So-net無料ブログ作成
検索選択

■花粉症を起こすマスト細胞が結核感染を防ぐ 福井大が免疫の仕組み解明 [健康ダイジェスト]




     
 福井大学医学部の研究チームは27日、花粉症などのアレルギー症状を引き起こすことで知られる免疫細胞「マスト細胞」が、結核菌の感染から体を守る働きを持っていることを突き止めたと発表しました。結核に対する新たな予防法や治療法の開発などにつながる成果といいます。
 福井大の学術研究院医学系部門の定(さだ)清直教授(ゲノム科学・微生物学)と医学部附属病院呼吸器内科の本定千知(ほんじょう・ちさと)医師らによる共同研究。論文は、イギリスの科学雑誌に4月10日付けで掲載されました。
 今回の研究では、結核菌の細胞壁の成分にマスト細胞の培養液を加えた際の反応を確認。マスト細胞が「ヒスタミン」と呼ばれる物質などを放出し、免疫機能を高めて結核菌感染を防御する働きをすることが明らかになりました。マスト細胞はもともとは寄生虫の感染を予防する働きを持っていますが、寄生虫が減った先進国では、花粉症を引き起こす厄介な存在と位置付けられていました。
 結核は世界で19億人が感染しているとされ、国内でも毎年約1万8000人が発症し、約2000人が死亡しています。福井県のまとめでは、同県内で毎年約100人が新規に発症し、死者も約10人となっています。
 研究チームはマスト細胞を研究する中で、2013年から結核菌との関係に着目し、成果につなげました。マスト細胞内のタンパク質を薬で活性化できれば、新たな結核予防法などの開発が期待できるといい、すでに国内の製薬会社から問い合わせがきているといいます。
 定教授は、「結核は世界最大の感染症の一つ。決して過去の病気ではなく、根絶に向けた新たな展開を可能にする」と話しました。
 今後は、マスト細胞が結核菌に作用するメカニズムについて研究を進める予定。

 2017年4月30日(日)
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■毎月17日は「減塩の日」 日本高血圧学会が制定を発表 [健康ダイジェスト]




     
 日本高血圧学会(伊藤貞嘉理事長)は28日、毎月17日を「減塩の日」にすると発表しました。
 日本高血圧学会などは2008年以降、世界高血圧デーの5月17日を「高血圧の日」と定め、啓発に取り組んできました。この高血圧の治療や予防に効果がある減塩を推進するために、新たに毎月17日を「減塩の日」と制定することを日本記念日協会に申請し、3月6日付で認定登録されました。
 日本高血圧学会は、「減塩の日の制定によって、高血圧患者はもとより、一般市民においても減塩に対する意識が高まり、健康寿命延伸の一助となることを期待している」とし、今後は、市民公開講座などを通じて減塩の啓発に取り組み、調理法の紹介や減塩食品売り場の設置呼び掛けなどを行っていきます。
 高血圧(140/90mmHg以上)は、日本人の3大死因のうちの2大疾患である脳卒中や心臓病など、生命にかかわる病気を引き起こす最も主要な原因となっています。しかし、高血圧はサイレント・キラーと呼ばれるように自覚症状がないために、現在、日本に約4300万人と推定されている高血圧患者のうち、実際に治療を受けているのは約1010万人(2014年)といわれています。
 1日の食塩摂取量(2015年)は、男性11・0グラム、女性9・2グラムで、日本高血圧学会が推奨する6・0グラム未満を大幅に超えています。

 2017年4月30日(日)
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■インフルエンザ患者数、前週より増加 B型が増加し再びかかる可能性も [健康ダイジェスト]




     
 厚生労働省は28日、全国約5000カ所の医療機関から17~23日に報告されたインフルエンザの患者数が1医療機関当たり4・06人となり、前週の3・98人より0・08人増加したと発表しました。
 通常はインフルエンザの流行が収まっていく時期で、前週より増えるのは珍しいこと。ただ、昨年同期の患者数は4・22人で、厚労省は「新年度に入り集団に接する機会が増えるなどして一時的に増えたとみられる。例年に比べて流行しているとはいえず、このまま終息していくだろう」としています。
 国立感染症研究所によると、17~23日に全国の医療機関を受診した患者は約20万人と推計されます。年代別では、5~9歳が最多で約4万人、次いで10~14歳が約3万人と推定され、小中学生の患者が目立ちました。都道府県別では、新潟県9・96人、沖縄県9・55人、福島県8・42人、北海道7・35人、福井県6・88人などとなっています。
 検出されたウイルスの割合は、3月ごろから多くなっていたB型がA香港型と同程度にまで増えました。インフルエンザが通常多く発生する1、2月はA型ウイルスの検出が多いものの、4月のこの時期はB型が多いとされます。
 専門家は、「この冬にA型に一度かかった人でも、B型を発症する可能性がある。引き続き手洗いうがいを徹底し、十分に休養を取ってほしい」と感染予防を呼び掛けています。
 幼稚園や小学校で学級閉鎖や休校などの措置を取ったのは510施設で、前年比345施設増。調査期間中の18日には、小学6年と中学3年を対象に2017年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が行われましたが、休校などのため実施できない学校もありました。

 2017年4月29日(土)
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■化学工場で6人が肺疾患、有機粉じん吸引が原因か 厚労省調査へ [健康ダイジェスト]




     
 厚生労働省は28日、整髪料や医薬品などの原料となる粉末状の有機化学物質を製造する化学工場で、請負業者の男性作業員6人が間質性肺炎などの肺疾患を発症したと発表しました。
 作業場で高濃度の有機粉じんが発生しており、作業員が吸引したとみられます。厚労省は今後、発症原因の究明を進めます。
 厚労省によると、化学工場が製造していたのは、アクリル酸系ポリマーの一種で、整髪料などの増粘剤として使われる粉末状の有機化学物質「架橋型アクリル酸系水溶性高分子化合物」。発症した6人は、袋詰めや運搬などを担当する請負業者の20~40歳代の男性社員で、勤務歴は1~5年。
 請負業者による2012年4月~2016年3月の健康診断で、間質性肺炎や肺気腫、気胸などの肺疾患が相次いで見付かったといいます。
 作業員にはマスクが配布されていましたが、着用が不十分だったために吸引した可能性があります。6人以外に少なくとも19人が働いており、厚労省は健康診断を実施するよう請負業者に要請しました。
 ただし、化学工場ではこの化学物質を30年以上前から製造し、これまでに問題は報告されていませんでした。厚労省は「注意喚起が目的」として、企業名や所在地を明らかにしませんでした。
 また、厚労省は化学物質の有害性は確認されていないものの、健康被害を引き起こす恐れもあるとして、問題が起きた企業を含む、同様の化学物質を製造、輸入する国内の4社に対して、作業員のマスク着用など粉じんの吸入を防ぐ対策の徹底を要請しました。

 2017年4月28日(金)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康