So-net無料ブログ作成

■目の難病、人工網膜で視力回復に光 大阪大、2021年をめどに実用化 [健康ダイジェスト]




    
 遺伝性の目の難病「網膜色素変性症」で失明した患者に電子機器の「人工網膜」を植え込み、視力を回復させる研究が、大阪大学の不二門尚(ふじかど・たかし)教授(医用工学)らによって進められています。
 すでに臨床研究として失明患者への手術を実施し、効果を確認。来年度に本格的な臨床試験(治験)を申請し、医療機器として2021年の承認取得を目指します。
 網膜色素変性症は、日本人のおよそ3000人に1人の割合で起こるといわれ、患者は少なくとも約2万2000人。遺伝子の変異が原因で、一般的に幼年期から思春期ごろ両眼性に発症します。
 初期は、夜間や暗い場所での視力、視野が著しく衰え、目がよく見えなくなる夜盲、俗に呼ばれる鳥目が主です。進行はゆっくりですが、40〜50歳ごろになると、視野狭窄(きょうさく)が顕著なため、竹の筒から外を見るような感じになり、一人で歩くことが困難になり、失明の原因にもなります。
 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いた再生医療も検討されていますが、現時点では根治する手立てがありません。
 患者に植え込む人工網膜は、主に電荷結合素子(CCD)カメラ付きの眼鏡、カメラの画像情報を受け取り送信する電子機器、そして画像情報を電気信号で再現する5ミリ四方の電極チップで構成されています。電子機器は側頭部、電極チップは眼球後部にそれぞれ手術で装着し、電子機器と電極チップをケーブルでつなぎます。
 使用の際は、側頭部の外側に出た電子機器と、眼鏡フレームとをケーブルで接続します。カメラのスイッチを入れると、画像情報が眼鏡のフレームから首からぶら下げた電子機器を介して電極チップに届く仕組み。
 電極チップは視細胞のような役割を果たし、視神経を通して脳に視覚情報を伝え、脳内で白黒の画像が再現され、物体は黒い背景に白い点の集合体として認知されます。
 不二門教授は、「現在はボヤッと見える程度。改良しても、視力0・1程度、視野は15度までが理論的な限界」としています。
 それでも、2014~2015年に実施した失明患者3人を対象とした臨床研究では、2人が床の白線に沿って真っすぐ歩いたり、テーブルにある箸(はし)と茶わんを見分けたりする能力が向上しました。
 人工網膜のスイッチを切った場合でも、ある程度視力が回復したという患者もいました。電気刺激を受け、残っていた視細胞などが活性化し、裸眼の視力が上がった可能性があるといいます。
 本格的な治験は、失明した網膜色素変性症の患者6人を対象に2018年から実施する方針。不二門教授は、「有効性を詳しく確認し、将来的には日常生活で自立した生活ができる人工網膜技術を確立したい」と話しています。
 電極チップを目に植え込む人工網膜の開発は、アメリカやドイツが先行しており、すでに治験まで進み、一定の視力回復効果が確認されています。

 2017年2月14日(火)

■妊娠中のうつ症状、大豆と魚とヨーグルトで抑制 愛媛大が調査 [健康ダイジェスト]




    
 大豆製品や魚介類、ヨーグルトを多く食べた妊婦は、少ない妊婦に比べ、妊娠中にうつ症状になる割合が6~7割に抑えられることが、愛媛大の三宅吉博教授(疫学)らの研究で明らかになりました。
 一方、牛肉や豚肉などに含まれる飽和脂肪酸の摂取量が多い妊婦は、うつ症状になりやすい傾向がみられました。三宅教授は、「妊婦のうつ症状の予防につなげたい」と話しています。
 2007年4月から1年間、九州地方と沖縄県の産婦人科に協力を求め、妊婦約1700人にアンケートを実施。肉や魚、豆腐、ヨーグルトなど約150種類の食品の摂取量や精神状態などを聞きました。
 食品の種類ごとに、摂取量を4グループに分類して、うつ症状との関連を解析。豆腐、納豆など大豆製品の摂取量が最も多かったグループは、最も少なかったグループに比べ、うつ症状を抱えている妊婦の割合が6割に抑えられていました。魚介類でも6割、ヨーグルトでは7割でした。
 逆に、牛肉や豚肉に多く含まれる飽和脂肪酸の摂取量で見ると、最多のグループが最少のグループの1・7倍となっていました。
 牛乳では、妊婦のうつ症状との関連性はみられませんでした。ただ、出産4カ月後の追跡調査では、妊娠中に牛乳を多く飲んだ人はあまり飲まなかった人に比べ、産後うつの発症割合が下がる傾向がみられました。
 女性は、出産前後や閉経期の卵巣ホルモンが大きく変動する時期に、うつ症状を発症しやすくなります。
 食品が精神に与える影響を研究している国立精神・神経医療研究センター疾病研究第三部の 功刀(くぬぎ)浩部長は、「一般的に、女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ているイソフラボンなどが豊富な大豆製品はうつの予防に効果があるとされ、今回の成果もうなずける」と話しています。

 2017年2月14日(火)

■聖マリアンナ医大 、6件の臨床研究に不備 神経精神科に中止を勧告へ [健康ダイジェスト]




    
 川崎市にある聖マリアンナ医科大学は、精神疾患の患者を対象にした臨床研究6件について計画の手順を守らないなどの不備が見付かったとして、研究を中止するよう付属病院の准教授らに勧告することを決め、関係者の処分を検討することになりました。
 大学によりますと、中止の勧告を決めたのは神経精神科の准教授2人と講師1人が進めていた合わせて6件の臨床研究です。
 大学では、不正の疑いがあるという患者の訴えなどを受けて、外部の専門家を含めた調査委員会を立ち上げ、3人がかかわっていた計22件の臨床研究について調べました。
 その結果、7件の臨床研究で、計画では薬の効果の比較が的確にできるよう患者を無作為に2つのグループに分けることになっていたのに、実際には意図的に割り振っていたことがわかったということです。これでは、よく回復しそうな患者ばかりを、効果を得たい薬に集中的に割り振ることもできるので、公正な比較試験になりません。さらに、このうちの1件では、一部の患者に同意を取っていなかったこともわかりました。
 大学では、問題が見付かった7件の臨床研究のうち、まだ進行中の6件の臨床研究について中止の勧告を決めるとともに関係者の処分を検討するということです。
 また、聖マリアンナ医科大学附属病院では2015年、重い精神障害がある患者について強制的な入院が必要かどうかなどを判定する精神保健指定医資格を不正に取得したり、それにかかわったりしたとして合わせて医師23人が資格を取り消されています。
 厚生労働省の指示を受けて大学は、これらの医師が担当した臨床研究に不正がなかったか、外部有識者を交えた調査委員会を設置して調べていました。調査委員会の報告書を近く公表する予定。

 2017年2月14日(火)