So-net無料ブログ作成

■男性のサービス職、がん死するリスクが最も高い職業に 管理職、農林漁業職が続く [健康ダイジェスト]




    
 勤労世代の男性の肺、胃、大腸がんによる死亡率は、飲食店員や美容師などサービス職や、企業・役所の管理職などで比較的高いとする研究結果を、北里大学の江口尚・助教、国立国際医療研究センターの和田耕治医師(いずれも産業保健学)らがまとめました。
 これらのがんは男性のがん死原因の1~3位で、国が推奨する有効な検診があります。江口助教は、「死亡率が高いとされた職業では特に、雇用者や業界団体が検診を受けやすい体制を整え、職場環境を見直すなどの対策に力を入れるべきだ」と話しています。
 研究は、厚生労働省による人口動態職業・産業別統計のデータ(2010年)を利用し、25~64歳の男性の死因と、死亡時の職業を解析しました。
 その結果、健康管理が比較的進んでいるとされる工場労働者ら「生産工程職」に比べ、飲食店員や美容師、介護職員、看護助手、旅行ガイドなどの「サービス職」では3種のがんの死亡率は3~4倍、「管理職」は2~3倍。「農林漁業職」のほか、ITや医療関係などを含む「専門技術職」も約2倍と高くなりました。
 江口助教によると、これらの職業で死亡率が高い原因は、いくつか推定できます。例えば、夜間のシフト制勤務は過去の研究でがん発症との関係が指摘されており、飲食関係などでは夜間勤務が多い業態も珍しくありません。
 管理職は1人当たりの部下が増え、現場と管理を両方任される「プレーイングマネジャー」化が進みストレスが高まっており、農林漁業職では個人事業主が多く、大企業のように健康管理が行き届かないなど、職業に固有の事情がありそうだといいます。

 2017年4月19日(水)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■線虫による自動がん検査装置、日立が量産へ 2019年めどに実用化 [健康ダイジェスト]




    
 線虫と呼ばれる小さな生物が、人の尿の成分の臭いを嗅ぎ分けて、がんを早期に発見するという研究を、大手電機メーカーの日立製作所とベンチャー企業が共同で進めることになり、2年後の実用化を目指します。
 日立製作所は、がんの早期発見に向けた研究をしている九州大学の広津崇亮助教が立ち上げたベンチャー企業「HIROTSU(ヒロツ)バイオサイエンス」と共同研究を進めることになりました。
 線虫と呼ばれる体長1ミリ程度の小さな生物が、犬を超える嗅覚を持つという特性を生かして、人の尿の成分の臭いを嗅ぎ分ける検査方法で、がんの早期発見を目指します。
 研究チームによりますと、線虫はがん患者に特有の尿の臭いに集まる習性があり、プレートに置かれた少量の尿に線虫が、どれくらい集まったかを数える方法で、がんかどうかを約9割の精度で判定できるとしています。
 これまでは、人による目視で線虫を数えていましたが、日立製作所が新たに開発した装置を使うと自動化できるとしています。特殊な光を当てて線虫の集まり具合を撮影し、多く集まった箇所を白く光らせて表示することで、線虫の分布の様子が一目でわかるということです。
 両社は、病院での臨床試験を続けた上で、早ければ2年後の2019年をめどに装置の量産化を目指しており、この方法を使えば、数千円程度で体への負担が少ないがん検査ができ、早期のがんの発見にもつながると説明しています。
 日立製作所の久野範人主任研究員は、「検査の過程での線虫の状態を安定的に保つとともに、作業のスピードを上げるなどして、研究チームと協力して実用化を目指したい」と話していました。

 2017年4月19日(水)
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■iPS細胞、日本人に2番目に多い白血球型の提供始める 京都大iPS細胞研究所 [健康ダイジェスト]




    
 再生医療に使うiPS細胞(人工多能性幹細胞)を備蓄する「iPS細胞ストック事業」を展開する京都大学iPS細胞研究所は18日、日本人に2番目に多い白血球型(HLA型)の細胞の提供を始めました。
 iPS細胞からさまざまな細胞を作り患者に移植する際に、HLA型が一致していれば拒絶反応が起きにくくなります。この日本人に2番目に多いHLA型の細胞は日本人の約7%をカバーでき、すでに提供している日本人に最も多いHLA型の細胞が日本人の約17%をカバーできるのと合わせて、日本人の約24%をカバーできるようになります。
 患者本人の細胞から作製したiPS細胞を移植すれば、拒絶反応はないものの、コストと時間がかかります。このため、iPS細胞研究所は他人由来の細胞を使った治療を念頭に、日本人に多いHLA型のiPS細胞の備蓄を進めており、目の難病を対象にした臨床研究も始まりました。
 2022年度末までに、日本人の大半をカバーできる備蓄体制を目指します。

 2017年4月19日(水)
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康