So-net無料ブログ作成
検索選択
健康ダイジェスト ブログトップ
前の4件 | 次の4件

■人工甘味料入りの清涼飲料水、摂取で脳卒中・認知症リスク3倍 アメリカで研究 [健康ダイジェスト]




    
 人工甘味料入りのダイエットソーダなどの清涼飲料水を毎日飲んでいた人は、脳卒中や認知症を発症する確率が高いとする調査結果が20日、アメリカの心臓協会の学会誌「ストローク」に掲載されました。
 一方、糖分の多い飲料水でも、人工甘味料を使わない清涼飲料水やフルーツジュースなどでは、脳卒中や認知症を発症するリスクが増大する傾向はみられませんでした。
 ボストン大学医学校の研究チームが、マサチューセッツ州フレミンガムに住む45歳以上の2888人と、60歳以上の1484人を対象に、1991年~2001年にかけて糖分の多い飲料水と人工甘味料入りの清涼飲料水を摂取した量を調査。このデータと比較して、45歳以上のグループでは以後10年間の脳卒中の発症率を調べ、60歳以上のグループでは認知症の発症率を調べました。
 その結果、人口甘味料入りの清涼飲料水を1日1回の頻度で飲んでいた人は、全く飲まなかった人に比べて、虚血性脳梗塞(こうそく)を発症する確率がほぼ3倍に上ることがわかりました。同様に、認知症と診断される確率もほぼ3倍に上っていました。
 人工甘味料入り清涼飲料水の摂取頻度が週に1~6回だった人の場合、虚血性脳梗塞の発症率は2・6倍だったものの、認知症については人工甘味料入り清涼飲料を全く飲まなかった人と変わりませんでした。
 人工甘味料の摂取が脳卒中や認知症の発症リスクを高めるのか、発症しやすい体質や生活習慣の人が人工甘味料入りの清涼飲料水を好んで飲んでいるのかは、現時点でわからないといいます。
 ボストン大学の研究者は、「毎日飲むなら水を勧める」とした上で、「消費者が情報に基づいて選択できるよう、人工甘味料入り清涼飲料水が健康に及ぼす影響についてはさらに研究を進める必要がある」と解説しています。
 これに対しアメリカの飲料業界団体は反発し、「低カロリーの甘味料については世界各国の政府機関が安全性を保証している」と強調する声明を発表しました。

 2017年4月24日(月)

■埼玉県で10歳未満の男児が脳死判定 心臓など提供、15歳未満は13例目 [健康ダイジェスト]




    
 日本臓器移植ネットワークは22日、埼玉県川越市の埼玉医科大学総合医療センターに入院していた6歳以上10歳未満の男児が、21日午後7時22分に臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表しました。
 15歳未満の脳死判定は2010年の改正臓器移植法施行後、13例目。
 男児は、頭部の外傷で入院。主治医から回復が難しいとの説明を受け、家族が20日に脳死段階での臓器提供を承諾し、21日に脳死と判定されました。
 日本臓器移植ネットワークによると、家族は「息子から生きる意味を学び、そして生きたいと思う意志を強く感じ、家族で話し合った結果、臓器提供を決断しました」と話しているといいます。
 提供された臓器は、心臓が国立循環器病研究センターで10歳代の男の子に、肺が福岡大学病院と東京大学医学部附属病院でいずれも50歳代女性に、肝臓が国立成育医療研究センターで10歳未満の女児に、膵(すい)臓と片方の腎(じん)臓が藤田保健衛生大学病院で30歳代女性に、もう片方の腎臓が防衛医科大学校病院で60歳代男性に、それぞれ移植される予定です。
 小腸は医学的な理由で、移植を断念しました。

 2017年4月23日(日)

■睡眠薬など44種類、服用を繰り返すと副作用も 厚労省が医療機関に注意を呼び掛け [健康ダイジェスト]




    
 睡眠薬や抗不安薬、抗てんかん薬として精神障害の治療で広く使われている「ベンゾジアゼピン(BZ)系」の44種類の薬について、厚生労働省は承認された用量でも、服用を繰り返すと依存性が高まり、副作用が出る恐れがあるとして全国の医療機関に注意を呼び掛けています。
 厚労省によりますと、ベンゾジアゼピン系の44種類の薬は短期の使用では高い効果を得られる一方、承認された用量でも服用を繰り返すと依存性が高まり、服用をやめた時に不安、不眠の症状が悪化したり、けいれんや頭痛などの副作用が起きたりする恐れがあり、こうした報告が昨年6月末までに470件余り寄せられたということです。
 このため、厚労省は全国の医療機関に対し、医師が安易に継続して処方することがないように注意するよう呼び掛けています。
 また、製薬会社に対しても添付文書を改訂し、長期間にわたって継続的に使用する場合は治療上の必要性を十分に検討するとともに、使用を中止する際も症状が悪化しないよう徐々に量を減らすなどして、慎重を期すことを医療機関に呼び掛けるよう指示しました。
 厚労省は、「不眠症や不安障害などの治療は難しく、薬の使用が長期間に及ぶことも多いが、医師には処方が適切かどうか、慎重に見極めてほしい」と話しています。
 注意を呼び掛けている薬の製品名は、エチゾラム、アルプラゾラム、デパス、ソラナックス、メイラックス、アモバン、マイスリー、ハルシオン、ベンザリン、サイレース、レキソタン、レンドルミン、ワイパックスなど。

 2017年4月22日(土)

■使い捨て医療機器の再製造、販売が可能に 厚労省が基準新設 [健康ダイジェスト]




    
 厚生労働省は、体内に挿入するカテーテル(細い管)や、血管を切るメスといった使い捨て医療機器を再利用する仕組みをつくります。
 再利用する際の有効性や安全性を確保する基準を新たに設けて、従来は一度使えば廃棄してきた医療機器を業者が集めて分解、洗浄、消毒、滅菌、組み立て直して販売できるようになります。その使用量の増加に伴い、医療廃棄物として処理する場合の問題が起きている使い捨て医療機器の値段が下がると期待されます。
 厚労省の医療機器・体外診断薬部会で21日に了承され、一般の意見を聞いた後、7月をめどに導入を予定します。
 部会の現在の案では、再利用できる医療機器は国内の医療機関で使用されたものに限ります。感染症患者への治療や検査に使われた医療機器や、人の体に埋め込まれた医療機器の再利用は、認められていません。
 医療機器の再製造・販売に際しては、厚労相の許可が必要になります。許可された後も、年に1回程度は、医薬品の審査や安全対策を担う医薬品医療機器総合機構が、安全性などに問題がないかを確認します。

 2017年4月22日(土)
前の4件 | 次の4件 健康ダイジェスト ブログトップ