So-net無料ブログ作成

■拡張型心筋症の再生医療で臨床研究を開始  岡山大学病院 [健康ダイジェスト]



 「拡張型心筋症」という重い心臓病の子供から心臓の筋肉の元になる特殊な細胞を取り出し、培養した後に体に戻して治療しようという再生医療について、岡山大学病院の王英正教授などの医療チームが患者を対象にした臨床研究を始めました。
 正常な心臓と比べて心筋が薄く伸び心臓全体が拡張し、全身に血液を送り出す機能が弱まる拡張型心筋症という重い心臓病の子供が対象で、カテーテルという細い管を使って患者本人の心臓からわずかな組織を取り出して、中に含まれる心臓の筋肉の元になる「幹細胞」を培養し、体に戻して治療しようというものです。
 安全性や効果を確かめる、患者を対象にした臨床研究が始まり、25日岡山大学病院で熊本県の7歳の女児から組織を取り出す手術が行われました。約1カ月半をかけて細胞を培養した後、心臓の周りの冠動脈に流し込んで戻すということです。
 拡張型心筋症は、症状が進むと心臓移植しか助かる方法がありませんが、国内では特に子供が移植を受けられる機会が少なく、新たな治療法が求められています。動物を使った実験では、血液を送り出す力が約5%改善したということです。
 医療チームは18歳未満の31人の患者を対象に臨床研究を行い、早ければ4年後の保険適用を目指したいとしています。
 この拡張型心筋症の子供に対しては、大阪大学の医療チームが足から取り出した筋肉の元になる細胞を培養し、シート状にした上で心臓に貼り付ける再生医療の研究を行っていますが、今回の方法は、細胞を取り出す時も戻す時もカテーテルを使い、胸を開く手術が必要ないため体の負担が少ないということです。
 岡山大学病院の王教授は、「国内で心臓移植を必要とする子供の4人に3人はこの病気とみられる。再生医療で症状が進むのを抑えたり、移植を受けなくても普通の生活を送れるようにしたい」と話しています。

 2017年7月25日(火)

■うつ病や糖尿病の高齢者、7割超が多剤処方を受ける 東京都民130万人を分析 [健康ダイジェスト]





 うつ病や糖尿病と診断された75歳以上の人の7割超が、5種類以上の薬の「多剤処方」を受けているとの調査結果を、東京都健康長寿医療センター研究所(東京都板橋区)などの研究チームがまとめました。
 23日からアメリカのサンフランシスコで開かれている国際老年学会議で、発表する予定です。
 調査は、長期入院していない75歳以上の東京都民約130万人の診療報酬明細書(レセプト)のデータを分析。2014年5~8月に処方された慢性疾患の薬128種類(約5000剤)と、高齢者に多い7種類の病気の関係を調べました。
 5種類以上の多剤処方を受けた人の割合は、うつ病で76%、糖尿病で73%に上りました。関節症・脊椎障害は66%、不眠症は65%、脂質異常は58%、認知症は54%、高血圧は52%の割合でした。
 糖尿病の人は72%が高血圧、50%が脂質異常を合併し、うつ病の人は高血圧や不眠症を抱える割合が6割でした。
 加齢で体の不調が増えると処方薬も増えがちですが、高齢者は薬を分解する機能が低下して副作用が出やすくなります。5種類以上の薬を服用すると転倒の危険性が高まるとの研究報告もあります。
 東京都健康長寿医療センター研究所の石崎達郎研究部長は、「うつ病では睡眠薬や抗不安薬が追加されやすく、糖尿病はほかの病気の合併が多いと考えられる。定期的な処方の見直しや、必要な薬の飲み忘れ対策も大切だ」と話しています。

 2017年7月25日(火)

■京都薬科大など、iPS細胞から大量の脳免疫細胞を作製 アルツハイマー治療に応用も [健康ダイジェスト]





 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、脳内の不要物を取り除く免疫細胞を一度に大量に作製することに成功したと、京都薬科大学とシンガポール科学技術研究庁の国際研究チームが発表しました。アルツハイマー病などの治療に役立つ可能性があるといいます。
 この免疫細胞は、脳内の「掃除細胞」として知られるミクログリア。アルツハイマー病の原因とされる「アミロイド β(ベータ)」などの異常タンパク質を食べ、発症や進行を抑える働きがあると考えられています。しかし、誕生前の一時期しか作られないため、研究に利用するのが難しいという問題がありました。
 京都薬科大の高田和幸准教授(病態生理学)らは、人のiPS細胞から、ミクログリアのもとになる免疫細胞と、神経細胞の2種類を作製。これらの細胞を混ぜて培養するとミクログリアに変化し、試験管内でアミロイドβを食べることも確認しました。
 論文は、アメリカの科学誌「イミュニティ」電子版に掲載されました。
 高田准教授は、「アルツハイマー病などの研究開発への応用が期待される」と話しています。
 河本宏・京都大学教授(免疫学)は、「さまざまな病気の治療が期待できる重要な成果だ。人の体内で正常に機能するかどうかは、さらに検証する必要がある」と話しています。

 2017年7月25日(火)

■熱中症、先週全国で6369人搬送 先々週より1311人減、死者は6人 [健康ダイジェスト]





 総務省消防庁は25日、各地で梅雨明けし西日本や東日本を中心に猛暑となった17~23日の先週1週間に、熱中症で全国の6369人が病院に搬送されたとの速報値を発表しました。
 各地で真夏日や猛暑日を観測するなど、気温が高い日が続いた10~16日の先々週1週間の7680人から、1311人減りました。
 北海道、宮城県、滋賀県、奈良県、岡山県、沖縄県の6道県で計6人が死亡しました。
 集計によると、3週間以上の入院が必要な重症者は142人、短期の入院が必要な中等症は2177人、軽症は3969人でした。
 年齢別では、65歳以上の高齢者が3199人で50・2%を占めたほか、18歳から64歳が2192人、新生児や乳幼児を含む18歳未満が978人でした。
 都道府県別では、福岡県が485人で最も多く、大阪府423人、東京都417人、埼玉県360人と続きました。発症した場所は、庭を含む「住居」が最多の41・9%に上りました。
 5月1日からの累計では、搬送された人は2万6441人(速報値)に達し、前年同期より約3割多くなっています。
 消防庁は、「気温が上がらない日でも熱中症になる恐れがある」と指摘し、小まめな休憩や水分補給などの予防策を取るよう呼び掛けています。

 2017年7月25日(火)

■マダニ感染症、猫から感染し西日本の女性死亡 ほ乳類を介しての死亡は初 [健康ダイジェスト]





 厚生労働省は24日、野良猫にかまれた50歳代の女性がマダニが媒介するウイルスによる感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症し、10日後に死亡していたと発表しました。
 かまれたことが原因とみられ、ほ乳類を介して人が死亡したことが判明した世界初のケースとしています。
 厚労省や国立感染症研究所によると、女性は西日本に在住。昨年、衰弱した野良猫を動物病院に連れて行こうとして手をかまれました。数日後に、SFTSを発症したといいます。女性がダニにかまれた形跡はなく、国立感染症研究所は野良猫が最初に感染し、女性に移したとみています。
 厚労省は今年6月以降、SFTSウイルスに感染し、発症した飼い猫と飼い犬も確認しました。同省の担当者は、「ペットへの感染はまれで屋内だけで飼育する猫にリスクはないが、ペットにダニ駆除剤を施すと予防につながる」と話しました。
 厚労省は、弱った動物と接する際は手袋などの感染防止策を講じるよう呼び掛けています。
 SFTSウイルスを媒介するのは、草むらなど野外に生息するマダニで、屋内にいるイエダニなどからは感染しません。SFTSの初期症状は、発熱やだるさなど。5~6日後に意識障害や出血などが起きることがあります。死亡することもあり、致死率は約20%とされています。特効薬はなく、熱を下げるなどの対症療法が中心となります。
 国内では4年前に初めて確認され、これまで西日本を中心に266人の患者が報告され、このうち57人が死亡しています。死亡例はすべて50歳代以上で、高齢者が重症化しやすいと考えられています。
 シカやイノシシなどからも、SFTSウイルスに感染していたことを示す抗体が見付かっています。

 2017年7月25日(火)

■6月の熱中症搬送3481人、高齢者が半数 発症場所は自宅が約3割で最多 [健康ダイジェスト]





 総務省消防庁は24日、熱中症により6月に全国で3481人が病院に救急搬送されたと発表しました。前年の6月より77人少なくなりました。
 昨年よりやや減ったのは、梅雨入りで天候の悪い地域があったほか、西日本は平年より気温が低かったためとみられます。
 集計によると、静岡県で1人が死亡したほか、3週間以上の入院が必要な重症は59人、短期の入院が必要となる中等症は1146人。
 発症場所は、庭を含む「自宅」が32・3%で最も多く、「道路」が15・1%、競技場や野外コンサート会場などの「公衆(屋外)」が13・3%でした。
 都道府県別では、東京都の232人が最多。大阪府の224人、沖縄県の200人が続きました。人口10万人当たりでは、沖縄県の13・95人が最も多く、次いで奈良県の5・57人、岡山県の5・15人でした。
 年齢別では、ほぼ半数を65歳以上の高齢者が占めました。
 今後は全国的に暑い日が続く見込みで、消防庁は涼しい場所での休憩や、小まめな水分補給を呼び掛けています。

 2017年7月25日(火)

■国立がん研究センター、8月から新検査の臨床研究 がん13種を血液1滴で早期発見 [健康ダイジェスト]





 国立がん研究センター(東京都中央区)や東レなどは、血液1滴で胃がんや乳がんなど13種類のがんを早期発見する新しい検査法を開発し、8月から臨床研究を始めます。
 国立がん研究センターの研究倫理審査委員会が7月中旬、実施を許可しました。早ければ3年以内に、国に事業化の申請を行うといいます。
 一度に複数の種類のがんを早期発見できる検査法はこれまでなく、人間ドックなどに導入されれば、がんによる死亡を減らせる可能性があります。
 新しい検査法では、細胞から血液中に分泌され、遺伝子の働きを調節する微小物質「マイクロRNA(リボ核酸)」を活用。がん細胞と正常な細胞ではマイクロRNAの種類が異なり、一定期間分解されません。
 国立がん研究センターや検査技術を持つ東レなどは、がん患者ら約4万人の保存血液から、乳房、肺、胃、大腸、食道、肝臓、 膵臓(すいぞう)、胆道、卵巣、前立腺、膀胱、肉腫(にくしゅ)、神経膠腫(こうしゅ)の13種類のがんで、それぞれ固有のマイクロRNAを特定しました。
 血液1滴で、がんの「病期(ステージ)」が比較的早い「1期」を含め、すべてのがんで95%以上の確率で診断できました。乳がんは97%で、触診やマンモグラフィーでは見付けられないような初期の乳がんでも診断可能になっています。
 ただ、保存血液ではマイクロRNAが変質している可能性もあります。臨床研究では、患者や健康な人約3000人から提供してもらった新しい血液を使います。
 乳房や胃、肺、大腸などのがんの早期発見では、エックス線や内視鏡などによる検診が有効とされますが、がんの種類ごとに検査を受ける必要があり、自費で検診を受けると費用もかかります。
 新しい検査法では、診断の確定に精密検査が必要になるものの、国立がん研究センター研究所の落谷孝広分野長は「いくつものがん検診を受けなくてすむ。いずれは、がんのステージや特徴もわかるようになるだろう」と話しています。
 黒田雅彦・東京医科大学主任教授(分子病理学)は、「欧米でもマイクロRNAを使った病気の早期発見を目指す研究が盛んだが、今回ほど多数の患者で解析した例はなく、非常に有用だ」と話しています。

 2017年7月25日(火)