So-net無料ブログ作成

■夏場に発症する手足口病、大流行の兆し 1週間の患者は1万8151人 [健康ダイジェスト]





 幼い子供を中心に夏場に流行する「手足口病」について、7月9日までの1週間に全国から報告された患者数は1万8151人に上り、国立感染症研究所は6年前の大きな流行と同じ規模になる兆しもあるとして、特に子供のいる家庭では手洗いなどの対策を徹底するよう呼び掛けています。
 手足口病は、幼い子供を中心に手や足、口の中に発疹ができるウイルス性の感染症で、まれに脳炎などの重い症状を引き起こすことがあります。  
 国立感染症研究所によりますと、1週間に全国約3000の小児科の医療機関から報告された患者の数は1万8151人に上り、前の週から約7000人増えました。
 1医療機関当たりの患者数は5・74人で、この10年の同じ時期と比べると最大の患者数となった2011年に次ぐ大きな流行になっています。
 都道府県別に1医療機関当たりの患者数をみますと、高知県が19・1人と最も多く、次いで鳥取県が14・84人、滋賀県が13・66人、宮崎県が13・64人などとなっており、すべての都道府県で前の週より増加しています。
 国立感染症研究所の藤本嗣人室長は、「この後2週間から3週間でピークを迎え、2011年の大きな流行と同じ規模になる恐れもある。特に2歳以下の報告が多く、子供のいる家庭ではせっけんでしっかり手を洗うほか、子供が集まる保育園などの施設では複数の子供が使うものは消毒するなどの対策が必要だ」と話しています。
 手足口病はウイルスが原因の感染症で、主にウイルスの付着した手を口元にもっていったり、感染者のせきやくしゃみを吸い込んだりすることで感染します。大人は感染しても発症しないケースが多いとされていますが、5歳以下の子供では夏場に発症することが多く、特に免疫を持っていない2歳以下の小さな子供の間で流行する傾向があります。
 ウイルスに感染すると3日から5日ほどの潜伏期間を経て、手や足、口の中に2ミリほどの発疹が現れるのが特徴で、38度以下の軽い熱が出ることもあります。通常は1週間ほどで回復しますが、まれに髄膜炎や脳炎などを引き起こすこともあり、死亡例も報告されています。
 今シーズン流行の主流のウイルスは、2011年の大流行の時と同じ「コクサッキーA6」と呼ばれるタイプで、症状が収まった後も数週間した後に手足の指の爪がはがれることがあります。
 一方、患者の中で割合は少ないものの、ほかのタイプと比べて脳炎などを引き起こしやすいとされる「エンテロウイルス71」と呼ばれるタイプも、検出されています。20年前の1997年にはこのウイルスとの関連が指摘される子供の死亡例が3件報告されるなどしており、専門家は注意が必要だとしています。
 専門家によりますと、まずはほかの感染症と同じように、トイレの後や食事前など、せっけんと流水でしっかりと手を洗うことが重要だとしています。また、感染者の便からもウイルスが排出されるので、オムツを処理する際には使い捨ての手袋を使うなどしてウイルスを周囲に広げないよう適切に処理することが必要だとしています。
 一方、手足口病にはウイルスに効果のある治療方法やワクチンはなく、症状に合わせた対症療法が中心となります。安静にして治るのを待つことになりますが、注意したいのは脱水症状。
 子供は口にできた発疹の痛みで、食べたり飲んだりすることを嫌がるようになり、脱水状態になることもあるので、十分な水分補給を心掛ける必要があります。食事を軟らかくしたり薄味にしたりと工夫し、ゼリーなど喉ごしのよいものを与えるのがいいでしょう。脱水症状は自覚しにくいので、小さな子供の場合、より注意が必要となります。

 2017年7月18日(火)

■大阪大、iPS細胞を使い初の心臓病治療 臨床試験を申請へ [健康ダイジェスト]





 重い心臓病の患者に、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した心臓の筋肉の細胞をシート状にして貼り付けて治療を行う世界初の臨床試験(治験)を、大阪大学の研究チームが学内の倫理委員会に今週中にも申請する方針を固めたことが明らかになりました。
 早ければ来年3月までに、1例目の患者の手術を実施したいとしています。
 大阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らの研究チームは、他人に移植しても拒絶反応が起きにくい特殊なiPS細胞を使って心臓の筋肉の細胞を作製し、シート状の「心筋シート」にして重い心臓病の患者の心臓に直接貼り付け、心臓と一体化させて機能を回復させる治療法の開発を行っています。動物を使った実験では、効果が確認されているといいます。
 研究チームは今週中にも、学内の倫理委員会に対してこの臨床試験を申請することになりました。
 計画では18歳以上の3人に実施し、安全性や効果について検証するということで、今後、国などの委員会の了承も得て、早ければ来年3月までに1例目の患者の手術を実施したいとしています。また、2020年ごろには、心筋シートの販売を開始したいとしています。
 研究チームはすでに、iPS細胞ではなく脚の筋肉の細胞から作ったシートによる治療に成功し、昨年、再生医療製品として条件付きで早期承認されました。心筋とは性質が異なる筋肉のため重症度が進んだ患者には効きにくく、今回の心筋シートはより大きな効果が期待できます。
 iPS細胞を使った治療は、国内では目の網膜の治療が理化学研究所などにより2例行われているほか、脊髄損傷に対する臨床研究が慶応大学の倫理委員会に申請されていますが、心臓の病気を治療する臨床試験は世界で初めてです。
 澤教授は、「iPS細胞を使うことでこれまでは移植しかなかった患者でも回復が期待できる。安全性に注意し慎重に進めたい」と話しています。

 2017年7月18日(火)