So-net無料ブログ作成
検索選択

■適度な睡眠、毎日の歩行など生活改善で健康寿命に2年の差も 厚労省が調査 [健康ダイジェスト]





 適度な睡眠や毎日の歩行、多めの野菜摂取などの健康的な生活習慣を数多く取り入れている人ほど、日常的に介護を必要とせず、心身ともに自立して暮らすことができる「健康寿命」が長いとの調査結果を厚生労働省の研究班が発表しました。
 約1万人の高齢者を対象に調査したところ、健康的な生活習慣を多く取り入れている人とそうでない人では、最大2年余りの差がみられました。
 国は、生活習慣の改善によって健康寿命を延ばすことを目標に掲げています。研究班は2006年12月、宮城県大崎市で65歳以上の住民に生活習慣などに関するアンケートを行い、9746人について9年間追跡調査しました。
 調査で「健康的な生活習慣」としたのは、非喫煙または禁煙して5年以上、1日の平均歩行時間が30分以上、1日の平均睡眠時間が6~8時間、多めの野菜摂取、多めの果物摂取の5項目。これらの生活習慣の実践数と、死亡または要介護認定を受けるまでの期間の関係を調べました。
 その結果、実践数が0~1項目だった人と比べた健康寿命の差は、2項目ある人は11・5カ月、3項目ある人だと17・4カ月、4項目ある人だと23・9カ月それぞれ長くなりました。5項目すべて行っている人では25・4カ月にまで差が開いていました。
 調査をまとめた辻一郎・東北大学教授(公衆衛生学)は、「健康的なライフスタイルを取り入れれば、健康寿命の延伸が期待できることを示唆する結果だ」としています。

 2017年7月12日(水)
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■ダニ媒介脳炎で北海道の男性死亡 死亡は2例目、感染確認は3例目 [健康ダイジェスト]





 北海道は11日、ウイルスを持ったマダニにかまれて「ダニ媒介脳炎」を発症した道内の70歳代男性が死亡したと発表しました。国内での感染確認はいずれも道内で今回が3例目、死者は2人目となります。
 北海道保健福祉部によると、男性は6月中旬に発熱や意識障害などの症状が出たため函館市の病院に入院し、7月7日までに死亡しました。マダニにかまれた痕(あと)は確認できず、血液検査で感染が判明しました。道内でかまれた可能性があり、場所などを調べます。
 北海道では2016年8月に、40歳代男性がダニ媒介脳炎を発症して死亡。これが全国初の死亡例でした。北海道大学の研究チームが今年、札幌市内に生息するアライグマやネズミなどの野生動物84匹の血液を調査したところ、1割を超える10匹がダニ媒介脳炎のウイルスに感染していたことが判明しました。
 北海道保健福祉部は、山や草やぶなどに入る時はサンダル履きを避け長袖、長ズボンを着用して肌の露出を少なくするよう呼び掛けています。マダニにかまれた場合は無理に引っ張らず、医療機関で除去する必要があるといいます。
 ダニ媒介脳炎は、蚊が媒介する日本脳炎と同じ分類のフラビウイルスによる感染症。北海道の一部地域でウイルスが見付かっているほか、西日本でもウイルスの抗体を持ったネズミが確認されています。ウイルスを持つマダニがいない地域では感染が起きず、人から人への感染はないといいます。

 2017年7月12日(水)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■貼るだけで筋肉を引き締める女性向け機器を発売 エレコムが7月中旬より [健康ダイジェスト]





 コンピュータ周辺機器メーカーのエレコムは、女性をターゲットにした筋力トレーニング機器を7月中旬に発売します。電流を流して筋肉を刺激するEMS(エレクトリカル・マッスル・スティミュレーション)機器で、二の腕や腹部などそれぞれの部位で最適な周波数に調整でき、貼るだけで引き締められます。
 12日に東京都内で記者会見した葉田順治社長は、「売上高2000億円に向けてヘルスケア分野を成長のけん引役の一つにしたい」と話しました。
 商品名は、「エクリア リーン」。筋肉を外部からの電気刺激で動かす筋力トレーニング機器であるEMS機器は従来、多くは筋肉を肥大させるために速筋を刺激するものでしたが、今回は女性をターゲットに有酸素運動時に鍛えられる遅筋に注目。
 そこで遅筋向けに1秒間に20~30回と、速筋向けに比べゆっくりした電気刺激を与えるプログラムを「エクリア リーン」に搭載。また、皮下脂肪の厚さにより効果のある周波数が異なるため、皮下脂肪が厚めの腹部には5000ヘルツの中周波数を、薄めの二の腕には2000ヘルツの低周波数と4つ部位に合わせて調整できるようにしました。本体は軽量20グラム、直径48ミリとコンパクトサイズで、コードレスのため使う場所も選びません。
 「EMS機器がなぜ効くのか」という素朴な疑問から始まり、関連する英語の論文を商品開発部の岩井眞琴さんら社員で調べるなど研究開発に時間を費やし、約1年かけて商品化につなげました。「女性向けや周波数を調整できるものは珍しい。人それぞれ脂肪量なども違う中、多くの人が効果に納得できる商品を作りたかった」と岩井さんは振り返り、「筋肉隆々ではなく女性が目指す細く引き締まった体には遅筋を鍛えるのが効果的だ」と話しています。
 「エクリア リーン」は、女性に人気の雑貨店や家電量販店で発売します。価格はセット個数により、8305円と1万5250円の2種類。
 エレコムは低周波治療器を発売するなどヘルスケア分野を強化しています。同分野の売り上げはまだ全体の数%ですが、葉田社長は「主力のパソコンやスマートフォン関連商品だけでなく新領域を拡大したい」と話しています。

 2017年7月12日(水)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■統合失調症、脳のしわの入り組みが複雑だと高リスクに 富山大などが共同研究で発見 [健康ダイジェスト]





 脳のしわが複雑に入り組みすぎていると統合失調症の発症リスクが高い可能性があることを明らかにしたと、富山大学病院の鈴木道雄教授(精神神経科学)らの研究チームが11日付のアメリカの医学誌「Biological Psychiatry」(電子版)に発表しました。東京大学、東北大学などとの共同研究。
 統合失調症は、幻聴を主とした幻覚、妄想、思考障害、奇異な行動、感情の鈍麻、意欲の欠乏、社会性の低下などさまざまな症状を伴う精神疾患で、以前は精神分裂病と呼ばれていた病。早期の発見、治療が有効とされ、研究チームは「統合失調症の早期診断につながる一歩になれば」と期待しています。
 研究チームは、軽度の幻覚や幻聴などがあり、典型的な統合失調症の発症リスクが高いとされる104人と、健常者104人について、脳の磁気共鳴画像装置(MRI)のデータを収集。脳の外側の表面積と、内側に入り組んだ部分の表面積から、しわの入り組み具合を計算して比較しました。
 その結果、発症リスクが高いとされる人のほうが健常者に比べ、大脳皮質の広い範囲でしわが複雑に入り組んでいることがわかりました。
 さらに、発症リスクが高いとされる人の経過を観察。2年以上追跡できた90人のうち、発症した21人と発症しなかった69人を比較したところ、発症した人では左の後頭葉で、しわがより複雑になっていました。

 2017年7月12日(火)
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■先天性障害の発症を防ぐため、妊婦は葉酸摂取を 先天異常学会が声明 [健康ダイジェスト]





 妊婦の葉酸不足でリスクが高まる先天性の障害が、2000年に厚生省(現厚生労働省)が都道府県などに通知で摂取を推奨して以降も、発症率が改善していません。
 そのため、日本先天異常学会は妊娠を希望している女性に対して、サプリメント(栄養補助食品)での葉酸摂取を呼び掛ける声明をまとめ、関係学会に周知への協力を求めています。
 葉酸はビタミンBの1種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜、果物、レバー、卵黄、胚芽、牛乳などに含まれます。妊娠初期に不足すると胎児の脳や脊髄(せきずい)の発育に影響し、運動機能や知覚がまひする二分脊椎や無脳症、脳瘤(のうりゅう)などの神経管閉鎖障害になる恐れがあります。
 食事からの摂取では十分ではない場合があり、2000年の厚生省通知は「葉酸の摂取ですべての神経管閉鎖障害を防げるわけではない」とした上で、妊娠の1カ月前から妊娠3カ月までバランスの取れた食事に加え、サプリメントで1日0・4ミリグラムの葉酸を取ることを推奨しました。
 しかし、2000年以降、神経管閉鎖障害の発症率は出産1万人当たり5~6人で推移しており、年間500~600人が発症している計算になります。
 熱田リハビリテーション病院(名古屋市)の近藤厚生副院長らの調査では、2001~2012年に出産した女性で葉酸サプリメントを取っていたのは23%。二分脊椎の子を出産した女性では10%と低くなりました。
 近藤副院長は、「海外では小麦粉などの穀類に葉酸を添加する国が約80あり、二分脊椎などの障害が3~5割減ったという報告も出ている」と指摘しています。
 日本先天異常学会の大谷浩理事長は、「葉酸の重要性が広く認識されていない。学校教育で妊娠中の栄養摂取の大切さが伝えられるようにするべきだ」と話しています。

 2017年7月12日(火)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康