So-net無料ブログ作成
検索選択
病気(あ行) ブログトップ
前の4件 | -

■病気 エルニシア食中毒 [病気(あ行)]





[iモード]低温細菌であるエルシニア菌によって引き起こされる食中毒
 エルニシア食中毒とは、5℃以下でも増殖する低温細菌であるエルシニア菌によって引き起こされる食中毒。
 ペストの原因となるペスト菌の仲間であるエルニシア菌には、5種類あります。そのうち食中毒を引き起こすのは2種類で、エルシニア・エンテロコリチカとエルシニア・シュードツベルクローシス(偽結核菌)。1982年(昭和57年)に、厚生労働省からエルシニア・エンテロコリチカが食中毒菌に指定されています。
 土壌、水中などの自然環境中に分布しているほか、豚、牛、犬、猫、猿、鼠(ねずみ)などのほ乳類の腸管に分布しており、井戸水や湧水(ゆうすい)、簡易水道水など消毒不十分な水の飲用、汚染された豚などの食肉、牛乳、乳製品などの摂取、ペット動物との接触が食中毒の原因となります。
 腸炎ビブリオ食中毒やブドウ球菌食中毒に比べると発生例ははるかに少ないものの、小中学校などの集団給食で発生したケースでは、加工乳が原因となって発症者が1000名を超える大型の集団食中毒も起こっています。
 多くの食中毒細菌は10℃以下になるとほとんど増殖しないし、毒素も産生しなくなるのに対して、エルシニア菌は0~ 5℃という低温で増殖することに特徴があります。冷蔵庫の中でも、どんどん増え続けますので、食肉を冷蔵庫で長期間保存しておくとほかの食品を汚染し、二次感染を招くこともあります。
 しかし、65℃以上の加熱で容易に死滅するため、加熱調理を心掛ければ完全に予防することができます。
 感染すると2~5日間の潜伏期間を経て、特に右下腹部に起こる虫垂炎のような猛烈な腹痛、38℃以上の発熱、下痢を起こします。下痢の症状は大人と幼児で異なり、大人の場合の下痢回数は1日2~4回ほど、2歳以下の幼児の場合は何度も下痢を繰り返します。
 発熱とともに発疹(はっしん)が出ることも多く、発疹性の食中毒にかかったらエルシニア食中毒の可能性が高いといえます。
 この食中毒(胃腸炎)の症状のほかに、エルニシア菌は虫垂炎、腸管膜リンパ節炎、終末回腸炎、敗血症などの病型を示すこともあります。3歳以下の乳幼児では食中毒が多くみられるのに対して、成人ではほかの病型が多くみられ結節性紅斑、関節炎を起こすこともあります。
 厚生労働省から食中毒菌に指定されていないエルシニア・シュードツベルクローシス(偽結核菌)について付け加えると、げっ歯類に結核様病変を起こすことで知られていた菌であり、近年になって人への感染ケースが明らかにされました。人では、エルシニア・エンテロコリチカと同様に食中毒(胃腸炎)などの症状を起こすほか、しょう紅熱様または泉熱様の病型を集団発生させたこともあります。
[iモード]エルシニア食中毒の検査と診断と治療
 腹痛、発熱、下痢などエルニシア食中毒の症状が現れた場合は、医療機関を受診し適切な処置を受けます。
 医師は急性の中毒症状から感染を疑いますが、エルシニア食中毒と確定するには、実際に糞便(ふんべん)や原因と疑われる食品などから原因となっている菌を分離することが必要です。発熱とともに発疹が出ることも多いため、発疹性の食中毒にかかったらエルシニア食中毒の可能性が高いといえます。
 感染初期や軽症の場合は、整腸剤を投与したり、輸液によってブドウ糖液、リンゲル液などの電解質液、あるいは水を補充して症状の改善を待ちます。虫垂炎、腸管膜リンパ節炎などのほかの病型を示した場合は、それらに応じた治療を行います。
 エルシニア食中毒を予防するためには、以下のことを心掛けます。食肉は中心温度が70℃以上になるように十分加熱し、調理後は早めに食べる。生の食肉を保存する時は、5~10℃の普通の電気冷蔵庫中での保存は短時間に限り、長く保存する時は冷凍する。まな板、包丁、ふきんなどはよく洗い、熱湯や漂白剤で殺菌する。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。




タグ:病気 性病 鳥インフルエンザ インフルエンザ ヘルペス おたふく風邪 マラリア 日本脳炎 はしか リンゴ病 コレラ 赤痢 敗血症 デング熱 ハンセン病 ジフテリア アメーバ赤痢 健康創造塾 ワイル病 封入体結膜炎 ロタウイルス腸炎 レジオネラ症 旅行者下痢症 ラッサ熱 ライム病 水ぼうそう(水痘) 水虫(足白癬) 白癬(はくせん) 軟性下疳 成人T細胞白血病(ATL) 病気(あ行) 小児まひ 猩紅(しょうこう)熱 クラミジア感染症 カポジ肉腫 性感染症(STD) 急性出血性結膜炎 キャッスルマン病 疥癬(かいせん) アポロ病 咽頭結膜炎 HTLV−1関連脊髄症(HAM) O157感染症 ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSS症候群) 蜂巣炎(眼窩蜂窩織炎) ヘルペス性歯肉口内炎 アニサキス症 性器ヘルペス症 菌血症 慢性腸炎 マイコプラズマ肺炎 肺真菌症 アスペルギルス症 ムーコル症 クリプトコックス症 オウム病(クラミジア肺炎) ウイルス性肺炎 クレブシエラ肺炎 細菌性肺炎 サルモネラ食中毒 カンピロバクター食中毒 ノロウイルス食中毒 ウェルシュ菌食中毒 セレウス菌食中毒 回虫症 蟯虫症 クラミジア肺炎(オウム病) 肝吸虫症 破傷風 住血吸虫症 細菌性赤痢 エルニシア食中毒
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■病気 遺精 [病気(あ行)]





[クリスマス]性行為、自慰行為によらず、ほとんど無意識のうちに射精が生じる現象
 遺精とは、性行為、自慰行為などによらず、ほとんど無意識のうちに射精が生じる現象。
 睡眠中に遺精を生じることがありますが、これを夢精、あるいは夜間遺精と呼んでいます。遺精は昼間に突然、起こることもあります。
 夢精には、睡眠中に性的な夢を見てオルガズムを伴い、勃起(ぼっき)してから射精する場合と、性的な夢、オルガズム、勃起を伴わない場合があります。10~16歳くらいの思春期の男子に多くみられる生理的現象で、疾患ではありません。まれには、精嚢炎などで起こることもあります。
 思春期には、精液の成分を作っている精嚢腺(せいのうせん)や前立腺が分泌液を大量に作るため、自律神経を介する射精反射が起こることが原因と考えられています。とりわけ夜間は、膀胱(ぼうこう)が尿で充満するため、これに接している精嚢腺や前立腺が圧迫されて夢精が発生すると考えられています。
 かつては思春期を迎えると、夢精で精通を経験する比率が高かったとされていますが、近年は自慰行為を覚えるのが低年齢化しており、夢精を経験せずに自慰行為を始めるケースが多いと見なされています。
 一般的に自慰行為を頻繁に行うと夢精を経験する割合が下がり、年齢とともに少なくなっていくのが普通。一説には、成長に伴い過剰な精液の成分を排尿時に一緒に排出する能力が備わるため、夢精によって排出する必要がなくなるからといわれます。
 夢精が毎晩起こったり、遺精が頻繁にみられるようになると、病的な遺精といえます。その原因となる疾患としては、脊髄(せきずい)神経疾患、精嚢炎、前立腺炎、極度の精神的疲労、神経衰弱、性的神経症、禁欲などが挙げられ、治療が必要な場合もあります。
 一説には、精神的疲労や肉体的疲労がたまっている際には、筋肉の硬直から遺精が引き起こされやすいといわれます。
[クリスマス]遺精の検査と診断と治療
 病的な遺精は、その原因となる脊髄神経疾患、精嚢炎、前立腺炎などの疾患を治すことが必要ですので、泌尿器科の専門医を受診します。精嚢炎、前立腺は細菌などによって炎症が起こるもので、あらゆる年代の男性に起こります。
 極度の精神的疲労、神経衰弱、性的神経症が原因となることもありますので、できるだけ精神的な過労を避けるように努めることも大切です。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。





タグ:病気 早漏 性病 包茎 インポテンツ 包茎手術 半陰陽 尿道下裂 停留精巣 前立腺炎 健康創造塾 軟性下疳 男性の病気 精索静脈瘤 病気(あ行) クラミジア感染症 性感染症(STD) 単純性疱疹(単純性ヘルペス) 勃起障害(ED) 性器ヘルペス症 セックス依存症(性依存症) 亀頭包皮炎 精巣腫瘍(睾丸腫瘍) 陰茎がん 血精液症 精巣炎(睾丸炎) 急性精巣上体炎(急性副睾丸炎) 慢性精巣上体炎(慢性副睾丸炎) 精巣上体炎(副睾丸炎) 精巣捻転症(精索捻転症) 精液瘤(精液嚢腫) 陰嚢水腫(陰嚢水瘤) 遺精 尖圭コンジローム 持続勃起症 副腎性器症候群 性腺機能低下症 精巣性女性化症候群 性交不能症 陰茎腫瘍 ペロニー病(陰茎形成性硬結症) 陰茎湾曲症 陰茎折症 仮性半陰陽 真性半陰陽 男性仮性半陰陽 アンドロゲン不応症 移動性精巣 遊走精巣 性器クラミジア感染症 カンジダ性亀頭包皮炎 ムンプス精巣炎 ウイルス性いぼ ボーエン様丘疹症 精子無力症 陰茎結核疹 陰茎海綿体炎 性器結核 男性性器結核 睾丸結核 副睾丸結核 慢性陰茎海綿体炎 精子奇形症 精子不動症 精子死滅症 精子膿症 造精機能障害 OAT症候群 陰茎欠損症 無陰茎症 陰茎重複症 二陰茎体 矮小陰茎 ミクロペニス 後天性陰茎湾曲症 先天性陰茎湾曲症 翼状陰茎 埋没陰茎 短小陰茎 多睾丸症 精巣過剰症 睾丸過剰症
nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■病気 陰嚢水腫(陰嚢水瘤) [病気(あ行)]





[クリスマス]陰嚢の中にある精巣を包み込んでいる膜の中に、液がたまった状態
 陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)とは、陰嚢の中にある精巣を包み込んでいる膜の中に、液がたまった状態。陰嚢水瘤(すいりゅう)とも呼ばれます。
 男性の精巣、すなわち睾丸(こうがん)を包み込んでいる膜は鞘膜(しょうまく)と呼ばれ、腹膜が突き出るように下がってできているもので、精巣と接触して精巣鞘膜腔(くう)という透き間を作っています。この精巣鞘膜腔に、鞘膜から分泌される透明な液がたまります。
 原因は不明ですが、先天性のものと後天性のものとがあり、外傷、精巣上体炎、精巣がんなど精巣の疾患が原因で生じることがあります。
 症状としては、ほとんどは片側だけの精巣周辺にはれが生じるため、片側の陰嚢が大きく膨らみ、左右の大きさが違ってきます。痛みはありません。小さいうちは自覚症状がありませんが、大きくなると歩行障害が起こったり、排尿や性交が困難になることもあります。
[クリスマス]陰嚢水腫の検査と診断と治療
 陰嚢水腫は生まれたての新生児や乳児には特に多く、乳児健診で指摘されることがよくあります。放置しても体に害はなく、95パーセントが1歳までに自然に治りますので、何もせずに経過をみることになりますが、1年たっても変わらない時や、次第に大きくなっていく時、痛がる時は、小児科の専門医を受診して相談します。
 大人の男性の場合は、泌尿器科の専門医を受診します。
 医師の側では、はれた陰嚢を後ろから懐中電灯で照らして透けて見えた場合に、陰嚢水腫と診断します。大人の男性で陰嚢水腫の原因が不明な場合には、精巣の超音波検査を行います。この検査で、感染症や腫瘍(しゅよう)が見付かることがあります。
 1歳以上になっても液が吸収されない場合や、陰嚢が異常に大きい場合は、美容的な意味合いも兼ねて手術をすることがあります。かつては2〜3回注射器を刺して、中の液を取り除くと自然に治ってしまうこともあるとされましたが、今日では治るのを遅らせることがあるといわれ、あまり行われません。
 青年期を過ぎると、再発することが多いので、根治的に手術することが必要になります。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。




タグ:病気 早漏 性病 包茎 インポテンツ 子供の病気 包茎手術 半陰陽 尿道下裂 停留精巣 前立腺炎 健康創造塾 軟性下疳 男性の病気 精索静脈瘤 病気(あ行) クラミジア感染症 性感染症(STD) 単純性疱疹(単純性ヘルペス) 勃起障害(ED) 性器ヘルペス症 セックス依存症(性依存症) 亀頭包皮炎 精巣腫瘍(睾丸腫瘍) 陰茎がん 血精液症 精巣炎(睾丸炎) 急性精巣上体炎(急性副睾丸炎) 慢性精巣上体炎(慢性副睾丸炎) 精巣上体炎(副睾丸炎) 精巣捻転症(精索捻転症) 精液瘤(精液嚢腫) 陰嚢水腫(陰嚢水瘤) 遺精 尖圭コンジローム 持続勃起症 無精子症 副腎性器症候群 性腺機能低下症 精巣性女性化症候群 性交不能症 乏精子症 陰茎腫瘍 ペロニー病(陰茎形成性硬結症) 陰茎湾曲症 陰茎折症 仮性半陰陽 真性半陰陽 男性仮性半陰陽 アンドロゲン不応症 移動性精巣 遊走精巣 逆行性射精 性器クラミジア感染症 カンジダ性亀頭包皮炎 ムンプス精巣炎 ウイルス性いぼ 精子無力症 陰茎結核疹 陰茎海綿体炎 性器結核 男性性器結核 睾丸結核 副睾丸結核 慢性陰茎海綿体炎 閉塞性無精子症 非閉塞性無精子症 精子奇形症 精子不動症 精子死滅症 精子膿症 造精機能障害 男性乳がん 真性女性化乳房 陰茎欠損症 無陰茎症 陰茎重複症 二陰茎体 矮小陰茎 ミクロペニス 後天性陰茎湾曲症 先天性陰茎湾曲症 翼状陰茎 埋没陰茎 短小陰茎 多睾丸症 精巣過剰症 睾丸過剰症
nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■病気 陰茎がん [病気(あ行)]





[ダイヤ]男性の陰茎の皮膚から発生する、まれながん
 陰茎がんとは、男性生殖器の陰茎(ペニス)に発生するがん。いくつかの種類がある中で、全体の95パーセントを占めるのは、皮膚がんの一種である扁平(へんぺい)上皮がんです。
 男性生殖器に発生するがんの中では、陰茎がんは最もまれで、全体の1パーセントを占めるにすぎません。人口10万人当たりの死亡率は0.1人程度で、近年の日本では減っていますし、もともと日本は欧米に比べて低い傾向にあります。年齢的には、60〜70歳代に多く発症しています。
 発生要因として、亀頭が常に包皮で覆われた、いわゆる包茎が重要視されています。がんの人に包茎が多いことや、幼少時に割礼を受けて包皮を切除する習慣を持つユダヤ教徒やイスラム教徒に、その発生が著しく少ないことから、示唆されたものです。
 包茎の場合、包皮内の恥垢(ちこう)による慢性炎症の刺激があり、これが発がんと関係していると推測されています。近年では、陰茎がんの男性を夫に持つ女性で子宮頸(けい)がんのリスクが高くなることなどから、尖圭(せんけい)コンジロームを引き起こすヒトパピローマウイルスの感染と関係があるともいわれています。
 通常、陰茎の皮膚にできる痛みのない腫瘤(しゅりゅう)、すなわち、おできとして発症します。進行すると、痛みや出血なども生じてきます。包茎を伴っていることが多く、包皮内の亀頭部にできやすいために、外からは気付くのが遅れることもよくあります。
 典型的なものは、表面が不整なゴツゴツした外観の塊で、潰瘍(かいよう)を伴っている場合もあります。感染を伴うことも多く、膿性(のうせい)または血性の分泌物が出て、悪臭を放つこともあります。多くは皮膚から発生しても、進行して陰茎の海綿体や尿道にがんが広がれば、排尿の異常を来します。
 また、太ももの付け根に当たる鼠径(そけい)部のリンパ節にがんが転移しやすく、リンパ節のはれも多くみられます。進行すると、リンパ節が硬くなったり、足がむくんだりするようになります。
[ダイヤ]陰茎がんの検査と診断と治療
 陰茎という場所のためにためらわれ、かなりひどい状態になってから医療機関を受診して手遅れになることが少なくありません。自覚症状があったら、早期発見の機会を逃がさないよう、すぐに泌尿器科を受診します。リンパ節にまで転移していなければ、ほとんどの例で治癒します。
 医師による診断では、体表にできるがんであるため、肉眼的に見極められます。尖圭コンジローム、梅毒などとの見極めがつきにくい時には、病変部の一部を切除して顕微鏡で検査する生検か、病変部をこすってはがれた細胞を顕微鏡で調べる細胞診を行って、診断を確定させます。
 さらに、X線やCT、MRI検査などを行って、他の臓器への転移の有無を調べます。
 初期の場合には、放射線療法と扁平上皮がんに効果のあるブレオマイシンの併用療法で治癒します。治癒後に、陰茎の変形や、尿道の狭窄(きょうさく)を来すこともあります。
 やや大きくなり、がんが亀頭部を越えて広がった場合などでは、放射線療法とブレオマイシンの併用によりがんを縮小させてから、がん浸潤のない部分で陰茎を切除する手術を行います。全身麻酔の下、病変から約2センチ離れた部位で正常な陰茎を切断しますので、当然陰茎は短くなり排尿が難しくなることがあります。
 また、そのままでは性交も難しいため、形成外科的な手法で人工的な陰茎を形成する手術を行うこともあります。
 根元から陰茎を切断する手術を行った場合は、会陰部に新たな尿の出口を形成します。尿の出口が女性と同じような位置にくるので、座って排尿することとなります。
 転移が疑われれば、鼠径部のリンパ節、あるいは骨盤部のリンパ節も同時に摘出します。はれていなくてもリンパ節を摘出し、転移の有無を調べることもありますが、後遺症として下肢のむくみが残ることが多いようです。
 がんが他の臓器に転移しているような場合、および手術で切除しても目に見えないがんが残っている危険性がある場合の再発予防として、放射線療法や抗がん剤による化学療法が補助的に行われる場合があります。
 抗がん剤では、ブレオマイシン、シスプラチン、メソトレキセート、ビンクリスチンという4種が有効であると見なされ、これらのいくつかを組み合わせて使用します。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。




タグ:病気 早漏 がん 性病 包茎 インポテンツ 包茎手術 半陰陽 尿道下裂 停留精巣 前立腺炎 健康創造塾 軟性下疳 男性の病気 精索静脈瘤 病気(あ行) クラミジア感染症 性感染症(STD) 単純性疱疹(単純性ヘルペス) 勃起障害(ED) 性器ヘルペス症 セックス依存症(性依存症) 亀頭包皮炎 精巣腫瘍(睾丸腫瘍) 陰茎がん 血精液症 精巣炎(睾丸炎) 急性精巣上体炎(急性副睾丸炎) 慢性精巣上体炎(慢性副睾丸炎) 精巣上体炎(副睾丸炎) 精巣捻転症(精索捻転症) 精液瘤(精液嚢腫) 陰嚢水腫(陰嚢水瘤) 遺精 尖圭コンジローム 持続勃起症 副腎性器症候群 性腺機能低下症 精巣性女性化症候群 性交不能症 陰茎腫瘍 ペロニー病(陰茎形成性硬結症) 陰茎湾曲症 陰茎折症 仮性半陰陽 真性半陰陽 男性仮性半陰陽 アンドロゲン不応症 移動性精巣 遊走精巣 性器クラミジア感染症 カンジダ性亀頭包皮炎 ムンプス精巣炎 ウイルス性いぼ ボーエン様丘疹症 陰茎結核疹 陰茎海綿体炎 性器結核 男性性器結核 睾丸結核 副睾丸結核 慢性陰茎海綿体炎 陰茎欠損症 無陰茎症 陰茎重複症 二陰茎体 矮小陰茎 ミクロペニス 後天性陰茎湾曲症 先天性陰茎湾曲症 翼状陰茎 埋没陰茎 短小陰茎 多睾丸症 精巣過剰症 睾丸過剰症
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の4件 | - 病気(あ行) ブログトップ