So-net無料ブログ作成

■抗がん剤、年間560億円節減可能 慶応大が738億円の廃棄分活用を提言 [健康ダイジェスト]



 使い切れずに廃棄された抗がん剤は、2016年7月から2017年6月の1年間で738億円に相当するとの推計を、慶応大学の岩本隆特任教授(経営学)らがまとめました。社会保障費の抑制が課題となる中、医療費削減のため残薬の活用が急がれます。
 慶応大は国立がん研究センター中央病院と共同で、同病院の瓶から注射器で取り出すタイプの約100種類の抗がん剤の平均投与量を基に、抗がん剤ごとの廃棄率を算出しました。さらに、抗がん剤ごとの市場規模のデータから廃棄額を計算すると、抗がん剤の廃棄額は合計738億円に上ると推計されました。廃棄額が大きかったのは、アバスチン(99・3億円)、オプジーボ(90・7億円)など。
 20ミリグラム、100ミリグラムなどさまざまな大きさがある瓶入りの液体の抗がん剤は、患者の体格によって投与量が異なり、1瓶を使い切れない場合もあります。しかし、1回開封した瓶は、細菌が混入する可能性があるとして、薬が残っていても廃棄するのが一般的です。高齢者で平均的な体格の体重63キロの肺がん患者にオプジーボを使用した場合、廃棄額は1回約4万円になります。
 一方、瓶の残薬を別の患者に活用した場合、細菌の混入を防ぐ閉鎖式接続器具のコストなどを考慮しても、560億円の薬剤費を減らせると試算しました。廃棄額が年間10億円を超える16薬剤に限定し、規模の大きい病院のみで実施しても528億円の削減効果があると試算しています。
 抗がん剤の市場規模は5年前に比べて、1・5倍に拡大しています。岩本特任教授は、「薬の安全性と有効性をどう確保するかなど課題も大きいが、薬剤が高額化する中で、無駄を削減する努力が必要だ」と話しています。
 厚生労働省は、注射用抗がん剤などの残薬を活用するための安全対策や手順を定める指針を今年度中に作成する方針。

 2018年1月2日(火)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康