So-net無料ブログ作成

■アレルギー疾患の拠点病院を各都道府県に選定 厚労省が方針 [健康ダイジェスト]



   
 厚生労働省は1日、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の患者がどこに住んでいても適切な治療を受けられるよう、各都道府県に1~2カ所程度の拠点病院を選ぶとしたアレルギー医療に関する報告書案をまとめました。
 アトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性気管支ぜん息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患は、国民の約半数がかかっているといわれる国民病です。その一方で、医療施設や地域によって診断や治療方法に差があり、適切な治療を受ければ支障なく日常生活を送れるものが、誤った治療で状態が悪化するケースがあり問題になっています。
 拠点病院は、かかりつけ医となる診療所や一般病院と連携し、患者の紹介や情報提供を行います。報告書は6月末にまとめて、都道府県に通知し、拠点病院は来年度から整備される見通し。
 報告書案によると、拠点病院は標準的な診断や治療では病態が安定しない重症患者、難治性患者に対し、複数の診療科が連携して診断や治療、管理に当たるほか、医療従事者の人材育成、研究の推進を担います。
 この拠点病院に求められる要件として、内科や小児科、耳鼻科、眼科、皮膚科の専門医やアレルギー専門医が常勤していることが望ましいとしました。ただし、一部診療科で常勤の専門医が不在なら、近隣医療機関の診療科を併せた選定を認めるなど、一定の柔軟性を持たせます。
 現在、国の中心拠点病院としては、国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)と国立病院機構相模原病院(神奈川県相模原市)があります。都道府県の拠点病院は、これらの病院とも連携し研修などを行います。

 2017年6月4日(日)
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■動力不要の健常者向け歩行支援機を発売 今仙電機製作所 [健康ダイジェスト]



   
 自動車部品メーカーの今仙電機製作所(愛知県犬山市)は1日、電気やモーターを使わず、腰と両足の膝上に固定するだけで歩くことを楽にする無動力歩行支援機「aLQ(アルク)」の販売を東京や関西、東海地域の百貨店で開始しました。
 9月からは、全国の百貨店などやインターネットでも販売します。
 障害者やリハビリ用ではなく、筋力が落ちた高齢者を中心とする健常者が日常生活で使える歩行支援器具は、世界初といいます。
 二足歩行ロボットの研究に取り組む名古屋工業大学(名古屋市)の佐野明人教授が研究する、重力をうまく活用して歩くための足の構造原理「受動歩行理論」を元に、2014年に今仙電機製作所が発売したモーターなどの動力装置を不要にした介護向けの歩行支援機「ACSIVE(アクシブ)」の技術を基に、健常者が気軽に使える仕様にしました。
 アルクは簡単に着脱できるシンプルな構造で、動力装置がないため充電の必要がなく、歩行中も静か。重さは片足380グラム、両足760グラムと軽量で、足に合わせた長さ調整機能付きのフリーサイズ。
 腰骨の横に付ける「腰ユニット」のフックをベルトに掛け、腰ユニットから伸ばしたアルミパイプの先端を太ももに固定します。歩く際に足を交互に踏み出す動作で生まれる振り子の動きに合わせて、腰ユニットに入っているバネが伸び縮みし、その反動を利用して足運びをサポートする仕組みで、歩行効率が20%向上するといいます。
 坂道や階段の上り下りの負担を減らし、高齢者らがつまずきにくくする効果があるほか、健康作りのためにハイキングやウォーキングを楽しむ若者も使えます。
 佐野教授は、「歩く原理に着目し、自動車製造の技術を応用した産学連携の製品のため、最小限の介入で歩行が支援できる。機械に歩かされている気がしない」と話しています。
 今仙電機製作所によると、アルクを着けると、歩幅が広くなったり、歩行速度が速くなったりするものの、歩行時の心拍数上昇は抑えられ、疲労が軽減するといいます。
 価格は4万6000円(税別)。2019年度に2万7000台の販売を目指します。問い合わせは、今仙電機製作所0120・80・2721へ。

 2017年6月3日(土)
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■80歳で歯が20本以上ある人、初めて5割超す 2016年、口腔ケア意識高まる [健康ダイジェスト]



  
 厚生労働省は2日、80歳で自分の歯が20本以上ある人の割合が推計で51・2%に上り、初めて2人に1人以上になったとする2016年歯科疾患実態調査の結果を公表しました。40・2%だった2011年の前回調査から10ポイント以上増えました。
 厚労省の担当者は、「歯を強くする成分を配合した歯磨き粉が増えたほか、高齢者らの口腔(こうくう)ケア意識が高まった結果ではないか」としています。
 20本は入れ歯なしにほとんどのものを食べられる目安で、厚労省は「8020運動」として、高齢者の口腔ケアを推進しています。
 調査は昨年10~11月、全国から抽出した1歳以上の男女6278人を対象に実施し、うち3820人の口の中を歯科医が診察しました。
 20本以上の歯がある人の割合は、75~79歳で8・5ポイント増の56・1%、80~84歳で15・3ポイント増の44・2%でした。80歳時点での割合は、75~84歳の結果から推計しました。
 1日の歯磨き回数は、1回が18・3%で3・6ポイント減少。一方で、2回は1・5ポイント増の49・8%、3回以上は2・1ポイント増の27・3%となり、2回以上の割合は前回より増えました。
 調査は6年ごとに実施していましたが、今回から5年ごとに変更されました

 2017年6月3日(土)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康