So-net無料ブログ作成

■電気コンセント感電注意、子供の事故が6年で30件 消費者庁が対策を呼び掛け [健康ダイジェスト]




   
 子供が家庭内の電気コンセントに金属片などを差し込んで感電し、やけどなどを負った事故が今年2月までの約6年間に約30件起きていることを3日、消費者庁が明らかにしました。
 死亡例はないものの、消費者庁は保護者に対し、専用キャップで対策を取るよう呼び掛けています。
 各地の30医療機関からの情報を分析したところ、5歳児が電気コンセントの両穴に鍵2本をそれぞれ差し込んで感電し両手指にやけどを負うなど、鍵やヘアピン、クリップの金属を差し込んだ事故が多く見受けられました。未就学児の事故が目立つといいます。
 消費者庁は専門家の見解を踏まえ、「家庭用の100Vの電圧でも子供が感電すると心臓まひを起こす恐れもある」とし、「心臓まひになったら、処置のタイムリミットは約3分とされる。保護者は念のため自治体などが行う救命講座を受けてほしい」としています。
 専用キャップは子供が誤飲しにくいデザインを選ぶなど、注意が必要です。

 2017年4月3日(月)