So-net無料ブログ作成
検索選択

■手足口病が全国で大流行し、累積患者12万人に 2015年の同時期に次ぐ勢い [健康ダイジェスト]





 乳幼児を中心に、手足や口の中に発疹ができる「手足口病」が全国的に大流行し、全国約3000の小児科定点医療機関からの報告で、今年の累積患者数が12万5000人に達したことが1日、国立感染症研究所のまとめで明らかになりました。
 7月23日までの1週間で、1医療機関当たりの患者数は8・93人となり、大流行した2015年の同時期に次ぐ勢いとなっています。
 都道府県別では、福井県(21・64人)、大分県(17・6人)、三重県(16・84人)、新潟県(13・14人)で多いのが目立ちました。
 6月下旬では高知県や鳥取県など西日本を中心に流行していましたが、北海道や新潟県など東日本にも大きく広がりました。国立感染症研究所の藤本嗣人室長は、「ピークの時期だと思われるが、患者数が非常に多いので引き続き注意が必要だ」としています。
 手足口病はコクサッキーA6やエンテロウイルス71などのウイルスが原因の感染症で、主にウイルスの付着した手を口元にもっていったり、感染者のせきやくしゃみを吸い込んだりすることで感染します。大人は感染しても発症しないケースが多いとされていますが、5歳以下の子供では夏場に発症することが多く、特に免疫を持っていない2歳以下の小さな子供の間で流行する傾向があります。
 ウイルスに感染すると3日から5日ほどの潜伏期間を経て、手や足、口の中に2ミリほどの発疹が現れるのが特徴で、38度以下の軽い熱が出ることもあります。通常は1週間ほどで回復しますが、まれに髄膜炎や脳炎などを引き起こすこともあり、死亡例も報告されています。
 専門家によりますと、まずはほかの感染症と同じように、トイレの後や食事前など、せっけんと流水でしっかりと手を洗うことが重要だとしています。また、感染者の便からもウイルスが排出されるので、オムツを処理する際には使い捨ての手袋を使うなどしてウイルスを周囲に広げないよう適切に処理することが必要だとしています。
 一方、手足口病にはウイルスに効果のある治療方法やワクチンはなく、症状に合わせた対症療法が中心となります。安静にして治るのを待つことになりますが、注意したいのは脱水症状。
 子供は口にできた発疹の痛みで、食べたり飲んだりすることを嫌がるようになり、脱水状態になることもあるので、十分な水分補給を心掛ける必要があります。食事を軟らかくしたり薄味にしたりと工夫し、ゼリーなど喉ごしのよいものを与えるのがいいでしょう。脱水症状は自覚しにくいので、小さな子供の場合、より注意が必要となります。

 2017年8月2日(水)
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■外国人患者受け入れ8割、入院受け入れ6割に 2015年度の全国医療機関 [健康ダイジェスト]





 2015年度に在日外国人や外国人旅行者を患者として受け入れた医療機関は79・7%に上り、入院患者として扱った医療機関も58・5%に上ることが2日までに、厚生労働省が初めて実施した全国調査で明らかになりました。
 医療通訳を利用した医療機関は一部にとどまっており、訪日外国人が大幅に増える中、体制整備が課題として浮かび上がりました。
 外国人が安心して医療サービスを受けられる体制をつくるため、救急患者を受け付ける病院など3761の医療機関や医療通訳サービス業者、自治体などを対象に調査を実施しました。
 1710の医療機関が寄せた回答によると、2015年度に外国人の外来患者が受診したのは1363カ所、入院患者がいたのも1001カ所に上りました。
 受け入れ人数を把握していた医療機関のうち、半数以上は年間20人以下の受け入れでしたが、500人超のところも9・8%ありました。35・8%の医療機関は、医療費が未収となったことがあったといいます。
 65・3%の医療機関が、日本語でのコミュニケーションが難しい外国人患者がいたと答えましたが、「医療通訳を利用した経験がある」と答えた医療機関は全体の12・7%にとどまりました。現実的には、外国人患者に通訳を自ら確保するよう頼むところが多いといいます。
 医療通訳サービス業者に課題を聞くと、半数以上が「人材確保」を挙げました。また、都道府県や政令指定都市など188自治体のうち、8割以上が受け入れ可能な医療機関数などを把握していませんでした。

 2017年8月2日(水)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■足裏用マッサージ器で北海道の女性が窒息死  厚労省が使用中止呼び掛け [健康ダイジェスト]





 先月、北海道で埼玉県の電機メーカーが製造した足裏用のマッサージ器を首に当てて使っていた女性が、衣服を巻き込まれて窒息死する事故があり、このメーカーの類似の製品でも過去に同様の死亡事故が5件起きていることから、厚生労働省はこのマッサージ器を使わないよう呼び掛けています。
 このマッサージ器は、埼玉県川越市の的場電機製作所が製造した「シェイプアップローラー2」という製品で、突起が付いたローラーが回転し、足裏の凝りをほぐす効果があるとうたっています。
 厚労省によりますと、7月26日、北海道斜里町の77歳の女性がこのマッサージ器のローラーを覆うカバーを外して首に当てて使っていたところ、衣服が巻き込まれて窒息死したということです。
 この的場電機製作所が製造した別の足裏用のマッサージ器、アルビシェイプアップローラー」でも、2014年までの15年間に同様の死亡事故が5件起きており、これまで2種類のマッサージ器について足裏を含めて一切の使用の中止を呼び掛けるとともに、安全装置が付いた製品と有償での交換を進めていました。
 的場電機製作所によりますと、事故が起きた2種類のマッサージ器は、1996年までの13年間に、合わせておよそ78万台が販売されており、このうち交換できたのは1270台にとどまっているということです。この的場電機製作所が現在、販売しているマッサージ器は、カバーを外して使うと停止する装置が付いているということです。
 厚生労働省は流通している製品で事故が起こる可能性があるとして、2種類の製品を使用しないよう呼び掛けています。今回の事故について厚生労働省安全使用推進室の上野清美室長は、「死亡事故が起きているので絶対に使用しないでほしい。もし使う場合でも誤った使い方はせずに、安全に利用してもらいたい」と話しています。
 事故を受けてマッサージ器を製造した的場電機製作所は1日、マッサージ器がどのようにして布を巻き込むのか再現しました。ローラ-を覆う布製のカバーを外した状態で作動させて、エプロンを近付けると、ローラーの軸の部分にエプロンのひもが引っ掛かり、数秒でエプロン全体が巻き込まれました。巻き込まれたエプロンは、電源を切って両手で引っ張ってもなかなか取り出すことはできませんでした。
 的場電機製作所では、5件目の死亡事故が起きた2014年から、2種類のマッサージ器について足裏を含めて一切の使用中止を呼び掛けてきましたが、さらに周知する必要があるとして、1日に会社のホームページを更新して改めて使用中止を呼び掛けています。今後、自治体の広報や掲示板などでも周知していきたいとしています。
 的場電機製作所の原田尚弘常務取締役は、「誤った使い方をせず、使用も中止するよう呼び掛けてきたが、再び事故が起きたことは大変残念だ。周知が不十分で、まだ使い続けている人がいる可能性もあり、今後はより広く、周知を進めて行きたい」と話しています。
 連絡先は、的場電機製作所のフリーダイヤル0120・012251。

 2017年8月2日(水)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 多嚢胞性卵巣症候群 [用語(た行)]





[バー]卵子を包み込む卵胞が発育するのに時間がかかり、なかなか排卵を起こさない疾患
 多嚢胞(たのうほう)性卵巣症候群とは、卵巣の中でできる卵子を包み込む袋である卵胞の発育が遅く、ある程度の大きさになっても破裂して正常な排卵を起こさず、卵巣内に多数の卵胞がたまって厚い嚢胞となる疾患。
 PCOS(polycystic ovary syndrome) と略称されます。
 多嚢胞性卵巣症候群は、生殖年齢にある女性の5〜8%に発症がみられ、月経異常や無排卵月経を伴って、不妊の症状に悩む女性も少なくありません。本来、毎月起こる排卵が何らかの原因でうまく起こらない状態を総称して排卵障害と呼び、多嚢胞性卵巣症候群もその中の1つですが、特に患者数が多い疾患です。
 明確な原因はまだ特定されていませんが、テストステロンを主とするアンドロゲン(男性ホルモン)が卵巣内で多くなっていることが誘因になっていると考えられています。アンドロゲンが多くなっている原因は、脳下垂体からの指令で分泌される黄体化ホルモン(LH)と、膵臓(すいぞう)から分泌され血糖値を下げるインスリンというホルモンの作用です。
 その2つのホルモンが正常より強く卵巣に作用しているために、副腎(ふくじん)皮質や卵巣からわずかに分泌され、男女を問わず男性化作用のあるアンドロゲンが卵巣内で局所的に多くなっている結果、卵胞の発育不全や、月経異常、排卵障害を引き起こしていると考えられています。
 多嚢胞性卵巣症候群の主な症状としては、月経異常、男性化の徴候、糖尿病、肥満、不妊が挙げられます。
 脳下垂体からの指令で卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)が分泌され、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類のホルモンが卵巣から正常に分泌されることで、女性の体には一定の周期で生理が訪れますが、多嚢胞性卵巣症候群によりホルモンバランスが乱れることで、生理周期が39日以上になる稀発(きはつ)月経や、生理そのものがこない無月経という状態になることがあります。
 また、生理はきているが排卵されていない無排卵月経になることもあります。無排卵月経の場合、基礎体温が低温期と高温期の二相に分かれないという兆候があり、基礎体温がずっと低いままの状態が続く時は注意が必要です。
 多嚢胞性卵巣症候群では、テストステロンを主とするアンドロゲンの産生量が増加することで、女性であるにもかかわらず男性的な特徴が現れることもあります。例えば、口周りや腕、背中、陰部、すねなどに毛が増えたり、にきびが増えたり、声が低くなったりする現象がみられたりします。
 典型的な多嚢胞性卵巣症候群の症状を持つ女性のうち、40%が40歳までに耐糖能異常や糖尿病を発症します。また、年齢が高くなり、体重が増えるほどインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性が生じ、血糖コントロールが悪くなります。多嚢胞性卵巣症候群がある状態で妊娠した場合、妊娠糖尿病のリスクが高まります。
 もともと肥満傾向にあると、多嚢胞性卵巣症候群になるリスクが高くなりますが、多嚢胞性卵巣症候群を発症すると、さらに腹の脂肪が優先的に蓄積されていきます。その結果、頸(けい)動脈や冠動脈などの血管疾患が増加します。
 多嚢胞性卵巣症候群は月経や排卵に影響があるので、一般的な女性よりも妊娠しづらく、不妊と診断されることもあります。ただ、排卵障害であっても完全に無排卵なのか、何カ月かに1回は排卵しているかなど、状況によっても異なります。そのため、多嚢胞性卵巣症候群になると妊娠率がどれくらい下がるかには、個人差があります。
 生活習慣の改善で月経周期を正常に戻したり、排卵誘発剤を使ったりすることで自然妊娠できる場合もありますので、不妊治療が必要かどうかなどは婦人科の医師と相談してください。
[バー]多嚢胞性卵巣症候群の検査と診断と治療
 婦人科、産婦人科の医師による診断では、血液中のホルモン検査やホルモン負荷試験、卵巣の超音波(エコー)検査を行います。腹腔(ふくくう)鏡下手術で卵巣のごく一部を採って顕微鏡検査をすることもあります。
 ホルモン検査では、正常の時とは異なり、黄体化ホルモン(LH)の値が卵胞刺激ホルモン(FSH)の値より多いことが認められます。テストステロンを主とするアンドロゲン(男性ホルモン)の値も、しばしば増加しています。超音波(エコー)検査では、卵巣に普通より多い数の卵胞や嚢胞が見えます。
 婦人科、産婦人科の医師による治療では、多嚢胞性卵巣症候群の女性の約70%が排卵に問題を起こし不妊症になる可能性が高くなっているため、妊娠を希望する場合は、排卵誘発法を行います。
 排卵誘発剤クロミフェン・クロミッドをサイクル2~6日の間服用すると、80%の女性は排卵を起こします。これで反応がない場合は、排卵誘発剤クロミフェン・クロミッドに副腎皮質ホルモンを併用したり、漢方薬の柴苓湯(さいれいとう)を併用したりします。それでもうまく排卵しない場合は、排卵を起こすためのhCG‐hMG注射を行ったりします。
 なお、排卵誘発法を行った時に、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)と呼ばれる副作用を起こしやすい傾向があるので、注意が必要です。
 hCG‐hMG注射を多く使わないと排卵を起こさない重症な場合は、体外受精を行うこともあります。体外受精であればある程度卵胞の発育をコントロールでき、卵巣が落ち着いてから胚移植することで安全に治療することもできます。
 また、腹腔鏡下手術で厚くなった卵巣の表面に小さな穴をたくさん開け、排卵を促す腹腔鏡下卵巣多孔術を行うこともあります。この手術を行うと薬に対する反応性がよくなったり、自然に排卵するようになったりします。効果は半年~1年続きますが、また元の状態に戻っていきます。
 最近では、多嚢胞性卵巣症候群になりやすい女性や、なかなか大きな卵胞ができない女性に、未熟卵体外受精(体外成熟培養、IVM)という方法があります。卵胞が7~10ミリに発育した段階で採卵し、未成熟の卵子を特殊な培養液に入れて受精できる段階まで育てた上で顕微授精させる方法で、hCG‐hMG注射が少なくてすみ、卵巣過剰刺激症候群の心配がほとんどありません。未熟卵体外受精ができる施設は限られており、受精率や妊娠率は一般の体外受精よりやや下がります。
 当面、妊娠の希望がない場合は、月経を周期的に起こすような治療を行います。これには、カウフマン療法と呼ばれる周期的女性ホルモン補充療法を行ったり、低用量ピルなどのホルモン剤を使います。
 インスリン抵抗性改善作用を持つ糖尿病薬が有効なこともあり、グリコラン(メトフォルミン)を日に3度、通常500ミリグラムを服用します。グリコラン(メトフォルミン)を服用すると、卵巣内のアンドロゲンの産生を促進する働きがある血中のインスリンが減少し、その結果、卵巣内のアンドロゲンが減少すると見なされます。
 4週間してからホルモン値、腎機能、肝機能などの血液検査をし、排卵状況を探ります。状況により、さらに超音波(エコー)検査を行ったり、排卵誘発剤クロミフェン・クロミッドとの併用を行ったりすることもあります。
 多嚢胞性卵巣症候群には、これをすれば大丈夫という予防法はまだありません。しかし、肥満や糖代謝との関連が深く、体重が増加しすぎるとインスリン抵抗性や月経不順、アンドロゲン過剰を悪化させるので、高カロリーの食事や甘い物の摂取は控える、肥満にならないよう定期的に運動するなど生活習慣を改めることが予防法の一つです。




nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康