So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

■子宮体がん、閉経後の肥満がリスクに 発生数が10年で2倍に増加 [健康ダイジェスト]




  
 婦人科がんの中で一番多い子宮体がんの発生数が、この10年の間に約2倍に増加しました。子宮体がんは、月経が起こったり、妊娠の場所となったりする子宮内膜から発生するがんです。子宮体がんのすべてではありませんが、その多くは肥満が大きな要因になっています。
 子宮体がんは、エストロゲン依存性です。すなわち、エストロゲンが発がんに関与しており、全体の8割は閉経後の50歳以上で発症します。
 閉経すると卵巣からエストロゲンが分泌しないにもかかわらず、閉経後の発症が多いのは、脂肪、特に内臓脂肪がエストロゲンを作っているからです。女性でも年齢にかかわらず、副腎から男性ホルモンであるアンドロゲンが分泌されています。脂肪中には、アロマターゼというアンドロゲンからエストロゲンに変換する酵素が豊富に存在し、加えて閉経後の子宮内膜は微量のエストロゲンにも敏感に反応してしまう性質を持っています。
 エストロゲンに敏感な子宮内膜が、長い時間エストロゲンにさらされてがんになっていくのです。卵巣が働いている間は黄体ホルモン(プロゲステロン)が子宮内膜を保護してくれるので、閉経前には子宮体がんの発症が少ないのです。
 BMI(肥満指数)30以上の肥満が、明らかな危険域になります。疫学調査では、BMI30以上の女性はそれ未満の女性に比べて、4倍子宮体がんになりやすいという結果が出ています。150センチの女性では68キロ、160センチの女性だと78キロが、BMI30に相当します。
 BMI30を超す肥満であっても、子宮体がんになる人とならない人がいるのは、環境因子や遺伝因子という理由も存在しますが、運動や嗜好(しこう)品が子宮体がんになるかならないかの重要な分かれ目になります。
 座りっ放しの生活スタイルは、危険です。座っている時間が1日の6割を超えると肥満、糖尿病、心臓病、がんが増えるといわれています。ジムなどで1~2時間毎日運動しているからあとは寝ていても大丈夫という考えは、禁物です。
 こまめに体を動かしたほうが、脂肪が燃えやすいといわれています。肥満予防にはジム通いよりも掃除、洗濯などの家事や散歩が有効のようです。
 子宮体がんの予防食品としては、大豆イソフラボンが有名です。最近の嗜好品調査では、閉経後でコーヒーを毎日1杯以上飲む習慣のある女性はその習慣のない女性に比べ、子宮体がんのなりやすさが60%減少したことがわかりました。
 コーヒーには、適度なカリウムが含まれています。体内のカリウムが過剰だと心臓に負担がかかり、逆に不足すると手足のしびれ、腸閉塞が起こります。コーヒーに含まれている適度な量のカリウムには、腎臓から尿に塩分を排出する利尿があるため、血圧が安定し体調がよくなります。
 最も適度なカリウムは、インスタントコーヒーに含まれているようです。納豆の朝食をとり、食後にインスタントコーヒーを飲んでからこまめに体を動かすような生活スタイルが、理想の一例かもしれません。
 子宮体がんにならないためには、食生活に気を付け適度な運動をして適正な体重を保ちましょうと、まさに高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病と同じ指導をすることになるのです。子宮体がん検診は、残念ながら法律で定められておらず検診事業には入っていません。
 子宮体がんの代表的な症状は不正性器出血で、早期からほとんどの人に現れます。閉経後もし不正性器出血を自覚したら早めに医療機関を受診することが勧められます。
 子宮体がんを完全に治すためには、手術が基本となります。早期に発見されれば、手術によって8~9割の患者は治癒します。再発の心配がある場合は、手術後に抗がん剤による治療や放射線治療を行うこともあります。

 2019年8月17日(土)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■コンゴのエボラ出血熱流行、南キブ州で初確認 2人感染、1人死亡 [健康ダイジェスト]




  
 アフリカ中部のコンゴ民主共和国(旧ザイール)東部の南キブ州当局は16日、同州で女性1人がエボラ出血熱で死亡し、生後7カ月の息子もエボラウイルスへの感染が確認されたと発表しました。南ギブ州でエボラ出血熱患者が確認されたのは初めてで、感染力の強い同ウイルスが周辺地域に広がる恐れが高まっています。
 コンゴ民主共和国では昨年8月1日に発生したエボラ出血熱の流行により、これまでに北キブ州とイトゥリ州で1900人以上が死亡しています。当局の発表によると、死亡した女性は約700キロ離れた流行の中心地となっている北キブ州の主要都市ベニの一家を訪れていて、エボラ出血熱に感染した家族構成員の1人との「高リスク接触者」と特定されていました。
 女性はその後、自分の身元を4度にわたり偽り、移動制限を回避。ベニを出発し、北キブ州のブテンボとゴーマを経由して、隣接する南キブ州のブカブとムウェンガへ移動したといいます。女性は14日に死亡しました。
 アメリカの国立アレルギー・感染症研究所などが試験的に導入した薬剤で、患者の生存率が約9割に達したとの研究結果が12日に発表されましたが、紛争による治安悪化で封じ込めが難航しています。
 南キブ州は、ルワンダ、ブルンジ、タンザニアとの国境に接しています。当局は発表で、「入国地点の監視と衛生管理を強化するためにあらゆる手段を講じていることを、隣接諸国に保証する」と述べました。

 2019年8月17日(土)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■富士化学工業、有効成分5%の発毛剤を発売 インターネットで販売 [健康ダイジェスト]




  
 医薬品製造の富士化学工業(富山県上市町)は発毛剤『ミノキシジル配合外用液5%「FCI」』を発売しました。発毛成分であるミノキシジルの濃度を国内の商品で最大に高め、頭皮の炎症や過剰な皮脂を防ぐ成分も配合しました。
 ミノキシジルは、頭皮に使用することで毛包に直接作用し、発毛・育毛・脱毛予防効果を発揮する有効成分で、世界90カ国以上で承認され使用されています。壮年性脱毛症向けの新商品は、このミノキシジルの濃度を高くすることで効果をより高めたといいます。
 価格は、60ミリリットル入りで6800円(税別)。成人男性(20歳以上)が1日2回、1回1ミリリットルを脱毛している頭皮に塗布します。
 処方せんのいらない一般用医薬品(OTC)で、インターネット通販で販売します。薬価の引き下げ圧力が高まる中、薬価改定の影響を受けない一般用医薬品の投入で、収益確保を目指します。  同社は、サプリメントや食品に使う抗酸化物質「アスタキサンチン」も製造しています。

 2019年8月17日(土)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■北極圏の雪からマイクロプラスチックを検出 大気に乗って長距離を移動 [健康ダイジェスト]




 
 北極圏とアルプス山脈に積もった雪の中からマイクロプラスチック(プラスチック微粒子)が検出されたことが14日、アメリカの科学誌「サイエンス・アドバンシズ」(電子版)に掲載された論文で明らかになりました。風に運ばれ、雪に混じって降ったものだといいます。
 研究チームは、大気中のマイクロプラスチック吸入による健康上のリスクについて、研究調査を急ぐよう呼び掛けています。
 ドイツのアルフレート・ウェゲナー研究所とスイス連邦森林・氷雪・景観研究所の共同研究では、大きさ5ミリ未満と定義されるマイクロプラスチックが大気に乗ってすさまじい長距離を移動した後、雪を始めとする降水に伴って大気中から洗い流されている可能性があることがわかりました。
 「雪中のマイクロプラスチックの大半が大気由来だということは、見てすぐわかった」と、主執筆者のメラニー・バーグマン氏は語っています。
 研究チームは2015~2017年、デンマーク領グリーンランドとノルウェーの間にあるフラム海峡に浮かぶ氷盤5カ所でサンプルを採取し、赤外線撮像で分析。スイスのアルプス山脈とドイツ北西部ブレーメンでそれぞれ採取したサンプルと比較しました。
 北極圏で採取したサンプルのマイクロプラスチック濃度は、スイスやドイツのサンプルと比べればずっと低かったものの、それでも1リットルの雪から1万個以上のマイクロプラスチックが検出されたといいます。
 研究チームは、赤道近くで風に巻き上げられた花粉が北極圏にまで運ばれていることを確認した過去の研究に基づき、マイクロプラスチックが大気中を移動しているとの仮説を主張しています。
 「大量のマイクロプラスチックが大気に運ばれていることが確認されれば、私たちはそれを吸い込んでいるのか、いるとすればどうやって、どれだけの量を吸い込んでいるのかという疑問が自然と浮かぶ」とバーグマン氏は述べ、人や動物の健康への影響について研究調査を急がなければならないと強調しました。

 2019年8月16日(金)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の4件 | -