになります。研究チームによると、国内には150万人の患者がいるとされ、薬剤でウイルスを体内から取り除く治療後も、一部の人は肝臓がんになることが知られ、リスクの高い患者を見分けるのが課題となっていました。
 研究チームは、C型肝炎の治療後にがんになった253人を含む患者942人の遺伝子を解析。その結果、TLL1に変異があるとがんになるリスクが2・37倍高まり、高齢の人ではリスクがさらに高まりました。
 肝臓は過食や炎症などの刺激でコラーゲン線維を作り、線維が蓄積するとがんになりやすくなります。人間の細胞やラットを使った実験から、TLL1が線維の生成に深くかかわわっていることも明らかになりました。
 名古屋市立大学の田中靖人教授(ウイルス学・肝臓学)は、「C型肝炎ウイルスを排除できた患者は年々増えている。肝臓がんになりやすい人がわかれば、医師も患者もより注意深く経過をみていくことができる。TLL1は糖尿病など他の疾患が原因の肝臓がんにも関係しているかもしれない。メカニズム解明や治療法の開発につなげたい」と話しています。

 2017年2月10日(金)
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康