So-net無料ブログ作成
検索選択

■トクホ、有効成分の不足また判明 大正製薬などの粉末緑茶2商品 [健康ダイジェスト]





 消費者庁は17日、緑茶の粉末清涼飲料の2商品について、特定保健用食品(トクホ)の効果にかかわる有効成分が規定量を下回っていたと公表しました。
 健康被害は確認されていないといいます。製造元などは同日から、自主回収を始めました。
 消費者庁によると、2商品は大正製薬(東京都豊島区)の「ドゥファイバー粉末スティック〈グアーガム〉」と、通販サイトの佐藤園(静岡市葵区)の「緑の促茶(そくちゃ)」。いずれも佐藤園が製造しており、成分は同じ。
 食物繊維が便通を改善するとして、2010年にトクホの認可を受けました。消費者庁が昨年9月に2商品を買い上げて成分を分析したところ、1袋4グラムのうち、2・6グラムに食物繊維の成分が入っていると記載していましたが、実際は2割分が不足しており、別のメーカーから仕入れた原材料の時点で規定量が不足していたといいます。
 佐藤園によると、2商品の回収対象は2016年3月以降に製造された約2万4000箱(1箱120グラム)。消費者庁は、改善されればトクホの認可を取り消さない方針。大正製薬は、販売を中止する予定といいます。
 トクホを巡っては、昨年、通販会社の日本サプリメント(大阪市北区)が販売していた粉末清涼飲料「ペプチド茶」など6商品の有効成分不足が発覚。消費者庁は再発防止策として、商品の一部を店頭で買い上げて成分を調べる抜き打ち調査を導入したほか、メーカー側に年1回、トクホ商品の成分分析結果を提出させるようにしました。
 トクホは現在、1123商品が許可、承認されています。
 佐藤園は「原料の成分分析を厳格に行い、再発を防止する」、大正製薬は「原因を確認中なので、コメントできない」としています。

 2017年5月18日(木)
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■めん類が食塩摂取量ランキングでツートップに 国立研究開発法人が公表 [健康ダイジェスト]





 国立研究開発法人の医薬基盤・健康・栄養研究所は17日、日本人が食塩を多く摂取している食品のランキングを公表しました。1位はカップめんで、1日当たり5・5グラムの食塩を摂取していました。
 食塩の過剰摂取は、高血圧につながる恐れがあります。研究担当者は、「上位の食品を食べすぎないようランキングを活用してほしい」と呼び掛けています。
 医薬基盤・健康・栄養研究所は、厚生労働省の国民健康・栄養調査(2012年)のデータを活用してランキングを作成し、日本高血圧学会などが定めた「高血圧の日」(5月17日)、「減塩の日」(毎月17日)に合わせて公表しました。
 1位のカップめんに続く2位はインスタントラーメンで、1日当たり5・4グラムの食塩を摂取していました。いずれもスープを飲み干した場合の数値。
 3位は梅干し、4位は高菜の漬物、5位はキュウリの漬物、6位は辛子めんたいこ、7位は塩さば、8位は白菜の漬け物、9位はマアジの開き干し、10位は塩ざけでした。
 厚労省の日本人の食事摂取基準では、食塩摂取量の目標値として、男性は1日当たり8グラム未満、女性は同7グラム未満としています。

 2017年5月18日(木)
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■せき止め成分「コデイン」を含む薬、小児への使用制限へ 副作用で呼吸困難24件 [健康ダイジェスト]





 厚生労働省は16日、100万人規模の患者情報を登録した医療情報データベースで、せき止め作用のある成分「コデイン」が含まれる医薬品の使用状況を調べた結果、呼吸困難の副作用が疑われるケースが24件あったと発表しました。
 厚労省は6月にも有識者会議を開いて、副作用の頻度が多いと考えられる小児への使用を制限するよう製薬会社に添付文書の改訂などを指示することを決める方針。
 コデインはモルヒネに似た、せき止め作用のある成分で、医師による処方箋が必要な医療用医薬品で約60製品、市販薬では風邪薬など約600の製品で使われています。添付文書で、小児に対し慎重に投与するよう求めていました。
 特に小児でごくまれに、重篤な呼吸困難になる副作用が生じる恐れがあり、欧米など海外の一部では12歳未満への処方が禁じられています。
 医療情報データベースによると、2009~2015年に協力病院を受診した約98万人のうち約7300人にコデインが処方され、0・3%に当たる24人に副作用が疑われる呼吸困難の症状が出ていました。

 2017年5月18日(木)
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康