So-net無料ブログ作成

■緑茶や納豆、キウイの成分に寿命延ばす効果 名古屋大学などが発見 [健康ダイジェスト]





 緑茶やウーロン茶、納豆、豆腐、キウイ、パセリ、ピーマンなどに多く含まれる「ピロロキノリンキノン(PQQ)」という成分に、寿命を延ばす効果があることが小型動物を使った実験でわかったと、名古屋大学大学院理学研究科の森郁恵教授や、久留米大学医学部、愛知医科大学医学部、三菱ガス化学などの共同研究チームが発表しました。
 研究成果は、4日付のイギリスの科学誌「Journal of Cell Science」に掲載されました。
 ピロロキノリンキノンは、1970年ころに発見された化合物。その後の研究で、抗酸化作用や神経の保護に効果のあることがわかっており、サプリメントや化粧品などに活用されています。
 また、栄養学的にも重要な物質であることがわかり、1989年には、ピロロキノリンキノンを餌(えさ)から除いたマウスは、発達不全、 生殖能力低下、骨不全などの早期老化を現すような症状を示すことが報告されています。しかし、動物の寿命への効果は不明でした。
 実験では、人間と似たDNA配列を持つ体長約1ミリの線虫を使用。ピロロキノリンキノンを成虫に成長した後の線虫に与えて経過を観察したところ、平均寿命が12・8日から16・8日に3割程度延びたのが確認されました。ピロロキノリンキノンの効果で、細胞に低濃度の活性酸素が発生することにより、生体の防御機能が強化されたといいます。
 また、人の培養細胞を用いた実験でも、ピロロキノリンキノンの効果で、細胞に低濃度の活性酸素が発生することが確認されたといいます。
 森教授は、「寿命が延びる効果だけでなく、メカニズムにも踏み込めたことが大きい。人間の健康寿命を延ばすための研究にも応用が期待できる」としています。

 2017年7月9日(日)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■乳がんの発見率、マンモとエコー検査併用で約2倍に 東北大など分析 [健康ダイジェスト]





 乳腺の密度が高いために乳がんがあっても見付かりにくい「高濃度乳房」の女性でも、マンモグラフィー検査(乳房エックス線撮影検査)と超音波(エコー)検査を併用するとがんの発見率が大きく改善することが、東北大学などの分析で明らかになりました。
 分析結果は13日に、福岡市で開かれる日本乳癌(にゅうがん)学会で発表されます。
 乳房をエックス線で撮影するマンモグラフィーは40歳以上の人の乳がん検診で有効性が確認されていますが、高濃度乳房では乳房全体が画像に白く写り、がんのしこりも白く写るため異常が見落とされやすい場合があり、課題となっています。一方、超音波検査はまだ有効性が確認されていません。
 東北大などの研究チームは2007年、マンモグラフィーのみと、超音波検査との併用を比較する大規模調査「J-START」を開始。症状のない40歳代女性約7万6000人を調べ、併用したほうが乳がんの発見率が約1・5倍高まることを明らかにしました。
 東北大などは、このうち宮城県で検診を受けた約1万1000人のデータを使い、分析。約6割を占める高濃度乳房の女性だけを検査別に比べると、「マンモグラフィーのみ」のがん発見率が0・37%だったのに対し、「超音波検査併用」では0・71%と約2倍でした。
 がんの人をがんと正しく判断できた割合(感度)も、マンモグラフィーのみだと59%だったのが、超音波も加えると96%に上がりました。高濃度乳房ではない女性の感度は、マンモグラフィーのみ77%、超音波検査併用94%でした。
 鈴木昭彦・東北医科薬科大教授(乳腺内分泌外科)は、「特に高濃度乳房では、超音波検査がマンモグラフィーの弱点を補えることが示された。超音波検査の追加で乳がんによる死亡率を減らせるのか、追跡調査による検証が必要だ」と話しています。
 高濃度乳房を巡っては、一部市町村が検診受診者に「高濃度」など乳房のタイプを独自に通知。患者団体からも通知を求める声が上がっています。これに対し、厚生労働省は「一律通知はまだ早い」とした上で、高濃度乳房を理解できるよう通知内容のひな型を今年度にも作成する方針。

 2017年7月9日(日)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■中年以上を対象にした物忘れ改善薬、販売が相次ぐ 主成分は生薬のオンジエキス  [健康ダイジェスト]





 中年期以降の物忘れの改善をうたい、漢方薬に使われる生薬のオンジ(遠志)エキスを主成分とする市販の医薬品の発売が、相次いでいます。
 複数の生薬を組み合わせた漢方薬は普及していますが、1種類の生薬をエキスに濃縮した医薬品は国の審査基準の整備が遅れていました。厚生労働省が2015年末、一般用医薬品向けの単味生薬製剤の製造や効能に関するガイダンスを策定し、オンジを有効成分とした医薬品に「加齢による中年期以降の物忘れの改善」という効能効果を定めたことを受け、製薬各社が物忘れ改善薬の販売を開始しました。
 ただ、物忘れ改善薬が効能をPRする「加齢による中年期以降の物忘れ」と認知症は異なり、厚労省は販売時に注意喚起するようメーカーに求めています。
 市販の漢方薬でシェア1位のクラシエ薬品は、「アレデル顆粒(かりゅう)」(税抜き1900円)を3日から売り出した。思い出せなかった「アレが出てくる」という意味で商品名を付けました。商品の外箱には「物忘れを改善する」と表記してアピールしています。
 小林製薬は、錠剤タイプの「ワスノン」(税抜き3700円)を発売。含まれる成分が「脳内の情報伝達を活性化する」といいます。
 ロート製薬も、「キオグッド顆粒」(税抜き1800円)を売り出しました。森下仁丹とのコラボによって生み出された商品で、売れ行きは好調といいます。
 各社の薬の主成分であるオンジ(遠志)エキスとは、植物のイトヒメハギの根の部分を使った生薬で、心を落ち着ける作用があるため、東洋医学で「健忘」や「不眠」に効く薬として使われてきました。「志が遠大になる」とのいわれがオンジ(遠志)の由来です。最近の研究により、記憶のメカニズムに働き掛けて活性化を促し、記憶機能を向上させることがわかってきています。
 しかし、物忘れでも、日常生活に支障が出るなど、認知症が疑われる場合は、早期に医療機関を受診する必要があります。クラシエ薬品は商品紹介のホームページに、「物忘れの内容によって、病気(認知症)の前兆を疑うことも重要」と記載しています。
 厚労省はメーカーに対し、「適切な医療を受ける機会が失われないよう、注意喚起を含めた配慮を求めている」としています。

 2017年7月9日(日)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康