So-net無料ブログ作成
検索選択
健康ダイジェスト ブログトップ
前の4件 | 次の4件

■失業や再就職で脳卒中リスクが上昇 4万人超の追跡調査で判明 [健康ダイジェスト]





 失業などで無職になった経験がある人は継続的な有職者に比べ、脳卒中の発症や、そのために死亡するリスクが高まる可能性があることが、国立がん研究センターや大阪大学などの研究チームの調査で明らかになりました。
 再就職すると、男性では脳卒中リスクが高まるものの、女性ではあまり変化は出ないといいます。
 就労状況は健康に影響を与える重要な要因となり、一般的に失業者は有職者に比べて健康状態が悪いことが報告されています。しかし、過去の研究の多くは、気分の低下や抑うつなどの精神的健康に焦点を当てた短期的な影響をみたもので、長期的な身体的健康への影響を調べた調査はあまりありません。
 今回の研究では、1990年と1993年に岩手県、秋田県、長野県、沖縄県、茨城県、新潟県、高知県、長崎県の9地域に在住していた45〜59歳の男女4万1728人を対象に、約15年間追跡。研究開始時の就労状況と5年後の調査時の就労状況から、就労状況の変化を「継続して有職」、「仕事を失った(有職から無職へ)」「再就職した(無職から有職へ)」「継続して無職」の4つに分類し、その後の脳卒中の発症リスクや脳卒中による死亡リスクを算定しました。
 その結果、継続的に就労していた対象者に比べて、失業したことのある対象者では脳卒中リスクが高いことが明らかになりました。失業すると、男性では脳卒中を発症するリスクは1・76倍、脳卒中による死亡リスクは3・00倍に上昇しました。女性でも失業すると同様に、脳卒中を発症するリスクは1・38倍、脳卒中による死亡リスクは1・98倍に上昇しました。
 また、再就職した男性でも、脳卒中を発症するリスクは2・96倍、脳卒中による死亡リスクは4・21倍にも上っていました。一方、再就職した女性では、脳卒中を発症するリスクは1・30倍、脳卒中による死亡リスクは1・28倍とあまり変わりませんでした。
 研究チームによると、失業の経験が脳卒中リスクを上昇させる理由として、失業による生活習慣や精神状態の変化が考えられるといいます。また、男性で再就職による脳卒中リスクの上昇がみられた理由としては、再び得た職業を失わないために無理をすることや、失職を恐れることによる精神的ストレスの増加などが考えられるといいます。
 国立がん研究センターは、「男性の再就職者や失職者での脳卒中リスクが、継続的に就労している人よりも高いので、健康管理にも注意する必要がある」と指摘しています。

 2017年5月25日(木)

■超音波で無痛の乳がん検診、日立が新技術を開発 2020年にも実用化へ [健康ダイジェスト]





 日立製作所は24日、痛みを伴わずに乳がんを検診できる技術を開発したと発表しました。
 水を満たした検査容器に乳房を入れて超音波を360度の方向から照射、音波の速度などから腫瘍の有無や特性を判別できます。測定時間は1分ほどですみ、精度も高いといいます。
 4月から北海道大学病院と共同研究を始めており、3年後の2020年ごろの実用化を目指します。すでにイヌの臨床試験で、微小な腫瘍の検出に成功したといいます。
 開発した技術では、受診者はベッドにうつ伏せになり、穴が開いた部分から乳房を水に満たした容器に入れて検査を受けます。乳房を囲むようにリング状の装置が上下し、360度の方向から超音波を照射してスキャンし、その反応で腫瘍の硬さや粗さなどをとらえることで、良性か悪性かを総合的に診断します。放射線被曝(ひばく)の恐れもありません。
 乳がんは女性に最も多いがんで、治療は早期発見がカギとなります。現在の検診は乳房を押しつぶしてレントゲン撮影するマンモグラフィー(乳房X線撮影検査)が主流ですが、痛みを伴うほか、放射線被曝の問題があり、母乳をつくる乳腺の密度が高い人の場合は腫瘍が乳腺の陰に隠れて見付けにくいという課題もありました。マンモグラフィーと併用して、超音波(エコー)を使う検診では、1方向から照射するため、検査をする人の技量によって精度が違うという問題がありました。
 開発に当たっている日立製作所基礎研究センタの川畑健一さんは、「現状の検診よりも簡単に測れる上に精度がよく、誰がやっても同じ結果が出る検査を目指して開発した」と話しています。

 2017年5月25日(木)

■亀田製菓「ソフトサラダ」に金属片混入 宮城県の小学生が口にけが [健康ダイジェスト]





 新潟市の大手菓子メーカー「亀田製菓」が製造したせんべいに金属片が混入し、このせんべいを食べた宮城県の小学生が口にけがをしていたことが24日、わかりました。亀田製菓はホームページで謝罪し、品質管理を強化していくとしています。
 亀田製菓によりますと、4月3日、宮城県の小学2年生の女児(7歳)が主力商品のせんべい「20枚ソフトサラダ」を仙台市の友人方で食べたところ、金属片が混入していて口にけがをしたと、女児の母親から連絡があったということです。
 会社が調べたところ、混入していたのは長さ12・3ミリ、直径0・3ミリの細い金属片で、新潟県阿賀野市にある水原工場で、製造ラインの給水配管内の異物を取り除く「ストレーナー」という部品を洗浄する金属ブラシの一部と確認されました。水原工場では、せんべいが作られる2週間ほど前に、製造ラインで年に1度の清掃が行われたということで、その際に割れるなどしてストレーナーに残り、商品に混入した可能性があるといいます。
 商品は金属探知機を通しているものの、そこでは発見されませんでした。
 亀田製菓は、小学生と母親に謝罪するとともに管轄の保健所に報告し、改善を指示されたということです。金属ブラシには、ほかに欠けている部分はなく、同様の被害の申し出が寄せられていないことなどを理由に、「この商品以外への混入はない」として、20枚ソフトサラダの回収は行いません。
 亀田製菓はホームページで、「ご迷惑をおかけしたお客様に心よりおわび申し上げます。品質管理の一層の強化に努める所存です」と謝罪しました。同社では今後、ストレーナーの金属ブラシ洗浄をやめて、ストレーナーを定期的に交換するようにするといいます。

 2017年5月25日(木)

■後発医薬品の普及8割以上、目標時期を2020年9月に前倒し 厚労省が表明 [健康ダイジェスト]





 厚生労働省は、後発医薬品(ジェネリック)の普及割合を80%に引き上げる目標時期について、2020年9月に半年前倒しする方針を固めました。薬剤費は増え続けており、価格の安い薬の普及を加速させて社会保障費の抑制を目指します。
 23日に開かれた政府の経済財政諮問会議で、塩崎恭久厚生労働相が表明しました。
 後発医薬品は特許が切れた先発医薬品と同じ成分で、公定価格(薬価)は先発医薬品の2~7割程度と安価。普及を早めて薬剤費を抑制させます。前倒しによる具体的な財政効果は試算していませんが、先発医薬品から後発医薬品にすべて置き換えた場合の効果額は9400億円程度との試算もあり、普及割合が80%に引き上がれば抑制効果は数千億円規模に上る見込みです。
 2015年に定めた普及目標は、「2020年度末までのなるべく早い時期に80%以上」。2017年の普及割合は推計で65・1%で、普及していない地域での取り組みを強化します。
 また、今はほとんど普及していない遺伝子組み換えや動物細胞などを使ってつくる「バイオ医薬品」の後発品の開発に向けた研究支援も進め、品目数を今の29から2020年度末までに倍増を目指します。
 さらに、特許期間中の新薬の価格を維持する加算制度については、対象とする医薬品の範囲や企業を見直す方針も打ち出しました。使われない残薬や重複投薬を減らすため、かかりつけ薬剤師の普及も表明しました。

 2017年5月24日(水)
前の4件 | 次の4件 健康ダイジェスト ブログトップ