So-net無料ブログ作成
検索選択
用語(し) ブログトップ
前の4件 | -

■用語 出血性乳房 [用語(し)]





[位置情報]妊娠や授乳期以外に乳頭から血液や血性分泌物がみられる状態
 出血性乳房とは、妊娠期間中や授乳期以外に、女性の乳頭(乳首)の一方または両方から、血液や血液が混じった血性分泌物がみられる状態。
 女性の乳頭から乳汁様、漿液(しょうえき)性、膿(のう)様、血性などのいろいろな性状の分泌物が、何もしなくても気付くほど出てきたり、軽くまたは強く乳頭を圧迫すると出てきたり、下着に染みが付いて出ていることに気付いたりするような状態を乳頭異常分泌といいます。
 乳頭異常分泌のうち、特に血液や血性分泌物が出てくる場合を出血性乳房といい、多くは乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)や乳がんなど、女性の乳房全体に張り巡らされ、乳腺(せん)で作られた母乳を乳頭へ運ぶ管である乳管内の増殖病変の症状として認められます。
 乳管内乳頭腫は、乳頭近くの比較的太い乳管内の上皮に発生することが多いものの、末梢(まっしょう)乳管から発生することもあります。乳管内の血管結合組織を軸とした上皮細胞と筋上皮細胞が増殖してできます。
 乳管内乳頭腫ができる明らかな原因は、不明です。しかし、ほとんどの例でホルモン受容体が陽性なので、卵巣ホルモンが何らかの影響を与えているものと思われます。また、乳頭腫は高率に乳腺症に合併するので、年齢的な要因も関係している可能性があります。通常、35歳から55歳の間に発症することが多く、出産経験のない女性に多いとされています。
 乳管内乳頭腫そのものががん化するとは考えられていませんが、将来的に乳がんになるリスクが高まるといわれているので、その点は注意が必要になります。
 多くの例で、乳頭から分泌物が出るのが自覚症状となります。分泌物の性状は、血性のことが5割、粘り気の少ない漿液性のことが5割で、水のように透明なこともあります。分泌物の色も、赤色、赤褐色、茶褐色、白色、透明などさまざまです。分泌物の量にも個人差があり、下着に付着する程度から、大量に乳汁のように分泌するものまでさまざまです。
 しこりの大きさは、数ミリから1センチ程度で、乳房を触ってもしこりを感じることは少なく、痛みもありません。分泌物が乳腺内にたまると、腫瘤(しゅりゅう)として触れるものもあります。
 乳管内乳頭腫は、乳がんとの関連が深い疾患ですから、乳頭からの血性、漿液性の異常分泌に気付いたら、乳腺科、乳腺外科、外科などを受診します。特に閉経期あるいは閉経後では、症状のよく似た乳がんとの区別が重要です。また、最近では乳がん検診の際に、超音波(エコー)検査で腫瘤として発見されることも多くなってきました。
 乳頭から血液や血液が混じった血性分泌物がみられる場合は、乳がんの発見の切っ掛けになることもあります。分泌物に血液が混じっても良性の病変である乳管内乳頭腫や乳腺症によることがほとんどですが、約5%に悪性の病変である乳がんが見付かります。まだしこりにならない早期の無腫瘤性乳がんは乳管内にとどまっており、乳頭からの血性分泌物が唯一の症状です。この場合は、片方の乳頭の1カ所の乳管から出ます。
 しかも、明らかにわかる程度の血液が混じっていることもあり、目でみてもほとんどわからない程度の血液が混入していることもあります。従って、片方の乳頭の1カ所の乳管からの血液性の分泌物を認める場合は、乳腺科、乳腺外科、外科などを受診し潜血反応で血液成分が混じっているかどうかを調べることが大切です。潜血反応が陰性の場合は、がんである可能性が極めて低くなります。
 悪性の病変である乳がんの場合でも、しこりが触知される前の状態なので、早期に対処すれば心配はいりません。しかし、放置しておくと乳管を破り、しこりとして触知されるようになるので、しっかりと診断しなければなりません。
[位置情報]出血性乳房の検査と診断と治療
 乳腺科、乳腺外科、外科の医師による診断では、まずは原因を調べるために、乳房の視診や触診のほか、乳頭分泌物の検査、マンモグラフィー(乳腺X線検査)、血液検査、超音波(エコー)検査、乳管造影などを行います。
 乳頭分泌物の検査では、まず血液成分が混じっているかどうか潜血反応を調べ、次に分泌物の中の異型細胞や悪性細胞の有無を、塗沫細胞診で調べます。また、分泌物内の腫瘍(しゅよう)マーカーをCEA簡易測定キットで測定すると、乳がんの時には極めて上昇しているのがわかります。
 確実に診断するには乳管造影が有効で、血性などの分泌物が出ている乳管開口部から造影剤を注入し、X線(レントゲン)撮影を行います。乳管内乳頭腫があると境界明瞭な造影欠損像や走行異常、乳管の閉塞(へいそく)、拡張、狭窄(きょうさく)、断裂像などが映りますので、小さいものでも発見することができます。
 この乳管造影で発見される乳がんの多くは、乳管内進展型の早期乳がんで、非浸潤性がん、触知不能がん、微小がんです。
 また、乳首から針金くらいのカメラを入れる乳管内視鏡検査を行うこともあります。
 さらに、血性分泌物があって、前記の各種検査で診断がつかない場合は、分泌物が出ている乳管開口部から色素液を注入し、色素を目印に乳管が所属する腺葉区域を部分的に切除して病理組織検査を行います。この検査で、乳管内進展型の早期乳がんで、非浸潤性がん、触知不能がん、微小がんが発見されることが多くあります。広がりが少ないがんの場合は、腺葉区域の切除で診断と治療を兼ねることもできます。
 乳腺科、乳腺外科、外科の医師による治療では、原因に応じた処置を行います。
 検査の結果、乳がんの可能性が否定された場合は、経過を観察します。原因が乳管内乳頭腫などの良性の疾患の場合は、大抵は外科手術の必要はありませんが、非浸潤性乳管がんなどとの区別がつきにくい場合や、乳頭腫が大きい場合、出血が多い場合は、乳管内視鏡下の手術で腫瘍のある乳管を切除するのが一般的です。
 再発も多く、将来乳がんを発症するリスクも高いため、治療後も定期的な乳がん検診が欠かせません。予防的な乳房切断は、必要ありません。
 乳がんの場合は、外科手術で腫瘍を切除し、抗がん剤による化学治療などを行います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 心因性発熱 [用語(し)]





[メール]体は健康であるのに、精神的ストレスで発熱し、37℃以上の高体温となる状態
 心因性発熱とは、精神的ストレスで熱が出て、37℃以上の高体温となる状態。ストレス性高体温症とも呼ばれます。
 精神的ストレスで高い熱が出るケースもありますが、37℃を少し超える程度の軽い熱がずっと続くケースが多くがみられます。
 高い熱が出るケースは、仕事をする、人に会う、授業に出る、極度に緊張する、他人と激しい口論を交わすなどの精神活動に伴って、高熱が出ます。大学入試や資格試験など大切な試験当日の朝、急に39℃の高熱が出たけれど、試験が終わったらすぐ下がったというようなことがあります。
 これは小児によくみられるタイプで、すぐ解熱するものの、ストレスの原因を解決しないと何度でも繰り返すことがあります。
 微熱が続くケースは、仕事で残業が続く、介護で疲れ果てている、授業と部活の両立が難しいなど、慢性的なストレスが続いて気が抜けない状況や、いくつかのストレスが重なった状況で、37℃台の微熱程度の高体温が続くものです。微熱はしばしば、頭痛、倦怠(けんたい)感などの身体症状を伴います。
 これは働き盛りの成人によくみられるタイプで、ストレスの原因が解決した後もしばらく続くことがあります。
 この精神的ストレスがある時の発熱は、風邪を引いた時の発熱とメカニズムが異なります。
 風邪を引いた時の発熱は、ウイルスやマイコプラズマ、細菌などへの感染によって生じた炎症が信号となり、脳が交感神経と筋肉に指令して体温を上げ、ウイルスなどをやっつけようとする正常の反応です。この時の信号として働くのが、炎症性サイトカインとプロスタグランジンE2(PGE2)と呼ばれる物質。風邪を引いた時に服用する漢方薬の葛根湯(かっこんとう)はサイトカインの産生を抑えることで、また解熱薬はプロスタグランジンE2の産生を抑えることで解熱作用を発揮します。
 一方、精神的なストレスがある状況では、ストレスに対処するために交感神経の働きが活発になり、体温が上がります。体温が上がるという点では風邪を引いた時と同じですが、ストレス性の高体温の場合、サイトカインとプロスタグランジンE2は働かないため、医療機関で血液検査をしても炎症反応は認められず、風邪薬や解熱薬など炎症を抑える薬を飲んでも、熱は下がりません。
 心因性発熱の症状は、風邪とよく似たもので、頭がくらくらして歩く時にふらついたり、体が熱っぽく感じるようになります。心因性発熱を風邪と勘違いして解熱剤を服用すると、解熱剤の効果で一時的に体温は下がります。しかし、薬の効果が切れたところですぐに体温が上昇してくるのが、心因性発熱の特徴です。
 精神的ストレスは体にも心にも多くの影響を与えますので、ストレスで体調を壊す時、一つの疾患だけでなく、複数の身体疾患、精神疾患が同時に起こることがあります。心因性発熱では、小児では起立性調節障害、成人では緊張型頭痛、うつ病、双極性障害(躁〈そう〉うつ病)、不安障害、パニック障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を合併していることがあります。
 開業医などの医療機関を受診して各種の検査を受けてもなかなか疾患名がはっきりしないというのも、心因性発熱の特徴です。風邪でもないのに微熱が3週間以上続いている場合には、心因性発熱が疑われることになりますが、自己判断は禁物で、実は感染症、自己免疫疾患、悪性腫瘍(しゅよう)など発熱を伴う器質的な疾患が隠れているかもしれません。まず、子供の場合は小児科、大人の場合は内科で、しっかり発熱の原因を調べてもらうことが勧められます。
 器質的な疾患が否定的で心因性発熱が疑われる場合は、検査を受けた医療機関から心療内科、ないし精神科を紹介してもらってください。
[メール]心因性発熱の治療と生活上の注意
 心療内科、ないし精神科の医師による治療は、薬物療法、心理療法、自律訓練法などのリラクセーショントレーニング、合併している身体疾患、精神疾患の治療、生活指導を組み合わせて行います。
 薬物療法では、不安障害には、抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)が使われ、不安を即効的に鎮めます。抗うつ薬SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)も使われ、長期的な効果が得られています。
 うつ病、双極性障害(躁〈そう〉うつ病)などの治療には、抗うつ薬SSRI、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)が第一に選ばれる薬となります。不安が合併する時には、抗不安薬を併用します。
 十分な睡眠がとれていない人には、睡眠薬が有効です。風邪薬や解熱薬はほとんど効きませんが、緊張型頭痛に対しては有効です。
 薬による治療と合わせて、過労、緊張状態、対人関係など精神的ストレスの原因を探って、それを改善する心理療法も行います。交感神経の過剰な興奮を鎮め、自律神経を鍛えてバランスを整え、免疫力を回復する自律訓練法を併用すると、さらに効果的です。
 日常生活では、仕事や学業、家事などのペースダウンを試みて、精神的ストレスをためないように気分転換を図る、3食きちんとバランスのよい食事を心掛ける、早寝早起きで睡眠を十分にとる、酒やたばこ、コーヒーを控える、軽い運動を定期的に続ける、入浴で心身ともにリラックスするなどが大切です。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 心因性鼻炎 [用語(し)]





[メール]心の問題によって、鼻詰まりなどが引き起こされる症状
 心因性鼻炎とは、慢性ストレス、うつ病、気分変調性障害(神経症)など心の問題によって、鼻詰まりなどが引き起こされる症状。
 鼻炎には、アレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎、好酸球増多性鼻炎などのほかに、非アレルギー型で鼻粘膜がうっ血して膨張し、鼻詰まりが主体となる症状に分類されるものがあります。このような、うっ血型の鼻炎として、この心因性鼻炎や、薬剤性鼻炎、妊婦性鼻炎、寒冷性鼻炎、内分泌性鼻炎などがあります。
 鼻詰まりは、鼻の中の粘膜がうっ血してはれることが原因で引き起こされますが、自律神経とも深い関連性があります。
 自律神経は、発汗、呼吸、体温調整など、さまざまな身体機能を調整する重要な神経で、交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで健康な体を維持できます。交感神経は、興奮した時や動いている時に優位となり、副交感神経はリラックスしたり、じっとしている時に優位になります。
 自律神経は血流も調節しており、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、うっ血状態になり、鼻詰まりを引き起こしやすくなります。つまり、夜更かしや睡眠不足など、不規則な生活が自律神経の乱れを引き起こします。
 交感神経と副交感神経のバランスを維持するには、早寝早起き、定期的な運動、入浴、就寝前のテレビやパソコンを控えることが大切です。
 夜更かしや睡眠不足など、不規則な生活が自立神経の乱れを引き起こすのと同様に、仕事や学業、対人関係などで積み重なるストレスに長期間さらされたり、強い憂うつ感が長く続き、何事にもやる気がなくなるうつ病を患ったり、症状が軽い反面、長く続くタイプのうつ病である気分変調性障害(神経症)を患ったりすると、自律神経のバランスが崩れ、免疫力も低下する結果、物理的には鼻が詰まっていないにもかかわらず、鼻が詰まったように感じ、極端な例になると呼吸困難を感じることもあります。
 この心因性鼻炎の主な原因は、慢性ストレスです。人間はストレスにさらされると興奮したり、緊張したりします。この興奮や緊張によって、自律神経のバランスが崩れ、交感神経が活性化した状態が継続すると、心因性鼻炎の症状が現れてきます。
 また、思い悩むことが多くなってしまうと、脳が休まらなくなり交感神経が活性化したままの状態となり、自律神経失調症のような症状になると眠れなくなってしまいますが、それとともに心因性鼻炎を発症することもあります。
 心因性鼻炎の場合、耳鼻科、耳鼻咽喉(いんこう)科で鼻炎の治療を受けても治りませんので、精神科や心療内科などでの治療が必要になります。
[メール]心因性鼻炎の治療
 耳鼻科、耳鼻咽喉科で「原因不明」とか、「気のせい」といわれることもありますが、心因性鼻炎は原因不明でもなく、単なる気のせいでもありません。気持ちだけで、心因性鼻炎を治すことできません。鼻詰まりのもとは、慢性ストレスや精神の疾患であり、適切な治療で回復します。
 精神科や心療内科の医師による治療は、薬物療法が主となります。不安障害には、抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)が使われ、不安を即効的に鎮めます。抗うつ薬SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)も使われ、長期的な効果が得られています。
 うつ病の治療には、抗うつ薬SSRI、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)が第一に選ばれる薬となります。不安が合併する時には、抗不安薬を併用します。
 薬による治療と合わせて、ストレスの原因を探ってそれを改善する心理療法なども行います。
 うつ病、気分変調性障害(神経症)の治療には時間がかかりますが、適切な治療が行われれば克服することができます。根気よく治療を続けることが大切です。
 心因性の症状に対する治療で大切なのは、自律神経を鍛えてバランスを整え、免疫力を回復するという方法です。それには、日常生活でストレスをためず気分転換を図る、3食きちんとバランスのよい食事を心掛ける、早寝早起きで睡眠を十分にとる、酒やたばこ、コーヒーを控える、軽い運動を定期的に続ける、入浴で心身ともにリラックスするなどが大切です。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 心因性多飲症 [用語(し)]





[メール]ストレスが原因となって、強迫的に1日6リットル以上の水分を摂取してしまう疾患
 心因性多飲症とは、心理的なストレスが原因で強迫的、または習慣的に水分を多飲してしまう疾患。
 心因性多飲症の人は、1日に摂取する水分の量が極端に多く、何度もトイレにゆくことが特徴です。水をがぶ飲みする人もいれば、コーヒーやお茶、ペットボトルに入った清涼飲料水やスポーツドリンクを頻繁に飲む人もいますが、1日に6リットル以上の水分を摂取するとされています。それに伴い尿の量も増え、1日に尿を2・5リットルから3リットルも排出する多尿症になります。
 尿を作る人間の腎臓(じんぞう)は非常に精密にできており、水分の摂取量によって排尿の量を変化させ、体の中の水分の量を一定にしています。従って、水分を大量に摂取すれば排尿の量も増えることになります。
 成人の膀胱(ぼうこう)容量は500ミリリットルほどで、普通は300ミリリットルほどの尿がたまると尿意を感じることになります。そして、成人の1日の排尿量は通常、1〜2リットルであり、起床時に排尿をする回数は7回程度です。心因性多飲症の人では、起床時に20回近く排尿をすることにもなります。
 どうしても水分を大量に摂取せずにいられない心因性多飲症になる原因は、心理的なストレスにあるとされています。ほんの些細(ささい)なストレスからなる人もいれば、仕事、学業、対人関係などのストレスや、病気、事故、事件など大きなトラブルに巻き込まれたストレスからなる人もいます。
 原因は人それぞれなのですが、心理的なストレスによって極度の不安を感じたり緊張状態に陥り、それを抑えるために水などを飲むようになります。水分を摂取すると心が落ち着くという経験をすることで、落ち着くためにあらかじめ水分を摂取しておこうと考えるようになります。
 いわば水分が精神安定剤のような役割を果たすわけですが、次第に水分を摂取していないと落ち着かなくなります。そして、水分を摂取しなければ自分でいられないような、自分を保てないよう気持ちになって、次第に摂取量が増加し、強迫的、または習慣的に6リットル以上の水分を摂取するようになっていきます。
 心因性多飲症は、更年期障害で起こる症状の1つとして中年女性に多くみられますが、男女を問わず、ほかの年代でもみられます。
 心因性多飲症がほかの心の病と異なる点は、深刻な臓器の障害を引き起こす可能性があることです。大量に水分を摂取することで、血液中のナトリウム濃度が低下し体液が薄まった状態になると、低ナトリウム血症を引き起こす恐れがあり、注意が必要です。
 低ナトリウム血症の症状は、その発症速度と血液中のナトリウム濃度の低下の程度にもよりますが、軽度の疲労感がみられる初期から、進行すると頭痛や嘔吐(おうと)、食欲不振、精神症状が加わり、悪化すると昏睡(こんすい)やけいれん、認知機能低下が起きてきます。精神症状やけいれんがみられるような重篤な低ナトリウム血症では、急速なナトリウムの補充が必要となります。
 自分の症状に気付かず、長期間にわたって、水分の多飲と多尿を続けている人もいます。些細なストレスが原因となっている場合は、異常さに気付けないことも多いので、周囲から「飲みすぎ」「トイレにゆきすぎ」と指摘されることが増えたら、日常を振り返ってみるようにしましょう。
 心因性多飲症かもしれないと思い当たった場合は、ストレス源を取り除いて症状を解消し、低カリウム血症を予防するためにも、精神科、心療内科、神経内科を受診することが勧められます。
 なお、1日3リットル以上の著しい多尿や口渇、多飲などの症状は、糖尿病、腎疾患、尿崩症で引き起こされることもあります。
[メール]心因性多飲症の検査と診断と治療 
 精神科、心療内科、神経内科の医師による検査では、カウンセリングを行い、発症の原因になっている心理的な要因を探ります。
 精神科、心療内科、神経内科の医師による治療では、カウンセリングを行うなど精神療法により、心理的な部分の要因を取り除くため、日常生活での行動の見直しなどから始めていきます。「ストレスがあるから水を飲んでいる」という自覚はなく、「のどが渇いたと感じるので水を飲んでいる」と認識している人が多いので、まずは自身に向き合うことから始め、大量の水を欲しがるのは体が渇いているからではなく、ストレスに関連した異常行動であることを理解してもらいます。
 原因となったストレスは、人によってはほんの些細なことの積み重ねという場合があるので、自分でも気付かずに心因性多飲症になっていることがあります。さまざまなしがらみが絡み合っていることがあるので、一つひとつほどいていきます。ストレスの軽減や環境の変化によって、自然と治癒する場合もあります。
 薬物療法として、不安が強い人には、症状を落ち着かせるために精神安定剤を補助的に使用することもあります。抑うつ症状が出ている人には、うつ病の薬も使います。薬を飲むことで、症状が治まる場合もあります。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の4件 | - 用語(し) ブログトップ