So-net無料ブログ作成

■髪の毛を作り出す毛包を大量培養する技術を開発 理研、脱毛症の治療実現に向け [健康ダイジェスト]





 脱毛症などの治療に応用するため髪の毛を作り出す「毛包(もうほう)」という器官を人工的に培養して大量に増やす技術を理化学研究所などの研究チームが開発し、7月から動物で安全性を確かめる試験を始めることになりました。
 薄毛などの脱毛症に悩む人は全国に2500万人以上いると推計されていますが、男性ホルモンをコントロールする薬の投与など治療法は限られていて、理化学研究所などでは毛髪を作り出す毛包と呼ばれる器官を再生医療の技術で作り移植する治療法の開発に取り組んでいます。
 理化学研究所やベンチャー企業の研究チームが4日、会見を開き、人の頭皮にある3種類の細胞を取り出して増やし、さらに専用の特殊な機械で3種類の細胞を一緒に培養することで、毛包を大量に作り出す技術の開発に成功したと発表しました。
 研究チームによりますと、20日間ほどで髪の毛1万本に相当する約5000の毛包を作り出せるとしています。
 研究チームでは、7月からマウスに移植して安全性を確かめる試験を始める方針。安全性や効果が確認できれば、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪の毛が次第に細く、短くなって薄毛となる男性型脱毛症の人を対象にした臨床研究を2019年にも始め、早ければ再来年の2020年にも実用化したいとしています。
 理化学研究所の辻孝チームリーダーは、「これまでにない方法を実現し、患者さんたちの生活の質の改善に貢献したい」と話しています。
 脱毛症全体では全国に約2500万人以上いますが、そのうち男性型脱毛症の患者は約1800万人いるとされ、主に20歳代後半から30歳代にかけて症状が進みます。
 これまでは、原因となる男性ホルモンをコントロールする内服薬のほか、塗り薬などが治療の中心となっています。また、脱毛症や薄毛治療への社会的なニーズは高く、薬以外にもかつらや植毛、それに育毛剤の開発など、その市場規模は2000億円に上るというデータもあります。

 2018年6月5日(火)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■抗認知症薬、85歳以上の2割弱が使用 処方実態が初めて明らかに [健康ダイジェスト]





 国内で認知症の症状の進行を抑える抗認知症薬が85歳以上の高齢者人口の2割に使用されているとする調査結果を、医療経済研究機構(東京都港区)の研究チームが、国際老年精神医学雑誌で発表しました。
 認知症患者は国内で約500万人いると推計されていますが、詳しい処方実態が明らかになったのは初めて。年齢とともに消化器症状や循環器、神経症状などの副作用リスクも増えるため、研究チームは学会のガイドライン(指針)の推奨度を見直し、抗認知症薬の使用を控えるよう求めています。
 研究チームは、国のレセプト(診療報酬明細書)情報・特定健診等情報データベースを使用し、2015年4月からの1年間に抗認知症薬が処方された173万3916人分のデータを分析しました。その結果、人口当たりの年間処方率は年齢とともに高くなり、85歳以上の高齢者で17%に処方されていました。また、年間総処方量の47%が、85歳以上の患者でした。
 海外での同様の調査は少ないものの、ドイツでは85歳以上の認知症患者の2割にとどまっており、日本の処方率の高さが際立っています。
 背景には、日本神経学会が診療に関する指針でアルツハイマー病患者に処方するよう強く勧めていることが考えられますが、同学会の指針は85歳未満の患者が中心のエビデンス(科学的根拠)に基づいており、85歳以上についてのエビデンスに乏しいという課題があります。
 研究チームの奥村泰之・東京都医学総合研究所主席研究員(臨床疫学)は、「85歳以上の利用者が多い臨床現場と、エビデンスとの年齢層が異なり、薬の効果は未知数。加齢による副作用のリスク増大も懸念されるため、国内の学会指針の推奨度を弱めたり、強く推奨する年齢層を限定したりする必要がある」と指摘しています。

 2018年6月5日(火)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:健康