So-net無料ブログ作成
検索選択

■卵アレルギー、生後6カ月から少量食べて発症予防に 日本小児アレルギー学会が提言 [健康ダイジェスト]




 小児アレルギー学会は16日、離乳食を始めるころの生後6カ月から乳児にごく少量の鶏卵を食べさせることで、卵アレルギー発症の予防になるとの提言を医療関係者向けに発表しました。
 家庭で独断で実施するのではなく、必ず専門医に相談してから始めてほしいと指摘しています。
 卵アレルギーは、乳幼児の食物アレルギーの中で最も多く、有症率は10 %といわれます。卵を口にした場合、湿疹や頭痛、呼吸困難などの症状が起きます。
 鶏卵を食べることで卵アレルギーの発症を抑える研究は、国立成育医療研究センターなどの研究チームが昨年末、生後6カ月の段階から固ゆで卵の粉末をごく少量ずつ食べさせると、1歳になった時には卵アレルギーの発症を80%抑えられたとして、その成果をイギリスの医学誌「ランセット」に発表。少量を食べ続けることで体が慣れ、免疫反応が抑えられたとみられます。
 医療関係者向けの日本小児アレルギー学会の提言では、生後6カ月の乳児が固ゆで卵約0・2グラムを食べ始めることを推奨。1歳の時点で固ゆで卵約32グラム(1個の半分の量)を食べてもアレルギー症状がないことが、予防ができている目安としました。
 ただし、摂取は予防のためであり、すでに卵アレルギーの発症が疑われる乳児に摂取を促すことは「極めて危険」と警告しています。
 食物アレルギーはかつて、離乳早期に原因となる食品は食べさせるべきではないとされていました。ただ最近の国内外の研究では、食べる時期を遅らせると体が慣れず、発症のリスクをかえって高めることがわかってきました。ピーナツアレルギーの発症の予防でも、乳児期から摂取を始めることで予防につながるとの海外の研究報告があります。
 日本小児アレルギー学会の海老沢元宏・食物アレルギー委員長は、「安易に卵を避けるのではなく、少しずつ安全に食べていけば発症を抑制できることを伝えたい」と話しています。

 2017年6月16日(金)
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■3カ所以上の医療機関に通院中の高齢者、9割が薬5種以上の多剤処方 [健康ダイジェスト]




 3カ所以上の医療機関に通院している高齢者の9割が、慢性疾患の薬を5種類以上処方されているとの調査結果を、東京都健康長寿医療センターなどの研究班がまとめました。
 16日に名古屋市で開かれている日本老年医学会で発表します。
 複数の持病を抱える高齢者は処方される薬の種類が増えがちですが、薬を分解する機能が低下して副作用が出やすくなります。5種類以上服用すると、転倒リスクが高まるとの報告もあります。
 調査は、自宅(介護施設も含む)で暮らす75歳以上の東京都民約130万人のレセプト(診療報酬明細書)を分析。2014年5月からの4カ月間について、糖尿病、高血圧、骨粗しょう症、不眠症、泌尿器疾患など約20疾患の薬127種類(約5000剤)の処方状況を調べました。
 5種類以上の薬を処方されている患者は、全体で35%でした。受診している医療機関数でみると、1施設では23%、2施設では60%、3施設では89%と、受診先の増加に伴い多剤処方の割合が高くなりました。

 2017年6月16日(金)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康