So-net無料ブログ作成

■ピロリ菌の自治体検診と除菌治療、中高生にも拡大 将来的な胃がんを予防 [健康ダイジェスト]




    
 将来の胃がん予防のため、中高生を対象にピロリ菌の検診、除菌治療に乗り出す自治体が出てきました。
 専門家は除菌治療が胃がん予防につながる意義を強調しつつ、除菌治療に伴う副作用への対処を始め、より安全な実施方法の検討などを進める必要があると指摘しています。
 佐賀県が2016年度から全国の都道府県で初めて中学生への検診事業を始め、鹿児島県も2017年度から高校生を対象に計画しているほか、大分県内や北海道内などの自治体でも実施中や計画中のところがあります。
 佐賀大学医学部附属病院(佐賀市)小児科で、ピロリ菌の検査と除菌治療に取り組む垣内俊彦医師は、「日本人の胃がんの多くはピロリ菌感染が原因とみられており、中高生への検診、除菌治療は将来的な胃がん予防の面から必要だと考えている」と説明しています。
 佐賀県は胃がんによる死亡率が全国的にみても高く、今年度、県内の中学3年生を対象に、ピロリ菌の検診、除菌治療を始めました。昨年7月に早期胃がんの手術を受けた経験を持つ山口祥義知事の肝いりで、県では胃がん予防という「子供たちの将来への贈り物」としています。
 受診は任意で、保護者の了解が得られた生徒について学校健診で採取した尿を調べ、感染の疑いがある陽性であれば検便で確定検査を行います。感染がわかった生徒は、希望すれば無料で除菌治療を受けることができます。
 除菌まで行うと1人2万円ほどかかるという費用は、県が負担します。中学3年生は体格が大人に近付き、15歳以上で成人と同じ用量で除菌薬が服用できます。
 垣内医師によると、佐賀県内の中学3年生8912人のうち、2月3日現在で6994人(78・5%)から同意が得られ検査を行いました。確定検査で感染がわかったのは、243人だったといいます。
 感染が見付かった佐賀市内のある男子生徒(15歳)は、すでに除菌治療を終了。自身も数年前に会社の健康診断でピロリ菌の感染が見付かり、除菌を行った父親(41歳)は、「早い段階で感染の有無がわかり、親の責任として治療を受けさせることができるのでありがたい」と、県の取り組みを歓迎しています。
 ピロリ菌は人間の胃にすむ細菌で、1980年代にオーストラリア人医師によって発見されました。食物などを通じて口から感染し、胃炎や胃潰瘍、胃がんを引き起こす原因となります。除菌には、抗生物質2種類と胃酸を抑える薬を約1週間服用します。
 中高生へのピロリ菌の検診は、北海道や秋田県、山形県、長野県、大阪府、兵庫県、岡山県などの自治体で実施されるなど近年拡大しています。
 世界保健機関(WHO)が2014年の報告書で、胃がんの約8割はピロリ菌の感染が原因であると発表。ほとんどが5歳までに感染し、若いうちに除菌を行うことが効果的とされることや、感染者数の減少、がん教育につながる面などが背景にあるとみられます。
 中でも北海道は北海道大学によるピロリ菌研究が盛んなことを背景に、北海道庁の2016年末時点の調べでは37自治体が実施、8自治体が実施予定で、道内の約4分の1に拡大しています。
 九州では大分県別府市が2016年度から中学2年生を対象に検査、除菌の助成事業を始めました。同市が行っている任意の生活習慣病予防検診で、ピロリ菌検査も希望すれば受けられるようにしました。また、同県臼杵市も2017年度から中学2年生を対象に、導入を検討しています。
 鹿児島県も2017年度から、高校1年生約1万6000人を対象に計画。保護者の同意を得た生徒について調べます。予算案に約3900万円を盛り込みました。
 厚労省研究班で調査を行った兵庫医科大ささやま医療センター(兵庫県篠山市)の奥田真珠美教授は、「中学生の感染率は5%前後で、自治体の予算や医療機関の体制の面でも受け入れ可能だと思われる。除菌治療に伴う下痢などの副作用の対処を始め、より安全な実施方法の検討などを進める必要がある」としています。
 一方、ピロリ菌感染者が必ずしも将来、胃がんになるわけではなく、若い世代への除菌が胃がんを減らす効果はまだ実証されていません。また、除菌薬には下痢や味覚異常などの副作用が報告されており、胃炎などの症状が出ていない段階での除菌には慎重な見方もあります。
 国立がん研究センターの斎藤博・検診研究部長は、「除菌する人が増えれば、確率的には重い副作用を発症する人も出てくる可能性が否定できない。感染しているが無症状の健康な人への積極的な除菌が、無用な害を与える恐れがある」と指摘しています。
 佐賀県では今のところ大きな副作用の報告はないといいますが、除菌する医療機関を24時間対応可能な県内23施設に絞り、異常があれば施設へ問い合わせするよう呼び掛けています。

 2017年3月6日(月)
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■喫煙が原因の肺疾患、運動で予防 大阪市立大、ホルモンが作用 [健康ダイジェスト]




    
 主に喫煙が原因で肺機能が低下し呼吸が困難になる慢性閉塞性肺疾患(COPD)が、運動をした際に分泌されるホルモンの働きで予防できることがわかったと大阪市立大学の研究チームが6日、国際専門誌電子版に発表しました。
 運動を取り入れた予防法や、このホルモンを利用した治療薬の開発につながる可能性があるといいます。
 研究チームによると、COPDはたばこの煙によって、酸素を取り込んだりする肺胞の破壊や、気道の炎症が生じ、息切れやせきが起こります。世界的には、がんや心疾患などに次ぐ死因の4位で、2020年には第3位になると予測されており、国内の推定患者数は500万人以上とされます。
 研究チームは、運動によって骨格筋から分泌されるホルモン「アイリシン」に着目。COPDの患者40人(平均73歳)の血中アイリシン濃度や、肺の状態を調べ、濃度が高いほど肺胞の破壊が少ないことを突き止めました。
 さらに、人の肺胞上皮細胞を使った体外の実験で、アイリシンを加えると、酸化を防ぐタンパク質が増加し、たばこの煙に含まれる酸化力の強い物質による細胞死が抑えられることも判明しました。
 研究チームの浅井一久講師(呼吸器内科学)は、「COPDは息切れのため動くのが面倒になり、運動不足になって運動機能が低下し、呼吸困難がさらに悪化するという悪循環になりがちだが、体を動かせば悪化を防げる可能性が示された。研究を進め臨床応用につなげたい」と話しました。

 2017年3月6日(月)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 アダムス・ストークス症候群 [用語(あ行)]





[位置情報]不整脈などの心臓の異常により、脳への血流量が急激に減少し、脳が虚血状態に陥る症状
 アダムス・ストークス症候群とは、急に発生した不整脈などの心臓の異常により、脳への血液の供給が急激に減少したり停止して、脳が虚血状態に陥る症状。
 疾患名は、1800年代前半にアイルランドの2人の内科医、ロバート・アダムスとウイリアム・ストークスがそれぞれ、心臓の拍動がゆっくりになる徐脈に伴う失神発作の症例を報告したことに由来します。
 脳が虚血状態に陥るため、めまい、意識消失(失神)、けいれんなどを起こします。通常は数分程度で回復しますが、回復しない場合もあり、その際は死に至ることもあります。
 症状は、不整脈の種類や異常の継続時間によって異なります。  
 脳の虚血状態が非常に短時間の場合は、めまい、一瞬意識が遠のく、一瞬手足の力が入らなくなるなどの症状が生じます。心臓の異常が数秒以上続いた場合は、意識消失などの意識障害を起こし、尿失禁、全身けいれんなどの症状が生じることもあります。  
 通常は数秒から数分程度で意識が回復しますが、心臓の動きが元に戻らない場合は、死亡するケースもあります。意識が回復した場合は、アダムス・ストークス症候群とされます。死亡した場合は、心臓まひや突然死と呼ばれることになります。
 血管系統の中心器官である心臓には、4つの部屋があります。上側の右心房と左心房が、血液を受け入れる部屋です。下側の右心室と左心室が、血液を送り出す部屋です。4つの部屋がリズミカルに収縮することで、心臓は絶え間なく全身に血液を送り出すことができるのです。
 このリズムを作っているのが、心臓の上大静脈と右心房の境界あたりにある洞結節(どうけっせつ)と呼ばれる部分で、1分間に60~80回の電気刺激を発生させ、この電気刺激が右心房の壁から右心室の境界近くにある房室結節に伝達されることにより、心臓を規則正しく収縮させています。  
 洞結節で発する電気刺激の経路である刺激伝導系に障害が生じると、心臓が収縮しなくなり不整脈や心停止を来します。これにより脳に血液が送られなくなり、意識障害やけいれんなどを引き起こし、アダムス・ストークス症候群を生じます。   
 アダムス・ストークス症候群の原因は、5割から6割は刺激伝導系に障害が生じる房室ブロックによって心臓の拍動がゆっくりになる徐脈性不整脈、3割から4割が洞結節の働きが鈍くなったり心房が侵される洞不全症候群による徐脈・頻脈混合型不整脈とされ、ほかに心室頻拍や心室細動などによって心臓の拍動が速くなる頻脈性不整脈があります。
 さらに、心房粗動や心房細動でも、心房から心室への伝導が過剰に高進すると高度頻脈となり、脳の虚血に陥ります。
 アダムス・ストークス症候群は、前兆がなく突然起こるため予測や予防は困難です。最初はめまいなどの軽い症状ですぐに消失しても、数時間後、数日後に繰り返すことがあるので注意が必要で、早期に循環器科、循環器内科、心臓血管外科、心臓血管内科、不整脈科、不整脈内科など循環器専門医の診察を受けることが勧められます。
[位置情報]アダムス・ストークス症候群の検査と診断と治療 
 循環器科、循環器内科、心臓血管外科、心臓血管内科、不整脈科、不整脈内科などの医師による診断では、不整脈が起きている時に心電図検査を行うことで診断がつきます。
 循環器科、循環器内科などの医師による治療では、心臓の拍動がゆっくりになる徐脈が原因である場合は、意識消失発作の予防としてペースメーカーの埋め込み手術を行います。
 ペースメーカーは、遅くなった自分の脈の代わりに、心臓の外から電気刺激を与える装置です。この装置の埋め込み手術は、肩の皮膚の下に電気刺激を発する小さな電池と、その刺激を心臓に伝えるリード線を入れるだけですから、局所麻酔で簡単にすますことができます。
 また、心臓の拍動が速くなる心室頻拍、心室細動の再発が危ぶまれる時には、頻脈発生に際して、それを電気的に停止させる植込型除細動器(ICD)の植え込み手術を行います。
 植え込み型除細動器は通常、左の胸部に植え込みます。鎖骨下の静脈に沿ってリード線を入れ、心臓の内壁に固定します。




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康