So-net無料ブログ作成
検索選択

■今年初めて黄砂を観測、今夜からは広範囲に飛来か 気象庁が車の運転に注意を呼び掛け [健康ダイジェスト]





 大陸からの西寄りの風が強まっている影響で、西日本の広い範囲で、今年初めての黄砂が観測されました。
 1967年の統計開始以来、最も遅い記録といいます。これまでに最も遅かったのは1972年の4月16日で、初観測が5月になったのは初めて。昨年は4月9日に、青森市などの4地点で観測されました。
 6日夜から7日にかけては西日本から北日本の広い範囲で黄砂が観測されると予想されており、気象庁は視界が悪い中での車の運転などに注意を呼び掛けています。
 気象庁によりますと、大陸にある低気圧の影響で西寄りの風が強まっているため、中国の内モンゴル自治区の砂漠地帯で巻き上げられた黄砂が日本付近に流れてきています。
 このため、6日午前10時ごろに、松江市で全国で今年初めてとなる黄砂が観測されたほか、午後に入って、広島市や福岡市、神戸市など中国地方や九州地方を中心に、西日本の広い範囲で観測されました。
 気象庁によりますと、この後も西寄りの風が続くため、6日夜から7日にかけては西日本から北日本の広い範囲で黄砂が観測される見込みです。
 視界は10キロを下回り、5キロ未満となるところもある見込み。気象庁は、車の運転や洗濯物などの汚れなどに注意するよう呼び掛けています。

 2017年5月6日(土)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■東京都が作成したヘルプマーク、JIS登録へ 義足、内部障害、妊娠初期など対象 [健康ダイジェスト]





 外見からでは障害があるとわかりづらい人が周囲から手助けを得られやすいよう東京都が作った「ヘルプマーク」のデザインが、7月に日本工業規格(JIS)に登録される見込みとなりました。
 障害者のためのマークにはさまざまな種類がありますが、統一化が進むことで全国的な広がりが期待されます。
 ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している人、内部障害や難病の人、または妊娠初期の人など、外見からわからなくても援助や配慮を必要としている人々が、周囲の人に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成されたマークです。マークは、赤地に白色の十字とハート形がデザインされています。
 2012年、東京都が足に人工股関節を入れている都議の提案で、樹脂製のカードを作成。裏面には、障害の内容や必要な助けなどを記入したシールを貼り、かばんなどに付けられます。
 東京都福祉保健局は、ヘルプマークを身に着けた人を見掛けた場合は、周囲の人が電車やバス内で席を譲る、困っているようであれば声を掛けるなど、思いやりのある行動を示すよう呼び掛けています。

 2017年5月6日(土)
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康