So-net無料ブログ作成

■はしか患者増加、過去6年で最多 ワクチン接種を [病気]

 はしか(麻疹)の患者が今年に入って増え、この時期としては過去6年間で最も多くなっていることが、国立感染症研究所の調査でわかりました。
 国立感染症研究所によりますと、今年に入って全国の医療機関から報告されたはしかの患者は172人で、昨年の同じ時期のおよそ3倍に上り、過去6年間で最も多くなっています。
 今年の初めは、はしかの流行が起きているフィリピンから帰国した若者が発症するケースが目立っていましたが、その後、感染は子供を中心に広がり、東京都内の日本医科大付属病院で小児患者4人と医師1人の集団感染が起きて、小児科の病棟が一時閉鎖される事態も今月5日に起きています。
 はしかは発熱やせき、鼻水などインフルエンザによく似た症状で始まり、体中に発疹が出るウイルス性の感染症で脳炎や肺炎などを起こして重症化することもありますが、患者の8割は、ワクチンを接種していないか接種歴が不明だったということです。
 はしかの流行は、毎年5月から6月にかけてピークを迎えるということで、国立感染症研究所感染症疫学センターの多屋馨子室長は、「1歳児とこの4月に小学校に入る子供たちは、ワクチンを無料で接種できるので早めに接種してほしい」と話しています。

 2014年3月18日(火) 





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■病気の知識と治療 [病気]

[位置情報][位置情報]病気の知識と治療[位置情報][位置情報]





タグ:病気 花粉症 パニック障害 糖尿病 円錐角膜 白血病 てんかん 自律神経失調症 うつ病 腰痛 潰瘍性大腸炎 腎不全 双極性障害(躁うつ病) 外反母趾 鼻炎 乳がん 不安障害 眼精疲労 視神経炎 結膜炎 適応障害 がん 耳鳴り 甲状腺機能亢進症 緑内障 脱水症 口臭 膀胱炎 鼻詰まり 歯周病 性病 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 生活習慣病 肥満 用語 心筋梗塞 脳梗塞 貧血 中耳炎 鳥インフルエンザ シックハウス症候群 インフルエンザ 自閉症 更年期障害 包茎 頭痛 体臭 リウマチ ヘルペス 過眠症 チック症 めまい 過敏性腸症候群 ドライアイ 腱鞘炎 アトピー性皮膚炎 多汗症 メタボリック症候群 発達障害 アスペルガー症候群 心身症 腎炎 難病 ファロー四徴症 リンパ浮腫 人格障害 知的障害 近視 精神疾患 強迫性障害 円形脱毛症 乱視 肝硬変 遠視 不整脈 扁桃炎 肺炎 味覚障害 五月病 白内障 肉体疲労 食中毒 膝痛 弱視 ナルコレプシー 子供の病気 手足口病 髄膜炎 おたふく風邪 脳腫瘍 慢性鼻炎 骨髄腫 高血圧症 肩凝り アルコール依存症 腋臭 脳卒中 乳腺炎 胃潰瘍 帯状疱疹 肺がん 壊血病 高脂血症 慢性腎不全 胸焼け 片頭痛 子宮筋腫 心臓病 結核 胃炎 目の病気 ぶどう膜炎 心の病気 尿毒症 動脈硬化 熱中症 子宮頸がん 痛風 サルコイドーシス くも膜下出血 妄想性障害 子宮内膜症 突発性難聴 C型肝炎 B型肝炎 クローン病 狭心症 プール熱 白癬 逆さまつげ 天疱瘡 角膜炎 斜視 急性白血病 はしか アルツハイマー型認知症 心房中隔欠損症 虫垂炎 バセドウ病 大腸がん 変形性股関節症 気胸 ギラン・バレー症候群 息切れ 卵巣腫瘍 卵巣がん 蓄膿症 リンゴ病 酒さ 眼瞼下垂 胃がん 気管支炎 気管支喘息 メニエール病 非定型うつ病 急性膵炎 慢性膵炎 急性腎炎 角膜潰瘍 慢性腎炎 急性虫垂炎 心室中隔欠損症 かぜ 心臓弁膜症 胸膜炎 食道がん 角膜ヘルペス 多発性硬化症 悪性リンパ腫 夜間頻尿 骨粗鬆症 変形性膝関節症 偽膜性腸炎 仮性近視 聴神経腫瘍 肺気腫 呼吸器の病気 アレルギー性結膜炎 A型肝炎 敗血症 腎盂腎炎 川崎病 一過性脳虚血発作 アナフィラキシーショック 線維筋痛症 十二指腸潰瘍 神経性食欲不振症 神経性過食症 高山病 潰瘍 ピック病 鼻出血 網膜剥離 マタニティーブルー 膠原病 慢性気管支炎 ジベルばら色粃糠疹 逆流性食道炎 血栓症 薬害エイズ 顕微鏡的多発血管炎 結膜下出血 脊髄小脳変性症 慢性胃炎 パーキンソン病 膀胱結石 結節性多発動脈炎 小児喘息 加齢黄班変性 仮面うつ病 血管腫 頸椎椎間板ヘルニア 薬疹 視力障害 鉄欠乏性貧血 レビー小体型認知症 ネフローゼ症候群 低血圧症 若はげ ハンセン病 エコノミークラス症候群 静脈瘤 急性腸炎 心筋炎 急性腎不全 急性大腸炎 やせ 皮膚カンジダ症 健康創造塾 慢性中耳炎 慢性腹膜炎 慢性甲状腺炎(橋本病) トリコモナス症 WPW症候群 膀胱異物 アスベスト症 骨肉腫 健康コラム 骨髄炎 五十肩(肩関節周囲炎) ベーチェット病 閉塞性動脈硬化症 薬物依存症 ブルガダ症候群 プランマー病 レイノー病 腕神経叢まひ ワイル病 封入体結膜炎 肋間神経痛 ロタウイルス腸炎 肋膜炎 聾(ろう) 静脈血栓症 百日ぜき 飛蚊症 レジオネラ症 ループス腎炎 涙嚢炎 涙道狭窄、閉鎖 皮膚掻痒症 鼻中隔湾曲症 ビタミンB2欠乏症 ビタミン欠乏症 ルイス・サムナー症候群 類宦官症 ビタミン過剰症 ヒステリー性失声症 旅行者下痢症 流行性角結膜炎 ラッサ熱 ラテックスアレルギー ライム病 肥厚性鼻炎 夜盲症 夜驚症 門脈血栓症 門脈圧高進症 はやり目 ものもらい(麦粒腫) 網膜色素変性症 鼻カタル 妄想性人格障害 夢遊症 無痛性甲状腺炎 無症候性心筋虚血 白血球増加症 橋本病(慢性甲状腺炎) 水ぼうそう(水痘) 水虫(足白癬) 白衣高血圧 肺嚢胞症 肺動脈狭窄症 肺性心 パーソナリティー障害 バージャー病 膿腎症 脳血管性認知症 脳炎 ヌーナン症候群 認知症(痴呆症) 腎臓、泌尿器の病気 職業病、公害病、形成外科の病気 脳、脊髄、神経の病気 骨、関節、筋肉の病気 尿道狭窄 尿道炎 尿失禁 耳、鼻、のどの病気 乳腺症 女性の病気 皮膚の病気 心臓、血管、血液の病気 感染症(性病、寄生虫病を含む) ニコチン酸欠乏症 内分泌、代謝、栄養の病気 軟性下疳 トラコーマ(トラホーム) 全身性エリテマトーデス アレルギー、膠原病 特発性脱疽(バージャー病) 特発性心筋症 糖尿病性網膜症 糖尿病性腎症 糖尿病性神経障害 統合失調症(精神分裂病) 手足のしびれ 椎間板変性症、変形性脊椎症 胆嚢炎、胆管炎 肝臓、胆道、膵臓の病気 胆石症 単純性甲状腺腫 脱毛、薄毛 多血症(赤血球増加症) ダウン症候群 大動脈瘤 大動脈縮窄症 大動脈炎症候群 大腿骨頭壊死 大血管転位症 ターナー症候群 前立腺肥大症 男性の病気 先天性心臓病 先天性甲状腺機能低下症(クレチン症) 脊椎分離症、脊椎すべり症 声帯ポリープ、声帯結節 成人T細胞白血病(ATL) 精神遅滞(精神薄弱) 精索静脈瘤 食道、胃腸、肛門の病気 歯、口腔の病気 性感染症(STD) 病気(あ行) 水頭症 水痘(水ぼうそう) 水腎症 心膜炎 心内膜炎 心的外傷後ストレス障害(PTSD) 病気(さ行) 病気(ら行) 病気(か行) 心臓ぜんそく 病気(や行) 病気(わ行) 病気(は行) 病気(A〜Z、数字) 病気(ま行) 病気(な行) 病気(た行) 心臓神経症 皮膚筋炎、多発性筋炎 腎硬化症 腎結石、尿管結石 神経性頻尿 神経因性膀胱 書痙 食道炎 睫毛乱生症 小児まひ 小児型慢性疲労症候群 慢性白血病 猩紅(しょうこう)熱 重症筋無力症 若年性認知症 社会不安障害(SAD) 子宮内膜炎 子宮膣部びらん 子宮体がん 子宮頸管炎 耳管狭窄症、滲出性中耳炎 痔(じ) 霰粒腫 三叉神経痛 混合性結合組織病(MCTD) 喉頭がん 喉頭炎 甲状腺ホルモン不応症 甲状腺クリーゼ 甲状腺機能低下症 原爆症 血友病 月経痛 劇症肝炎 頸肩腕症候群 群発頭痛 クロイツフェルト・ヤコブ病 くる病(骨軟化症) クラミジア感染症 緊張性頭痛 カポジ肉腫 強皮症(全身性硬化症) 亜急性甲状腺炎 アジソン病 胸郭出口症候群 顔の運動異常 シェ−グレン症候群 視神経症 急性腹膜炎 動脈管開存症 特発性脱疽 急性鼻炎 全般性不安障害(GAD) 急性中耳炎 急性出血性結膜炎 急性肝炎 キャッスルマン病 機能性甲状腺腺腫 ぎっくり腰(急性腰痛症) 季節性うつ病 気管支拡張症 眼底出血 乾癬(かんせん) カンジダ膣炎 感音難聴 疥癬(かいせん) 解離性大動脈瘤 過換気症候群 過呼吸症候群 かっけ(脚気) 仮面高血圧 顆粒球減少症 気分変調性障害(気分変調症) 境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害) クレチン症(先天性甲状腺機能低下症) アポロ病 アルコール性肝障害 胃の不快症状 咽頭炎 咽頭結膜炎 ウイルソン病 ウェゲナー肉芽腫症 太田母班 COPD(慢性閉塞性肺疾患) HTLV−1関連脊髄症(HAM) IgA腎症 O157感染症 PTSD(心的外傷後ストレス障害) リウマチ性多発筋痛症 側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎) 結節性紅斑 過敏性血管炎 腰椎椎間板ヘルニア 成人スティル病 E型肝炎 ワニの涙症候群 若菜病 ヒトアジュバンド病 ゆさぶられっこ症候群 夜間高血圧 脳膿瘍 舞踊病 ハンチントン病 小舞踏病(ジデナム舞踏病) 脊髄炎 脊髄空洞症 脊髄腫瘍 筋委縮性側索硬化症 顔面神経まひ 白なまず(白斑) 食道裂孔ヘルニア 黒なまず(癜風) 脂漏性皮膚炎 ふけ症 たこ、魚の目 いぼ(疣贅) しみ(肝斑) そばかす(雀卵斑) にきび(尋常性痤瘡) 爪甲白斑症 皮膚結核 爪甲周囲炎(爪囲炎) 爪甲剥離症 爪白癬(爪の水虫) 日光過敏症(光線過敏症) かぶれ(接触皮膚炎) 接触皮膚炎(かぶれ) 主婦湿疹(手湿疹) じんましん(蕁麻疹) 痒疹 多形滲出性紅斑 紅皮症(剥脱性皮膚炎) 紫斑病 光視症 せつ、よう やけど(熱傷) いんきんたむし(股部白癬) 単純性疱疹(単純性ヘルペス) しらくも(頭部白癬) 口腔カンジダ症(鵞口瘡) 肺カンジダ症 匙状づめ 時計ガラスつめ(ヒポクラテスつめ) 酒さ様皮膚炎(口囲皮膚炎) 色盲、色弱(色覚異常) 掌蹠膿疱症 蜂窩織炎、丹毒 爪甲横溝 爪甲軟化症 白皮症 白板症 乾皮症 陥入爪 あせも(汗疹) とびひ(伝染性膿痂疹) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSS症候群) 虫刺され(虫刺症) シラミ症 色素性母斑 リール黒皮症 ボーエン病 ページェット病 日光角化症(老人性角化腫) 老眼(老視) 癜風(黒なまず) 虫刺症(虫刺され) 汗疹(あせも) 伝染性膿痂疹(とびひ) SSS症候群(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群) 老人性角化腫(日光角化症) ただれ目(眼瞼縁炎) 眼瞼縁炎(ただれ目) 眼瞼外反症 眼瞼内反症 慢性結膜炎 眼窩蜂窩織炎(蜂巣炎) 巨大乳頭結膜炎 春季カタル 翼状片 赤あざ(血管腫) MCTD(混合性結合組織病) 網膜硝子体出血(眼底出血) 勃起障害(ED) フリクテン性角膜炎 雪目(雪眼炎) 突き目(匐行性角膜潰瘍) 角膜変性 強膜炎、上強膜炎 足白癬(水虫) 頭部白癬(しらくも) 虹彩炎(虹彩毛様体炎) 過活動膀胱 硝子体混濁 OAB(過活動膀胱) ED(勃起障害) 中心性網膜脈絡症 網膜動脈閉塞症 網膜静脈閉塞症 うっ血乳頭 白子症(白皮症) 視神経委縮 先天性緑内障(牛眼) 蜂巣炎(眼窩蜂窩織炎) 雪眼炎(雪目) 緑内障発作(急性閉塞隅角緑内障) 慢性閉塞隅角緑内障 手湿疹(主婦湿疹) 開放隅角緑内障 正常眼圧緑内障 続発性緑内障 レーベル病 虚血性視神経症 水晶体嚢性緑内障 原田病 特発性視神経炎 急性閉塞隅角緑内障(緑内障発作) むずむず脚症候群 外傷性視神経障害 圧迫性視神経症 腫瘍性視神経症 前庭神経炎 良性発作性めまい 卵巣の形態異常(ターナー症候群) 心因性めまい 卵巣嚢腫(嚢胞性腫瘍) 乗り物酔い(動揺病) ヘルペス性歯肉口内炎 性器ヘルペス症 ガングリオン(結節腫) 機能性子宮出血 菌血症 慢性腸炎 吸収不良症候群 末梢動脈疾患 動揺病(乗り物酔い) 腸結核 胃アトニー 胃酸過多症 急性食道炎 胃ポリープ 胃粘膜下腫瘍 幽門狭窄 胃切除後障害 胃神経症(神経性胃炎) マロリー・ワイス症候群 低酸症 急性胃炎 機能性胃腸症(機能性ディスペプシア) 特発性食道拡張症 食道静脈瘤 食道憩室 大腸憩室 食道異物 食道神経症(ヒステリー球) セックス依存症(性依存症) 急性出血性腸炎 薬剤性大腸炎 ヒステリー球(食道神経症) 蛋白漏出性胃腸症 移動盲腸 直腸炎(潰瘍性大腸炎直腸炎型) 直腸ポリープ 肛門神経症 直腸脱 肛門掻痒症 毛巣瘻 切れ痔(裂肛) 肛門周囲膿瘍 あな痔(痔瘻) いぼ痔(痔核) 腸閉塞(イレウス) 鼠径ヘルニア(脱腸) 脳ヘルニア 横隔膜ヘルニア ボックダレック孔ヘルニア 痔核(いぼ痔) 痔瘻(あな痔) 横隔膜まひ 裂肛(切れ痔) 急性気管支炎 びまん性汎細気管支炎 気管支狭窄 先天性気管狭窄症 日和見肺感染症 マイコプラズマ肺炎 間質性肺炎(肺線維症) 肺膿瘍
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■メディカル・チェック(症状から見る病気) [病気]

         [位置情報][位置情報]メディカル・チェック(症状から見る病気)[位置情報][位置情報]
   
頭痛がする熱は高くない頑固な頭痛に、吐き気や視力障害、けいれんを伴う脳腫瘍
頭痛がする熱は高くない肩凝り、動悸、息切れ、手足のしびれなどが起こる。動脈硬化
頭痛がする熱は高くない偏頭痛で鼻汁が出て、ほおがはれることがある。蓄膿症
頭痛がする高熱が出るのど、関節が痛み、2~3日後せきが出て、さらにタンが出る。インフルエンザ
頭痛がする高熱が出る吐き気、嘔吐、下痢、けいれん、意識障害が起こる脳炎髄膜炎
めまいがする耳鳴りがする突然、激しいめまい、耳鳴り、吐き気の発作が起こる。メニエール病
めまいがする耳鳴りがする発熱して、耳が痛み、耳がふさがった感じがする。急性中耳炎
めまいがする疲れやすい疲れやすく、頭が重く、肩凝りや胃腸障害などが出る。低血圧
めまいがする疲れやすい疲れやすく、顔色が悪く、少し動くと動悸がする。貧血
せきやタンが出る熱はあまりないせきと薄いタンが出るが、慢性化すると濃いタンになる。気管支炎
せきやタンが出る熱はあまりない激しいせきと、濃いタンが出る。気管支拡張症
せきやタンが出る熱はあまりない空せきが長期間に渡って出て、病気が進むとタンが出る。肺がん
せきやタンが出る熱はあまりない空せきや声がれが長く続き、その後、のどが痛む。喉頭がん
息苦しい熱はない発作的に呼吸が苦しく、ピーピーゼーゼーする。 気管支ぜんそく
息苦しい熱はない不安、動悸、めまいや心臓の痛みが起こる。 心臓神経症
息苦しい熱はないめまいや動悸がし、ひどくなるとむくみ、せき、タンが出る。心臓弁膜症
息苦しい熱はない胸に圧迫感があり、夜間に吸う息が苦しく、脈が不整になる。心臓ぜんそく
吐血する痛む物を飲み込む時、胸につかえる。次第に痛み、やせる。食道がん
吐血する痛みはない食欲が減り、おなかが張り、突然、吐血する。肝硬変
胸痛がする熱が出る寒けがひどく、1~2日後、鉄さび色のタンが出て、呼吸が苦しい。肺炎
胸痛がする熱が出る刺されるように胸が痛く、クシャミで痛みが強くなる。肋膜炎
胸痛がする熱はない突然、心臓を締め付けられるように激しく痛む。狭心症
胸痛がする熱はない発作的に心臓が痛み、脈が不整となる。心筋梗塞
みぞおちが痛む激痛、発熱吐き気、胸焼け、下痢が起き、吐くと楽になる。急性胃炎
みぞおちが痛む激痛発作的に激痛が起き、次第に痛みが右上腹部から背中へ抜ける。胆石症
みぞおちが痛む鈍痛みぞおちが重苦しく、胸焼け、ゲップが起きる。慢性胃炎
みぞおちが痛む熱はない空腹時や食後2~3時間後に痛む。便は黒ずむ。十二指腸潰瘍
みぞおちが痛む熱はない初め症状がなく、進むと吐き気、吐血を催し、黒い便が出る。胃がん
腹痛がする激痛、発熱または下痢右下腹部が痛み、押すと特に痛む。急性虫垂炎
腹痛がする激痛、発熱または吐き気突然、高熱が出て、右上腹部が痛む。胆嚢炎、胆管炎
腹痛がする激痛、発熱または吐き気突然、腹部全体が激しく痛み、時とともに強くなる。急性腹膜炎
腹痛がする激痛、発熱または下痢下痢を伴った腹痛が起こる。食中毒
腹痛がする激痛、発熱または下痢へその回りが痛む。急性腸炎
腹痛がする激痛、発熱または下痢左下腹部が痛み、頻繁に下痢をする。急性大腸炎
腹痛がする鈍痛、高熱右上腹部を押すと痛み、数日後に黄疸が出る。急性肝炎
尿が変化するむくむまずまぶたがむくみ、次第に全体に広がり、尿が減る。ネフローゼ症候群
尿が変化するむくむ全身倦怠、タンパク尿、血尿などの症状が出て、尿が減る。腎炎
尿が変化する熱はない口が乾き、水を多量に飲み、尿が増えて、根気を失う。糖尿病
尿が変化する熱はない尿が近くなり、下腹部が重苦しく、排尿時に痛む。膀胱炎

[病院]上記の症状がある場合には、専門医の診断を受けましょう[病院]

[位置情報]詳しい病気解説は四百四病の事典http://ksjuku.com/jiten.html)へどうぞ[位置情報]
[位置情報]健康創造塾i−mode版(http://ksjuku.com/i.html)、au版(http://ksjuku.com/e.html)、Yahoo!ケータイ版(http://ksjuku.com/v.html)へも寄り道してください[位置情報]







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康