So-net無料ブログ作成
検索選択

■国内初、小児がんにオプジーボを使う治験開始 国立がん研究センター [健康ダイジェスト]





 国立がん研究センター中央病院は10日、小児や若い世代のがん患者を対象に、新しいタイプのがん免疫治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)を使った医師主導の臨床試験(治験)を始めると発表しました。
 小児や若い世代のがんを対象としたオプジーボの治験は、国内初となります。
 乳幼児から思春期の若者の患者26人について、2年ほどかけて必要な投与量と安全性などを確かめます。その後、効果を調べる治験に移る予定。
 オプジーボはがん細胞によって弱められた、患者の免疫細胞の攻撃力を高めてがんを治すタイプのがん治療薬で、大人の患者に対しては、皮膚がんや肺がん、悪性リンパ腫など複数のがん治療に使われ、一部の患者に優れた効果があります。高額な治療薬ですが、小児や中高生でも安全性と効果を確認できれば、小児がん治療の有望な薬となる可能性があります。
 小児がんは子供がかかるがんの総称で、毎年2000~3000人の子供が発症するとされます。希少な疾患が多く発症患者を集めにくいため、がんの種類ごとに抗がん剤を開発しにくいのが問題となっています。
 対象の病気は、子供に多い神経芽腫などの固形がんのほか、血液のがんの一種である悪性リンパ腫で、有効な治療法がない患者にオプジーボを投与します。
 国立がん研究センターの小川千登世・小児腫瘍科長は、「成人で有効な薬を、小児でも一日も早く使えるようにしたい」と話しています。

 2017年5月12日(金)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■1歳女児への脳死両肺移植が終了 岡山大学病院、国内最年少の患者 [健康ダイジェスト]





 岡山大学病院(岡山市北区)で11日、肺の血管が狭まって心機能が低下する肺高血圧症を患う1歳女児への脳死両肺移植が行われ、無事終了しました。順調なら約2カ月で退院できる見込み。
 病院によると、生体間を含めて国内最年少の肺移植患者となります。
 臓器提供者(ドナー)は、広島県内の病院に小脳出血で入院し、10日に脳死判定された6歳未満の男児。手術は執刀医の大藤剛宏・臓器移植医療センター教授ら約20人のチームで11日朝に開始しました。技術的に難度が高いとされる未発達の血管や気管支の切開、吻合(ふんごう)などが慎重に進められ、約6時間半後の午後3時34分に終了しました。
 大藤教授は記者会見で、「手術は100パーセント成功した。ドナーの遺族の尊い気持ちを患者につなぐことができてほっとした」と語りました。
 女児の父親は手術後に、「(男児の)両親には大変感謝しています。いただいた肺は娘と一緒に生きていってくれると思います」とのコメントを出しました。
 肺高血圧症は、肺の血管が細くなり、肺に送る血液の圧が高くなります。肺動脈圧の高い状態が続くと心臓に負担がかかり、機能が低下して心不全になります。
 女児は生後間もなく呼吸状態が悪化したため、九州大学病院に入院し集中治療室に入りました。肺高血圧症が疑われ、薬物療法や人工呼吸器を用いるなどしたものの改善せず、今年2月に日本臓器移植ネットワークに登録して待機していました。大藤教授の診察を受けており、移植手術が決まった後、岡山大学病院に転院しました。
 15歳未満の脳死の子供からの臓器提供を可能にした2010年の改正臓器移植法施行後、6歳未満の脳死は7例目で、10歳未満の患者への肺移植は5例目。
 肺移植患者のこれまでの最年少は、岡山大学病院で2014年9月に生体移植を受けた2歳男児でした。同病院での脳死肺移植は82例目で、生体と合わせ166例目。

 2017年5月12日(金)
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康