So-net無料ブログ作成

■用語 アカントアメーバ角膜炎 [用語(あ行)]


[位置情報]女性の乳房内の乳腺に発生する腫瘍
[眼鏡]アカントアメーバが原因で起こる角膜感染症
 アカントアメーバ角膜炎とは、アメーバと呼ばれる微生物の一種であるアカントアメーバが角膜に感染して起こる疾患。
 角膜は、黒目の表面を覆う透明な無血管組織で、4つの異なった層からなっています。外界の光が目の中に入る入り口となるとともに、目の屈折力の約7割を担うレンズとしての役割も果たしています。三叉(さんさ)神経が多岐に分布し、知覚が非常に鋭敏であるという特徴があり、厚さ1ミリながら目の中の組織を守るために膠原線維(こうげんせんい)というとても丈夫な線維組織で作られています。
 この角膜は、常に外界と接して空気にさらされているために乾燥したり、ほこりが付いたりします。そこで、まばたきというまぶたの動きによって、常にその表面を涙で湿らして、ほこりを取り除き、細菌やかび、ウイルス、アメーバなどの侵入を防いでいます。しかし、目にゴミが入ったり、目を強くこすったり、涙の出る量が少なくて角膜が乾燥したりすると、角膜の表面に傷が付いて、傷口から細菌などが侵入し、感染を起こします。
 土の中にも、空気の中にも、水の中にも広く存在し、家の中のほこりにも、水道水の中にも存在しているアカントアメーバが角膜に侵入し、感染を起こすことはまれですが、角膜の感染症の中では最も重症です。多くは、アカウントアメーバで汚染されたコンタクトレンズを使用することによって生じます。
 アカントアメーバ角膜炎は、非常にゆっくりと進行していくため、感染の初期には、涙や目やにが多くなる程度です。1週間くらい経過すると、角膜の中央部分に丸い形の混濁と目の痛みが起こります。さらに症状が進むと、目の痛みは寝るのもつらいほどの非常に強いものに代わり、涙の量もさらに増えます。加えて、上下のまぶたの裏側と、眼球の表面から黒目の周囲までを覆っている結膜下の白目の部分の慢性的な充血、角膜の輪状潰瘍(かいよう)、輪状浸潤、円板状角膜炎などを起こします。
 視力の低下は初期は軽度ですが、徐々に見にくくなり、進行すると重度の視力障害となり、失明の恐れもあります。
[眼鏡]アカントアメーバ角膜炎の検査と診断と治療
 眼科の医師による診断では、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡で角膜を観察して診断を行います。一般的に、病変部は混濁するとともに、病変周囲の角膜組織には浮腫(ふしゅ)が生じています。感染性の角膜炎の可能性がある場合は、組織を採取して病原体を調べる生検を実施します。
 アカントアメーバの場合は特殊な病原体であり、また、アカントアメーバ角膜炎はまれな疾患であるだけに、大きな総合病院の眼科でも検査が困難なことが多い点が問題になっています。
 眼科の医師による治療では、原則として、原因となる病原体を同定し、感受性を示す抗菌剤を必要かつ十分に投与します。ただし、病原体の同定や薬剤感受性試験結果が出るまでには一定の日時を要するため、病歴や細隙灯顕微鏡所見などから病原体を想定して、適切な治療を迅速かつ集中的に開始する必要があります。
 アカントアメーバを病原体と想定した場合は、特効薬がないため、少しでも効果のある抗真菌剤や消毒薬を点眼するのに加えて、感染した角膜表面を何度も削る治療を併用します。極めて治りにくいのが特徴で、 根治には何カ月もかかることがまれではありません。
 アカントアメーバをすべて取り除き、感染そのものの治療が完了した後も、角膜の融解が原因で、瘢痕(はんこん)性の角膜混濁が残る場合があり、視力の大幅な低下の恐れがあります。ひどい角膜混濁が残って失明の恐れがある場合には、角膜移植などの手術治療が必要となることがあります。
 アカウントアメーバは非常に感染しにくい病原体ですが、いったん感染すると、失明の恐れがある角膜炎となり、眼科の医師による診断と治療は困難を極めますので、予防のためには正しいコンタクトレンズの使用が大切です。
 コンタクトレンズに触れる際には、しっかりと手を洗い、外からアカントアメーバを持ち込まないことです。次に、毎日使い捨てにしなければならないコンタクトレンズを再度装用しないこと、再装用可能なコンタクトレンズの場合は、決められた時間を超えての長時間の装用をしないこと、こすり洗いやすすぎなど洗浄の決められた用法と回数を必ず守ること、コンタクトレンズのケースは3カ月程度で交換することです。


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■医療用保湿剤「ヒルドイド」、がん患者が広く使用 患者団体が調査 [健康ダイジェスト]


[位置情報]女性の乳房内の乳腺に発生する腫瘍
 美容目的の不適切な使用が横行しているとして医師の処方を制限する議論が始まった医療用保湿剤は、抗がん剤や放射線治療の副作用の治療に広く使われていることが、患者団体の調査で明らかになりました。
 制限が設けられるとがん患者が処方を受けられなくなる恐れがあるとして、6日に厚生労働省に配慮を求める要望書を提出します。
 問題になっているのは、マルホ(大阪市)の医療用保湿剤「ヒルドイド」。主に皮膚科や小児科でアトピー性皮膚炎、乾燥肌、ケロイドなどの治療に使われていますが、患者団体「卵巣がん体験者の会スマイリー」が患者や医師に調査したところ、抗がん剤や放射線治療に伴う皮膚の乾燥や炎症、かゆみのほか、手のひらや足の裏が痛んだり水膨れができたりする「手足症候群」と呼ばれる副作用の治療にも使われていました。
 このヒルドイドは雑誌やインターネットで「美肌になれる」「高額な乳液より保湿力がある」と紹介され、医療保険を使って安く入手できるため処方を求める女性が急増。今月1日、厚生労働相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)で問題提起され、委員からアトピー性皮膚炎などの治療を伴わず単独で処方する場合は保険適用外とすべきだとする意見も出ました。
 スマイリーの片木美穂代表は、「副作用の治療薬だけを近所の医療機関で処方してもらうケースも多く、単独処方が制限されると患者が困る。副作用への適切な対応ができないと患者の生活の質が低下するだけでなく、治療への意欲が妨げられてしまう」と訴えています。

 2017年11月4日(土)
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■がんゲノム医療の専門外来を開設へ  慶大病院が11月中にも [健康ダイジェスト]



 慶応義塾大学病院は、がん患者のゲノム(全遺伝情報)を調べて効果の高い治療薬を投与する専門外来を11月中にも開設します。がんにかかわる160種類の遺伝子を調べ、変異に合う薬を選びます。
 従来のがん治療は肺や胃、大腸などの臓器別に施されていますが、がんゲノム医療はがん細胞に生じた遺伝子の変異を検査で特定し、その変異に合った最適の薬や治療法を選びます。これまでより効果的で副作用も少ないと期待されています。
 がんゲノム医療は現在、欧米が先行し、日本では一部病院が試験的に実施していますが、普及が進めば日本のがん治療の在り方を根本から変える可能性があり、厚生労働省は2017年度から始める第3期がん対策推進基本計画の柱に位置付けています。
 開設される慶大病院のがんゲノム医療の専門外来では、手術時に取ったがん組織や受診時に採取した血液から、北海道大学発ベンチャーのジェネティックラボ(札幌市)や三菱スペース・ソフトウエア(東京都港区)が遺伝子を解析します。最短3週間で結果がわかり、症状などをみて慶大病院の医師が治療法を決めます。
 検査費用は公的医療保険が使えず、全額自己負担で80万円弱の見込み。まず、通常の治療薬が効かなくなった患者などが、対象となります。
 国内のがんゲノム医療は、国立がん研究センターや京都大学などが100種類前後の遺伝子で始めています。

 2017年11月4日(土)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■B型肝炎への偏見防止の教育、4割未満 厚労省、医療従事者の養成施設に実施を要請 [健康ダイジェスト]



 集団予防接種の注射器使い回しによるB型肝炎感染被害を巡り、看護師、歯科衛生士、保健師、助産師など医療従事者の養成課程で、患者らへの偏見や差別を防ぐための講義を実施している医療関係技術者養成学校が4割に満たないことが3日、厚生労働省研究班の調査で明らかになりました。
 厚労省は、教育の推進を求める通知を47都道府県に出しました。
 B型肝炎は日常生活ではほとんど感染せず、適切な対応を取れば防げますが、依然として医療機関で診療の順番を後回しにされるなど不当な扱いを受ける患者らもおり、医療従事者への教育徹底が急務です。
 研究班は2016年度、看護師、准看護師など4職種を教育する都道府県指定の約1100校を調査。約6割から回答があったうち、偏見防止の講義を実施したのは36・5%で、患者や家族の話を直接聞く機会を設けたのは9校だけでした。

 2017年11月4日(土)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■世界の主要温室効果ガス濃度、観測史上最高を更新 世界気象機関が解析 [健康ダイジェスト]



 地球温暖化をもたらす3種類の温室効果ガスの世界の平均濃度が、2016年はいずれも解析を始めてから最も高い値になり、このうち二酸化炭素(CO2)は、2015年からの増加量も過去最多となったことが、世界気象機関(WMO)の解析で明らかになりました。
 WMOは、地球温暖化の原因となる主要な3種類の温室効果ガスについて、世界の気象当局や研究機関が観測しているデータを解析し、2016年のデータを発表しました。
 発表によりますと、二酸化炭素の世界の平均濃度は、年々上昇を続け、2016年は403・3ppm(ppmは100万分の1、体積比)と、世界各地で観測を始めた1984年以降、最も高くなりました。
 また、2015年からの増加量も3・3ppmと過去最も多くなり、最近10年間の1年当たりの平均増加量の1・5倍近くに達しています。
 このほかの温室効果ガスの世界の平均濃度は、メタン(CH4)が1853ppb、一酸化二窒素(N2O)が328・9ppbと、いずれも2015年を上回り、観測史上、最も高くなりました。
 WMOの解析で中心的な役割を果たした気象庁は、「短時間に大雨が降るケースが徐々に増えるなど、地球温暖化による災害のリスクが高まりつつあると考えられ、引き続き温暖化対策に取り組む必要がある」と話しています。

 2017年11月4日(土)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■用語 愛情遮断症候群 [用語(あ行)]



[ハート]子供が十分な愛情を感じられないまま育ち、成長や発達の遅れを生じる状態
 愛情遮断症候群とは、母子関係や家族関係の問題によって、子供が十分な愛情を感じられないまま育った結果、成長や発達の遅れを生じる状態。情緒剥脱(はくだつ)症候群とも呼ばれます。
 乳幼児から6歳児程度の子供に多くみられます。母親など養育者からの愛情を感じられない極度のストレスや不安から、子供は心から安らいでグッスリ眠ることができず、成長するために必要な成長ホルモンが睡眠時に脳下垂体から十分に分泌されなくなる結果、身体的な成長や精神的な発達に遅れが出ると考えられています。
 子供は愛情ばかりでなく、十分な栄養も与えられていないこともあります。
 入院、死亡、離婚などによる母親不在の環境が原因となったり、母親など養育者が深い悩みを抱えていたり、うつ状態であったり、薬物依存や知的障害、精神的な病気を持っていたりして、適切な子育てができないことが原因となったりします。
 母親など養育者自身が子供時代に十分な愛情を受けて育っていない場合に、世代を超えて子育てに影響する世代間伝達、愛情不足の連鎖もあります。
 栄養障害によって現れる症状として、身長が低い、体重の増えが悪い、腕や脚が細い、やせている、肋骨(ろっこつ)が目立つ、お尻がへこんでいるなどがあります。不適切な養育の結果として観察される症状としては、おむつかぶれがひどい、皮膚が汚い、汚い服を着ているなどがあります。子供の心理的な変化や行動異常によって現れる症状としては、目を合わせない、表情が乏しい、感情表現が乏しい、動作が緩慢、抱きついたり寄り添ったりしない、親に抱かれるのを嫌がる、異様な食欲増進、尿や便をもらす、寝付きが悪い、かんしゃくを起こすなどがあります。
 養育者が子供の愛情遮断症候群に気付いたら、母子手帳の成長曲線をつけてみたり、子供らしい豊かな表情をしているかどうか、気を配りましょう。心配なことがあれば、小児科医や保健師に相談しましょう。
[ハート]愛情遮断症候群の検査と診断と治療
 小児科の医師による診断では、身長、体重、頭囲の計測値から成長曲線をつくり、子供の成長を評価します。食事の内容から、栄養学的な分析をします。また、養育環境についての情報を集めます。
 小児科の医師による治療では、食事の内容について養育者に栄養指導を行い、子供の年齢に見合った十分な食事を与えます。
 また、子供と養育者にとって、ストレスの少ない環境になるように調整をします。母親など養育者に対する心理カウンセリングが必要な場合もあります。子供にとってストレスの少ない環境で、年齢に見合った十分な栄養を与えると、体重が増加し、成長の遅れは取り戻されます。
 しかし、虐待やネグレクト(育児放棄)など養育者の子育てに重大な問題がある場合、ケースによっては養育者と子供を遠ざけることも必要です。入院で治療を受けさせたり、保護観察施設で養育したりすることで遅れていた成長が改善されることもあります。
 母親が不在の場合、あるいは母親がいても子供に愛情を十分に与えることができない場合には、母親に代わって父親や親に代わる養育者が十分な愛情を注ぐことで防ぐことは可能です。




nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:健康