So-net無料ブログ作成

■用語 心臓突然死 [用語(さ行)]





[位置情報]心臓疾患による予期しない突然の病死
 心臓突然死とは、心臓疾患による予期しない突然の病死のことであり、症状が出現してから死亡するまでの時間が24時間以内のものを指します。
 突然死は、予期しない突然の病死全体のことであり、症状が出現してから死亡するまでの時間が24時間以内の内因死を指します。けがや交通事故などの外因死は除きます。日本では年間約10万人の突然死があり、就寝中が最も多く、次いで入浴中、休養・休憩中、排便中に多く起こっています。
 年間約10万人の突然死があるうち、約6万人が心臓の異常が原因となる心臓突然死です。この心臓疾患による突然死は頻度が最も高く、症状出現から死亡までの時間が1時間以内となることもあり、ほかの突然死と区別して心臓突然死と呼びます。心臓疾患に次いで脳血管系疾患、呼吸器疾患、消化器疾患などが、突然死の原因として続きます。
 心臓突然死を引き起こし得る代表的な疾患としては、心筋梗塞(こうそく)、拡張型心筋症、肥大型心筋症、QT延長症候群、ブルガダ症候群が挙げられます。
 心筋梗塞は、心臓突然死の中で最も多い原因となる疾患です。心臓に栄養を送る冠動脈と呼ばれる血管の通り道が狭くなったり、閉塞(へいそく)したりすることで、その血管が栄養を送る領域の心筋が壊死(えし)してしまいます。
 心筋梗塞によって壊死した心筋が運悪く破裂すると、心破裂と呼ばれる状態になり、ほとんどの場合、救命できません。
 心筋梗塞で突然死してしまう最大の原因は、心室細動と呼ばれる不整脈です。これは、血管の梗塞部位や範囲にかかわらず、心筋梗塞発症から数時間以内に起こり得ます。心臓で血液を送り出している心室が小刻みに不規則に震える細動を伴って、全身に血液を送ることができなくなってしまうため、突然死してしまうのです。
 拡張型心筋症は、多くの場合、原因は不明なのですが、心臓の内腔(ないくう)が大きく拡張し、心筋の収縮能力が著しく低下して、全身に十分な血液を送れなくなる心不全に陥ってしまう疾患です。30~40歳代と中年男性に多くみられ、家族性と認められる場合が20%ほどあります。
 症状としては、動悸(どうき)、息切れ、呼吸困難などがあります。突然死の原因としては、心筋梗塞と同様、心室細動が主です。家族や親族の中に、若年で突然死や心不全を起こした人がいる場合、この疾患の可能性があるので、注意が必要です。
 肥大型心筋症は、心筋が肥大して心臓の内腔が狭くなり、心臓を十分拡張させることができず、全身に十分血液を送れなくなる疾患です。この疾患の約50%は、家族性です。症状は、軽いものから重いものまでさまざまです。
 突然死は、軽症を含むどの段階からも発生します。「失神を繰り返す」、「家族の中に突然死した人がいる」、「30歳未満で肥大型心筋症を発症した」場合は、激しい運動をすると危険な不整脈が出現して突然死につながってしまうこともあるため、注意が必要です。
 QT延長症候群は、心電図上QTと呼ばれる部分が正常よりも延長しているために、心筋細胞の電気的な回復が延長することにより起こる疾患です。原因としては、遺伝子異常や、抗不整脈薬などの薬剤、血液中のミネラル異常などが挙げられます。疾患といってもそれ自体では症状はありませんが、多形性心室頻拍という特殊な不整脈を生じることがあり、この不整脈が心室細動に移行し、突然死の原因となります。
 多形性心室頻拍を起こす誘因として、水泳や目覚まし時計のアラーム、安静・睡眠などが代表的です。この疾患は基本的に無症状なので、多くは健康診断で見付かります。
 ブルガダ症候群は、若年から中年の男性に多く、また日本や東南アジアに多くみられます。原因は遺伝子異常が多く、20~30%で突然死の家族歴が認められます。普段は軽度の心電図異常しかみられず、心臓超音波検査でも心臓に異常は見当たりませんし、狭心症や心筋梗塞の兆候もありません。
 夜間の睡眠中や食後の安静時などのリラックスした状態の時に突然、心臓けいれんともいえる心室細動が出現して、何の兆候もなく失神を起こします。立っていたり、座っていると、その場に転倒します。心室細動のほかに、発作性心房細動が出現することもあり、突然死に至る場合があります。




nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■京大、iPS細胞で血液難病を治療 2019年春にも治験開始 [健康ダイジェスト]




   
 京都大学iPS細胞研究所の江藤浩之教授は2月28日、体のさまざまな組織になるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って、血が止まりにくい難病患者に輸血する臨床試験(治験)を2019年春にも始めると発表しました。
 止血に必要な血小板と呼ぶ血液の成分をiPS細胞から大量に作り、患者が出血した際に輸血して症状がひどくなるのを防ぎます。
 治験は、血液のがんといわれる白血病や骨髄異形成症候群、重い貧血の再生不良性貧血の患者を対象にします。いずれの疾患の患者も、血液成分が体内でうまく作れなくなり、いったん出血すると血が止まりにくくなっています。現在は献血によって集めた血液成分を輸血していますが、外敵から身を守る免疫の働きで4割の患者は、輸血直後に細胞が壊れてしまっています。
 計画では、京大iPS細胞研究所がこうした免疫反応を起こしにくいタイプの健康な人から作製して、再生医療用に備蓄しているiPS細胞を使います。
 江藤教授らは当初、2017年秋の治験開始を目指していました。しかし1月、同研究所が新生児の臍帯(さいたい)血から医療用のiPS細胞を作製する過程で、本来は使用しない試薬が使われていた可能性があるとして、人への使用を目的とした臨床用のものの提供を停止したため、治験の開始は1年半遅れます。
 今後は、治験に使うiPS細胞を選ぶ作業などをやり直します。江藤教授は、「遅れるのは非常に残念だが、治験を行うための技術はすでに確立しており、待っている患者さんのために当初より品質がよいものを提供したい」と話しています。
 iPS細胞の提供停止を巡っては、大阪大学などが進めている角膜を移植する臨床研究も1年程度、遅れる見通しとなっています。

 2017年3月1日(水)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■子宮頸がんワクチンの接種後に身体障害、名古屋市が初の補償 女性1人に2160万円 [健康ダイジェスト]




   
 名古屋市は、子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に体の障害を訴えた女性1人について、2160万円を支払うことを決めました。2016年度補正予算案に補償費を計上し、開会中の2月市議会に提出しました。
 この女性は2010~2011年度に、市の助成を受け任意の予防接種を3回受け、予防接種法に定める身体障害3級相当の障害が残ったといいます。このほか数人が、補償を求めているといいます。
 市が加入する全国市長会予防接種事故賠償補償保険制度を利用します。予防接種と健康被害との因果関係が認められた場合、国や製薬会社の過失の有無にかかわらず金銭的な補償をする同制度を使って、名古屋市が救済するのは初めて。市によると、広島市、宮崎市に予防接種事故賠償補償保険を適用した同様の支給例があるといいます。
 子宮頸がん予防接種については、各地で副作用の訴えが相次ぎ、市は国の通知を受けて2013年6月以降は積極的に接種を勧めていません。
 子宮頸がんワクチンを巡っては、名古屋市は2015年、ワクチンの接種後に出た全身の痛みやしびれ、記憶力の低下はワクチンによるものかどうか、全国で初めて独自に大規模調査を行いました。
 体の痛みや記憶力の低下など24の症状の有無をアンケート調査で尋ね、名古屋市内のおおむね14~21歳の女性およそ3万人から得た回答を受けて12月に、子宮頸がんワクチンを接種したグループとしなかったグループとで症状の出方に有意な差はなかったとする見解を発表しました。
 しかし、2016年6月27日に出した最終報告書では、先の見解を事実上撤回して調査の生データを示すにとどまり、今後、データの分析は行わない方針であることを表明しました。データの分析方法に、市民団体などから疑問の声が寄せられたためとしています。
 その際の会見で河村たかし市長は、「名古屋の中だけで判断、分析し、医学的見地から因果関係がどうだというのはなかなか難しい。逃げた言い方をすれば、国がやる仕事」と述べていました。

 2017年3月1日(水)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■損傷した神経に埋め込んで手足のしびれを治療 大阪大などがビタミンB12含む繊維を開発 [健康ダイジェスト]




   
 手首やひじの神経が圧迫され、指がしびれる病気などの治療に使われるビタミンB12の一種を新開発の繊維メッシュに含ませ、患部に埋め込んで治療効果を上げる動物実験に成功したと、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)と大阪大学の研究チームが27日発表しました。
 B12の一種「メチルコバラミン」は、神経の再生を促す作用があります。大阪大学大学院医学系研究科の田中啓之助教(整形外科)は、「飲み薬や注射では効果が薄い。患部付近でメチルコバラミンを徐々に放出し、高濃度の状態を数カ月間維持できれば、治療効果が上がる」と説明しています。
 この繊維メッシュは「ナノファイバーメッシュ」と呼ばれ、物質・材料研究機構の荏原充宏准主任研究者らが開発しました。
 体内で自然に分解するプラスチックの構造を工夫して、直径が髪の毛の約1000分の1に当たる数百ナノメートル(ナノは10億分の1)の極細の繊維を作製し、メチルコバラミンを含ませて柔軟なメッシュに加工しました。ラットを使った実験では、座骨神経が損傷した部分の周囲に繊維メッシュを埋め込んで、6週間後に運動機能や感覚を調べたところ、正常なラットと同程度まで回復したといいます。
 田中助教によると、埋め込む繊維メッシュは2センチ角程度でよく、神経の修復後は自然に分解するといいます。
 手首の神経が圧迫される「手根管症候群」や、ひじの神経が圧迫される「肘部管症候群」など、中年以上の患者が多く指がしびれてうまく動かせなくなる圧迫による神経損傷に有効と考えられ、研究チームでは製薬会社とともに、2年後の臨床研究開始を目指すといいます。
 この研究成果は、生体材料科学の国際誌の2017年4月号にオンライン掲載されました。

 2017年3月1日(水)
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康