So-net無料ブログ作成
検索選択
病気(ぬ) ブログトップ

■病気 ヌーナン症候群 [病気(ぬ)]





[カラオケ]低身長などを引き起こす先天異常症候群
 ヌーナン症候群とは、さまざまな身体的異常を引き起こす先天異常症候群。通常、低身長、心臓の異常、発達遅滞などがみられます。
 1963年に、アメリカの心臓学者のヌーナン(J・A・Noonan)が最初に報告しました。ヌーナン症候群は常染色体遺伝形式を示すこともあり、正常な遺伝子を持つ両親の子供に予想外に起こることもあります。12番染色体長腕にある原因遺伝子PTPN11が同定されており、約半数の症例で遺伝子変異が同定されています。ほかの原因遺伝子として、KRAS、SOS1、RAF1が同定されています。
 過去には、ターナー症候群に典型的な特徴の多くが現れるところから、「男性のターナー症候群」と呼ばれていた時期もありましたが、ヌーナン症候群は男児にも女児にも現れます。
 日本では、1万人に1人程度の罹患(りかん)率と見なされ、軽度の症状の場合は見過ごされている可能性があります。アメリカでは、1000〜1500人に1人の罹患率とされ、先天異常症候群の中では最も多いとされています。
 症状としては、低身長、心臓の異常、発達遅滞のほか、外見の異常として特異的顔貌、幅の広くて翼状の首、胸郭変形として鳩胸、漏斗胸などがみられ、 停留精巣、血液凝固異常、リンパ管異形成や目の異常も認められます。
 出生時の身長は通常正常ですが、最終身長は正常下限です。先天性の心臓疾患は発症者の50〜80パーセントに認められ、形成不全を伴う肺動脈弁狭窄(きょうさく)や肥大型心筋症が出生後、または乳幼児期に見付かります。発症者4人のうち1人には学習障害が認められ、特殊教育が必要となる場合もあります。発症者3人のうち1人には、軽度精神遅滞が認められ、 言語能は非言語能より劣ります。
 特異的顔貌は、年齢とともに変化します。最も明らかになるのは新生児期と幼児中期で、逆に成人になると不明瞭になります。乳児では、大抵ほ乳障害を認めます。男児では、睾丸(こうがん)の発育不全や停留がみられ、女児では、卵巣の機能低下や機能停止がみられます。思春期が遅れ、生殖能力がないこともあります。目の異常は、斜視や屈折異常、弱視が認められます。
[カラオケ]ヌーナン症候群の検査と診断と治療
 ヌーナン症候群は、主要な症状より診断されます。また、近年の検査技術の進歩により、染色体、遺伝子レベルで診断できるようになり、早い時期からの疾患特性に応じた生活指導も行われています。
 合併症の診断と治療には、小児神経科、小児外科、新生児科、眼科、整形外科、耳鼻科など多くの臨床科の診療が必要とされ、個々の症状に対して対症的な治療が行われます。ヌーナン症候群における心血管系異常の治療は、通常行われる標準的治療と同様です。発達障害は、早期教育プログラムと個人に合わせた教育により取り組まれます。 血液凝固異常の治療では、特定の凝固因子欠乏か血小板凝集異常に起因するかを把握することが治療方針に役立ちます。
 成長ホルモンを投与すると、発育が促進されます。十分に成長した後ならば、精巣が発育不全の男児には、テストステロンによる治療の効果が期待できます。テストステロンは、より男性らしい外見の発達を刺激します。







タグ:ソトス症候群 糖尿病 甲状腺機能亢進症 生活習慣病 壊血病 高脂血症 痛風 バセドウ病 無脳症 ビタミン欠乏症 ビタミン過剰症 橋本病(慢性甲状腺炎) ヌーナン症候群 ニコチン酸欠乏症 糖尿病性網膜症 糖尿病性腎症 糖尿病性神経障害 単純性甲状腺腫 ターナー症候群 先天性甲状腺機能低下症(クレチン症) 甲状腺ホルモン不応症 甲状腺クリーゼ 甲状腺機能低下症 くる病(骨軟化症) 亜急性甲状腺炎 機能性甲状腺腺腫 かっけ(脚気) クレチン症(先天性甲状腺機能低下症) ウイルソン病 病気(ぬ) 脳瘤 偽痛風(軟骨石灰化症) 軟骨石灰化症(偽痛風) 尖頭合指症候群 巨頭症 小人症 アーノルド・キアリ奇形 ジカ熱 小頭症 頭蓋骨縫合早期癒合症 狭頭症 大頭症 脳性巨人症 下垂体性巨人症 脳水腫 無頭蓋症 水無脳症 外脳症 潜在性二分頭蓋 開放性二分頭蓋 二分頭蓋 キアリ奇形 早発乳房 乳房早期発育症 乳管拡張症 乳汁漏出症 異常乳頭分泌 乳管内乳頭腫 単純性早発乳房 男性乳がん 真性女性化乳房 思春期乳腺肥大症 乳房肥大症 思春期遅発症 仮性思春期早発症 末梢性思春期早発症 ゴナドトロピン非依存性思春期早発症 ゴナドトロピン依存性思春期早発症 早発月経 中枢性思春期早発症 遅発月経 晩発月経 遅発閉経 晩発閉経 多乳房症、多乳頭症 仮性陥没乳頭 真性陥没乳頭 分裂乳頭 無乳房症、無乳頭症 二分裂乳頭 小乳房症 乳輪肥大 乳房発育不全 乳房下垂症 下垂乳房 神経管閉鎖性障害
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
病気(ぬ) ブログトップ