So-net無料ブログ作成
健康ダイジェスト ブログトップ
前の4件 | -

■パナソニック、人工肛門を使うオストメイト用の消臭剤を販売へ 潤滑剤により便の処理もスムーズに [健康ダイジェスト]





 パナソニックは、医療・介護向け消臭剤「ニオフ」シリーズに、人工肛門や人工膀胱を使うオストメイト用の消臭潤滑剤「ニオフ消臭潤滑剤」を新たにラインナップし、1月31日より販売します。
 250mlのボトルタイプと、8ml×10袋のミニパックタイプを用意。希望小売価格は順に2600円、1230円(税別)。
 2016年7月に発売した医療・介護向け消臭剤「ニオフ」の技術を活かした、オストメイト用の消臭潤滑剤。人工肛門や人工膀胱を使うオストメイトの人が、便や尿を集めるために付ける「ストーマ袋」に注入して使用します。ストーマ袋に消臭潤滑剤をなじませることで、便臭を抑えられるほか、潤滑剤により便の処理をスムーズにできるといいます。
 オストメイトの人の困りごととして、「排泄処理時のトイレにこもるニオイ」、「ストーマ袋に残る排泄物」などが挙げられるといいます。また、すでに発売されているスプレータイプのニオフを使うオストメイトの人は多く、「ニオフの消臭機能がある潤滑剤を使いたい」という要望も多数あったことから、消臭潤滑剤の開発に至ったとしています。
 消臭メカニズムには、ニオイ分子の組み換えに効果がある「銅イオン」を採用。便臭の主要因である硫化水素の分子構造そのものを組み換え、速やかに消臭する「リコンビネーション消臭」技術により、硫化水素を1分で99%以上消臭できるといます。香りで覆い隠すのではなく、銅イオンがニオイ分子に働き掛けて、構造そのものを組み換えて消臭するため、消したニオイは戻らないとしています。
 潤滑成分には、増粘剤(メトローズ)と界面活性剤を採用。ニオフ消臭潤滑剤がストーマ袋のパウチ内をコーティングすることで、パウチから便を押し出す際に、便と潤滑剤が一緒に押し出されるため、スムーズに処理できます。
 消臭潤滑剤の本体容器は、オストメイトの人の使いやすさを考えて設計。フタは片手で開閉でき、容器はソフトで押しやすく、潤滑剤を出しやすい形状としています。液切れのよいノズル形状のため、液垂れも防止。中身が見えるデザインのため残量が確認しやすく、ボトルタイプには1回分の使用量(約8ml)の目安になる目盛りも備えています。
 ニオフ消臭潤滑剤は、イギリスの医療機器メーカー、コンバテック・グループの日本法人の販売網を使って、全国に拡販します。発売後1年で2万3000本の売り上げを目指します。

 2018年1月23日(火)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■長期的なストレス、男性のがんリスクを2割高める がん研究センターが調査 [健康ダイジェスト]





 ストレスが高いと長期にわたって感じている男性は、感じていない男性に比べてがんになるリスクが2割高くなるとの調査結果を20日、国立がん研究センターなどの研究チームが発表しました。
 研究チームは、全国10カ所の保健所管内の40~69歳の男女7万9301人を対象に調査を実施。1990年または1993年に、「日常受けるストレスは多いか」という質問に、「少ない」「普通」「多い」の三択で回答してもらい、5年後にも同じ質問をしました。
 対象者のうち平均17・8年後の2012年までに、がんが確認されたのは1万2486人(男性7607人、女性4879人)でした。回答とがんとの関連を分析すると、2回ともストレスが多いと回答した男性グループは、2回ともストレスが少ないとした男性グループに比べ、がんになるリスクが19%高くなっていました。
 2回ともストレスが多いと回答した女性グループでは、がんになるリスクが7%高くなっていただけで、ストレスによるリスク差はほぼみられませんでした。
 また、1回目はストレスが少ないか普通だったのに2回目に多くなっていた男性グループは、2回ともストレスが少ないとした男性グループに比べ、がんになるリスクが20%高くなっていました。
 ストレスが多い男性グループは、特に肝臓がんと前立腺がんで、ストレスによるリスクの増加が強くみられました。
 研究チームによると、ストレスががんになる危険性を高めるとの研究はあるものの、長期にわたる大規模調査を基にした報告は初めて。ストレスによる免疫機能低下などの可能性が考えられるといいます。
 喫煙や飲酒などがんのリスク要因となる生活習慣の影響も排除しきれないことから、国立がん研究センターは「今後、さらなる検討が必要だ」としています。

 2018年1月22日(月)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■HPVワクチン、予防効果がある一方で重篤な副作用も 厚労省が調査結果を公表 [健康ダイジェスト]





 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)を接種した後、体の痛みを訴える女性が相次いだ問題で、厚生労働省は18日、これまでの調査結果を公表しました。
 HPVワクチンは予防効果が期待できる一方で、痛みなどの切っ掛けとなったことは否定できないとして、情報をよく確認した上で、接種を検討してほしいと呼び掛けています。
 HPVワクチンは5年前、小学6年生から高校1年生までの女性を対象に公費で受けられる定期接種に追加されましたが、接種の後に体の痛みを訴える女性が相次ぎ、厚生労働省はわずか2カ月で積極的な接種の呼び掛けを中止する異例の措置を取りました。
 その後、専門家による研究班が原因を調査し、厚労省は18日、これまでの結果をホームページで公表しました。それによりますと、HPVワクチンを接種すれば、10万人当たりで595~859人が子宮頸がんになることを回避でき、10万人当たりで144~209人が子宮頸がんで死亡することを回避できるとしています。
 その一方で、昨年8月までに副作用が出た疑いのある人が10万人当たり92・1人の計3130人報告され、呼吸困難やじんましんなどの重いアレルギー症状や、手足に力が入りにくいなどの重篤な副作用が出た疑いのある人も10万人当たり52・5人の計1784人報告されたということです。
 一部の症状について厚労省は、HPVワクチンを打った時の痛みや不安などが切っ掛けで、症状が起きたことは否定できないなどとしています。その上で、対象となる女性はワクチンの効果と接種後に起こり得る症状をよく確認した上で、接種するかどうか検討してほしいと呼び掛けています。

 2018年1月21日(日)
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■がん粒子線治療の保険適用拡大へ 前立腺がんと頭頸部がんの一部に [健康ダイジェスト]





 厚生労働省は17日、がんの放射線治療の一種「粒子線治療」について、4月から前立腺がんや頭頸部のがんの一部に公的医療保険を適用する方針を決めました。厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)で同日、了承されました。
 現在は自費だけで300万円前後かかっていますが、保険適用で患者の自己負担が軽くなります。
 粒子線治療は、水素の原子核である陽子や、より重い炭素の原子核である重粒子を加速器でビームにし、がん細胞に当てて殺す治療法。従来のX線を使う放射線治療に比べ、ピンポイントで患部に照射することができます。2016年に小児がんの陽子線治療と手術が難しい骨や筋肉のがんの重粒子線治療が、保険適用になっています。
 前立腺がんは、粒子線治療を受ける患者数が年間約1700人と最も多いものの、先進医療に指定され、必要な検査代や入院費など一部にしか保険が使えません。2016年にも保険適用が検討されましたが、「他の治療法に比べて優位性が認められない」と判断され、見送られていました。
 今回は、前立腺がんや頭頸部のがんの一部に対する粒子線治療の最新の実績を検討し、有効性と安全性が認められると評価されました。一方、ほかのがんについては、標準的な治療法と比べて優位性が示されておらず、先進医療としての実施を維持するとしました。
 このほか、緑内障や角膜変性の目を3次元画像で解析する検査法など7種類についても、保険適用すべきだと評価されました。

 2018年1月19日(金)
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の4件 | - 健康ダイジェスト ブログトップ