So-net無料ブログ作成

■急性膵炎はオートファジーが止まると発症 秋田大などが解明 [健康ダイジェスト]



   
 重症化すると死に至ることもある急性膵炎(すいえん)は、膵臓の細胞内のタンパク質をリサイクルする「オートファジー」(自食作用)という機能が止まることによって起こるとの研究結果を、秋田大学や自治医科大学などの研究チームが6日付でイギリスの科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表しました。
 急性膵炎は国内で年間約6万人が発症し、増加傾向にあります。酒の飲みすぎや胆石などが発症する大きな要因になりますが、原因が不明なものも多く、根本的な治療法はありません。研究結果は、治療法開発の手掛かりになると期待されます。
 研究チームの秋田大消化器内科の高橋健一医師らは、発症初期の膵臓において、消化液である「膵液」を分泌する細胞内に、小さな袋が数多く現れることに着目。
 マウスを使った実験で、この小さな袋はオートファジー(自食作用)の前半にできる「オートファゴソーム」と呼ばれるもので、「Rab7」という遺伝子の機能不全のため、オートファジーが次の段階に進めなくなっていることを突き止めました。
 Rab7が働かないようにしたマウスに薬剤で急性膵炎を起こすと、本来膵臓ではほとんどないはずの消化酵素が正常なマウスに比べて、約60倍も多くできることを確認。これが原因で、重症化することもわかりました。
 研究チームを率いる前秋田大教授の大西洋英・労働者健康安全機構理事は、「Rab7の働きを制御する薬剤は、急性膵炎の治療に使える可能性がある」と話しています。今後は、Rab7の機能不全が起こる理由などの解明を進める方針。

 2017年6月7日(水)
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■プール熱の患者、過去10年で最多 国立感染症研究所が集計 [健康ダイジェスト]



   
 子供に多い感染症「咽頭結膜熱」(プール熱)の患者が過去10年で最多となっていることが6日、国立感染症研究所の集計で明らかになりました。
 重症化することはまれながら、感染力が強いため、厚生労働省は「手洗いや目をこすらないなどの予防策をしっかりとってほしい」としています。
 国立感染症研究所によると、全国3000カ所の小児科医療機関から5月22日から28日までに報告された1医療機関当たりの患者数は0・91人で、前週の0・65人より4割増えました。昨年の同時期より0・18人多く、過去10年の同時期と比較して最多となっています。
 都道府県別では、鹿児島県が1・85人で最多となり、北海道1・84人、山梨県1・83人、奈良県1・59人、岩手県1・51人の順でした。
 東京都府中市の崎山小児科でも、例年と同じように咽頭結膜熱の患者が増えています。崎山弘院長は「昔はのどや目の症状から咽頭結膜熱と判断したが、最近はウイルス感染を迅速に検査できるようになり、報告数が増えている可能性もある」と指摘。せきやくしゃみなどのしぶきのほか、目やになどからも感染するため、手洗いの徹底やタオルを共有しないなどの対策を呼び掛けています。
 咽頭結膜熱は、夏風邪の原因として知られるアデノウイルスによる子供の代表的な急性感染症。発熱やのどの痛み、頭痛、だるさなどが主な症状で、目の充血や痛みなどを伴うことも多くみられます。ワクチンや治療薬はなく、乳幼児や高齢者ではまれに重症化することもあります。プールでの感染が多いことからプール熱と呼ばれ主に夏に流行しましたが、最近は年間を通じて流行しています。

 2017年6月7日(水)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■熱中症の救急搬送者、1週間で1086人 昨年同期の2倍近くに上る [健康ダイジェスト]



   
 全国で5月29日から6月4日までの1週間に、熱中症の症状で救急搬送された人が1086人いたことが6日、総務省消防庁がまとめた速報値で明らかになりました。
 昨年の同時期の560人と比べて2倍近くに上る搬送者数で、都道府県別では東京都が最多でした。
 消防庁によると、この1週間の搬送者数は前週の745人から約46%増の1086人。
 都道府県別では、東京都が101人で最多となり、埼玉県85人、愛知県61人、福岡県55人、神奈川県と大阪府が51人、千葉県48人、兵庫県40人、京都府35人、福島県34人、岡山県33人の順でした。
 年齢別では、65歳以上の高齢者が537人で最も多く、全搬送者の半数近くを占めました。18歳以上65歳未満が333人、乳幼児を含む18歳未満が216人でした。
 初診時の傷病の程度別では、軽症が714人と6割超を占めましたが、短期の入院が必要な中等症が345人、3週間以上の入院が必要な重症も17人いました。死者はいませんでした。
 また、日付別では、島根県で35度以上の猛暑日を記録し、各地で30度以上の真夏日を記録した5月30日が318人と最も多く、ほかの日の2倍から3倍近い人が搬送されています。
 消防庁は、体がまだ暑さに慣れていない人が多く、気温が急激に上がると熱中症になる危険性が高まるとして、適切に冷房を使い、こまめに水分を補給するなど熱中症に十分注意するよう呼び掛けています。

 2017年6月7日(水)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康